「武蔵野 観月堂」がアマゾンマーケットプレイスで現在販売している商品一覧が
下記リンクでご覧になれます。

武蔵野 観月堂 取扱商品一覧ページへ行く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←ポチッとお願いします!

The Beatles(ビートルズ) 「Christmas Time (Is Here Again)」

12月になると街では、どこに行ってもクリスマスソングが流れるようになりますね。

世の中に、一体どれだけのクリスマスソングがあるんでしょうか?

などと言いつつ、ここでもやっぱりクリスマスソングを選んでみたり。(笑)




Christmas Time is Here Again
(Lennon/McCartney/Harrison/Starkey)

Christmas time is here again
Christmas time is here again
Christmas time is here again
Christmas time is here again

Ain't been round since you know when
Christmas time is here again
O-U-T spells "out"

Christmas time is here again
Christmas time is here again
Christmas time is here again
Christmas time is here again

Ain't been round since you know when
Christmas time is here again
O-U-T spells "out"

Christmas time is here again
Christmas time is here again
Christmas time is here again
Christmas time is here again

Ain't been round since you know when
Christmas time...


This is Paul McCartney here, I'd just like to wish you everything you wished yourself for Christmas.

This is John Lennon saying on behalf of the Beatles, have a very Happy Christmas and a good New Year.

George Harrison speaking. I'd like to take this opportunity to wish you a very Merry Christmas, listeners everywhere.

This is Ringo Starr and I'd just like to say Merry Christmas and a really Happy New Year to all listeners.

And Christmas time is all and your bonnie clay us through.
Happy breastling to you people all out best from me to you.
When the beasty brangom button to the heather and little inn.
And be strattened oot in matether to yer arms once back again.
Och away, ye bonnie.



ゆったりリズムと、力の抜けたコーラスが心地よい1曲です。

何かとせわしない年の瀬に、ちょっと一息つける感じでちょうどいいかな~などと思ったりします。



この曲はもともと、ファンクラブの会員向けに限定配布されていたクリスマス・ソノシート用のもの。

1963年から1969年まで配布されていたそうで、「Christmas Time (Is Here Again)」は1967年のバージョン。

そのオリジナル版(6:17)を再編集し、「Free As a Bird」に収録しています。

1995年の発売当時、世界的話題だったビートルズの新曲「Free As a Bird」。

ついこの間のような気がしていましたが、もう随分と前のことなんですよね~

「光陰矢のごとし」

この言葉が年々重みを増してくる気がする今日この頃です。(笑)



Free As a Bird
Free As a Bird
posted with amazlet at 11.12.03
Beatles
EMI Import (2003-11-04)
売り上げランキング: 68502


1. Free As A Bird
2. I Saw Her Standing There
3. This Boy
4. Christmas Time (Is Here Again)


「Christmas Time (Is Here Again)」のオリジナル版がどんなものだったかというと・・・

The Beatles 1967 Christmas Record


・・・こんな感じでした。



90年代 ロック
スポンサーサイト
←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 90年代ロック ロック リズム コーラス 1995年 1963年 1967年 1969年

Francoise Hardy(フランソワーズ・アルディ) 「Ma Jeunesse Fout L'Camp」

ついこの間まで夏っぽさが残っていたかと思いきや。

すっかり秋らしい感じの今日この頃ですね~

こうなってくると、しっとりと落ち着いた曲が聴きたくなったりします。

ということで、今回はこの曲です。



Ma Jeunesse Fout L'Camp
lyrics&music:Guy Bontempelli

Ma jeunesse fout l'camp tout au long d'un poème
Et d'une rime à l'autre, elle va bras ballants
Ma jeunesse fout l'camp à la morte fontaine
Et les coupeurs d'osier moissonnent mes vingt ans

Nous n'irons plus au bois, la chanson du poète
Le refrain de deux sous, les vers de mirliton
Qu'on chantait en rêvant aux garçons de la fête
J'en oublie jusqu'au nom, j'en oublie jusqu'au nom

Nous n'irons plus au bois chercher la violette
La pluie tombe aujourd'hui qui efface nos pas
Les enfants ont pourtant des chansons plein la tête
Mais je ne les sais pas, mais je ne les sais pas

