「武蔵野 観月堂」がアマゾンマーケットプレイスで現在販売している商品一覧が
下記リンクでご覧になれます。

武蔵野 観月堂 取扱商品一覧ページへ行く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←ポチッとお願いします!

Frente!(フレンテ!) 「Labour of Love」

夏の終わりを感じられる頃になると、ふと思い出すこの曲。



Labour of Love
Songwriters: Austin Simon Sean Nicholas Dav; Hart Angela Ruth

Oh, am I fooling you?
Do you fall for it all
or do you just see right through?
Are you as cool as you believe?
Are you playing hard?
Are you waiting just to quietly clock my card?
Are you waiting for a moment to leave?

I don't know how I bent what you said
to what I believe you meant
I don't know anything at all
I'm standing in the push and shove
and I'm just within the rescue
of the labour of your love
I can't do anything but fall
a-fall, a-fall-fall-fall
Why do I feel like I can never find you?
Why do I feel like I'm the only survivor?
Why am I thinking of -
you and me and the labour of love?

One chance, one shot
That's all anybody ever got
newborn still warm
Naked in the rush hour
Dancing in my gutter
and if you want to find me
Call me, I'll be far from
the cars and guitars and
Everybody
Why do I feel like I can never find you?
Why do I feel like I'm the only survivor?
Why am I thinking of -
you and me and the labour of love?

And I never knew before
but I feel like a child in a cold, cold war
So strong, so tough
Sitting in suburbia, waiting for the wind up
And I don't want to dance
I just want to jump from the prison of circumstance
why am I thinking of -
you and me and the labour of love?
Why do I feel like I can never find you?
Why do I feel like I'm the only survivor?
Why am I thinking of -
you and me and the labour of love?



この曲初めて聴いたのは、AMラジオのFENでした。

当時の職場で音楽を聴けたのは、ラジオだけという状況でした。

始めはFMを聞いていたのですが、途中で日本語のMCやらが耳障りになってきて。。。

その結果、音質は少しガマンして、FENを流しっぱなしにすることにしていました。

そんな時に、不意に流れたのが「Labour of Love」でした。



ギター一本に、ちょっと鼻にかかったようななんともチャーミングな、そして間奏のリコーダー

あまりに不意だったので、タイトルやアーティスト名を聞き取ることができず、がっくりした覚えがあります。

番組のDJが気に入っていたんでしょうか、それからしばらくは、同じ時間帯で頻繁に耳にするようになりました。

しかし、何度聞いてもタイトルやアーティスト名を聞き取れない。。。

今のようにインターネットが普及する前のことですから、調べるのも容易ではありませんでした。


結局FENではタイトルもアーティストも分からず終いに。

その後しばらくして、確かタワーレコードだったと思いますが、試聴CDのコーナーで運良く見つけたんです。

ヘッドホンから「Labour of Love」が流れてきた時には、多分怪しいくらいニヤついていたと思います(笑)

もちろん、即買いしましたよ。



フレンテ!はオーストラリアのグループで、「Labour of Love」が収録されたアルバム「Marvin The Album」の本国リリースが1992年、世界リリースは1994年です。

アルバムを聴くと音楽の幅は思いのほか広く、いずれの曲でもボーカルのアンジー・ハート(Angie Hart)のチャーミングなが効いています。



Marvin The AlbumMarvin The Album
(1994/04/26)
Frente

商品詳細を見る


1. Girl
2. Labour Of Love
3. Ordinary Angels
4. Lonely
5. Most Beautiful
6. Cuscutlan
7. Pretty Friend
8. No Time
9. Reflect
10. Explode
11. Accidently Kelly Street
12. See - Believe
13. Dangerous
14. Bizarre Love Triangle



90年代ロック
スポンサーサイト
←ポチッとお願いします!

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

tag : 90年代ロック ロック ギター リコーダー ボーカル オーストラリア 1992年 1994年

コメントの投稿

非公開コメント

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中!
↓ポチッとお願いします!

SkyClock
ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/
プロフィール

武蔵野 観月堂

Author:武蔵野 観月堂
お気に入りジャケデザインの
「It's a Beautiful Day」

検索フォーム
RSSリンク
カテゴリ
War (1)
タグリスト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
楽天市場で探す
楽天市場
CD・DVDジャンルトップで探す

中古販売・買取サイト


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

フルイチオンライン
FC2カウンター
QRコード
QRコード
ディスク修復なら
CDに傷がついた・・・音飛びする、再生できない・・・ そんなCDを復活!!
楽天CD市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。