Ma jeunesse fout l'camp sur un air de guitare
Elle sort de moi-même, en silence à pas lents
Ma jeunesse fout l'camp, elle a rompu l'amarre
Elle a dans ses cheveux les fleurs de mes vingt ans

Nous n'irons plus au bois, voici venir l'automne
J'attendrai le printemps en effeuillant l'ennui
Il ne reviendra plus et si mon cœur frissonne
C'est que descend la nuit, c'est que descend la nuit

Nous n'irons plus au bois, nous n'irons plus ensemble
Ma jeunesse fout l'camp au rythme de tes pas
Si tu savais pourtant comme elle te ressemble
Mais tu ne le sais pas, mais tu ne le sais pas



1967年のアルバム「Ma Jeunesse Fout L'camp...(邦題:もう森へなんか行かない)」のタイトル曲。

物静かで、ちょっと寂しげな雰囲気が、なんとなく秋という季節にしっくりする気がします。

秋の雰囲気に合う感じがするのは、過ぎ行く青春を歌った曲だからかもしれません。

フランソワーズ・アルディの落ち着いたトーンのが、さらにそう感じさせるということもありますが。



シャンソンっぽさを感じさせる曲ですが、この曲はシンガー・ソングライターからソングライターに転進した、Guy Bontempell(ギイ・ボンタンペッリ)の作。

フランソワーズ・アルディだけではなく、ブリジット・バルドーなんかにも曲を提供しています。

フランソワーズ・アルディは、フレンチポップにくくられることも多いですが、どちらかと言えばフォークよりのシンガー・ソングライターなのかな~と思います。



以前にも書いているのですが。。。

フランソワーズ・アルディが大好きです。

今回の動画のように、当時のアルディが歌っている姿を見ることができるのはとても嬉しいですね~

まあ、気がつくと、残念ながら動画が削除されてしまっていたりするんですがね。。。

今回の動画は、いつまで見ることができるかな~



もう森へなんか行かない(CCCD)
フランソワーズ・アルディ
EMIミュージック・ジャパン (2003-09-26)
売り上げランキング: 508982


1. Ma Jeunesse Fout L'Camp
2. Viens La
3. Mon Amour Adieu
4. La Fin De L'Ete
5. En Vous Aimant Bien
6. Qui Peut Dire
7. Des Ronds Dans L'Eau
8. Il N'Y A Pas D'Amour Heureux
9. Il Est Trop Loin
10. Mais Il Y A Des Soirs
11. Voila
12. C'Etait Charmant

60年代フレンチポップ ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 60年代フレンチポップ フレンチポップ シンガー・ソングライター シャンソン フォーク 1967年

Odetta(オデッタ) 「The Times They Are A-Changin'」

そろそろ夏も終わりかな~

なんて思うと、いち早く秋を感じに高地に行きたくなってきたりします。

そして、そんな気分を後押しする今日の1曲です。




The Times They Are A-changin' Lyrics
Songwriters: Bob Dylan


Come gather 'round people
Wherever you roam
And admit that the waters
Around you have grown
And accept it that soon
You'll be drenched to the bone.
If your time to you
Is worth savin'
Then you better start swimmin'
Or you'll sink like a stone
For the times they are a-changin'.

Come writers and critics
Who prophesize with your pen
And keep your eyes wide
The chance won't come again
And don't speak too soon
For the wheel's still in spin
And there's no tellin' who
That it's namin'.
For the loser now
Will be later to win
For the times they are a-changin'.

Come senators, congressmen
Please heed the call
Don't stand in the doorway
Don't block up the hall
For he that gets hurt
Will be he who has stalled
There's a battle outside ragin'.
It'll soon shake your windows
And rattle your walls
For the times they are a-changin'.

Come mothers and fathers
Throughout the land
And don't criticize
What you can't understand
Your sons and your daughters
Are beyond your command
Your old road is
Rapidly agin'.
Please get out of the new one
If you can't lend your hand
For the times they are a-changin'.

The line it is drawn
The curse it is cast
The slow one now
Will later be fast
As the present now
Will later be past
The order is
Rapidly fadin'.
And the first one now
Will later be last
For the times they are a-changin'.


言わずと知れたボブ・ディランの「時代は変る」。

ボブ・ディランが3枚目のアルバム「The Times They Are a Changin'」(1964年)を発表した翌年、この曲が収録されたディランのカバー・ソング・アルバム「Odetta Sings Dylan」(1965年)が発売されました。

原曲はもちろん好きなんですが、このオデッタのカバーバージョンもかなりお気に入りです。

どっしりと、そしてゆったりとしたこの感じ。

重なるアコースティックギターの音色と、温かみあるオデッタのが、どこか大地の広がりを感じさせるようです。

ここまでくると、ボブ・ディランの単なるカバーという枠を超えて、オデッタの「The Times They Are a-Changin'」と言える曲になっているように思えます。



オデッタは素晴らしいフォーク・シンガーなんですが、日本ではあまり馴染みがないのが残念なところです。

Sings DylanSings Dylan
(2008/09/02)
Odetta

商品詳細を見る


1. "Baby, I'm In The Mood For You"
2. "Long Ago, Far Away"
3. "Don't Think Twice, It's All Right"
4. Tomorrow Is A Long Time
5. Masters Of War
6. Walkin' Down The Line
7. The Times They Are A-Changin'
8. With God On Our Side
9. Long Time Gone
10. Mr. Tambourine Man
11. Blowin' In The Wind
12. Paths of Victory

60年代フォーク ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 60年代フォーク フォーク アコースティック ギター 1964年 1965年 原曲 カバー

Erma Franklin(アーマ・フランクリン)「Hold On, I'm Coming」

ド定番ソングのファンキーなカバーです!



歌っているのはアーマ・フランクリン。

“クイーン・オブ・ソウル” Aretha Franklin(アレサ・フランクリン)のお姉さんです。

原曲はもちろん、サム&デイヴ

以前に、「定番バンザイ!」と書いた記事で紹介したことがありました。

サム&デイヴのアルバム「Hold On, I'm Comin'」が発表された1966年の3年後、1969年に発表されたアーマ・フランクリンのアルバム「Soul Sister」に収録されています。



サム&デイヴのオリジナルもファンキーな1曲ですが、アーマ・フランクリンのカバーバージョンは、また一味違ったファンキーさです。

うねるようなリズムに、印象的なホーンセクション。

ソフトなコーラスとのコントラストが効いた、パワフルでソウルフルなアーマ・フランクリンのボーカル

さすがは、アレサ・フランクリンのお姉さん!という感じです。

アーマ・フランクリンも、もっと評価されてイイんじゃないかな~

なんて思ってみたりもする訳ですが。



そしたら、スペインのレーベル「Vampisoul」がリイシュー盤を出したんです。

オリジナルの「Soul Sister」に、ボーナストラックを3曲加え、つけられたタイトルは「Super Soul Sister」。

Soul SisterSoul Sister
(2011/06/07)
Erma Franklin

商品詳細を見る


1. By The Time I Get To Phoenix
2. Change My Thoughts From You
3. Light My Fire
4. You've Been Cancelled
5. For Once in My Life
6. Can't See My Way
7. Hold On I'm Coming
8. Saving My Love for You
9. Son of a Preacher Man
10. Gotta Find Me a Lover
11. Baby I Love You
12. Whisper's (Gettin' Louder) (bonus track)
13. Higher & Higher (bonus track)
14. I Get the Sweetest Feelin' (bonus track)



Vampisoul Records、なかなかイイ仕事をしてくれます。



60年代ソウル ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 60年代ソウル ソウル サム&デイヴ カバー 1966年 1969年 ホーン コーラス ボーカル

Donovan(ドノヴァン) 「Sunny Goodge Stree」

なんだか少しだけ疲れた1日の終わりに。



ゆったりしたテンポの3拍子と、ドノヴァンの優しげなが心地よく響きます。



後の独特なサイケフォーク・ロックの曲も良いけれど、こういう素朴な感じの曲が、いかにも吟遊詩人のドノヴァンらしくていいな~と思ったりします。

なんだかよく分からない内容の歌詞も含めて。(笑)



"Sunny Goodge Street" (Donovan Leitch)

On the firefly platform on sunny goodge street
Violent hash-smoker shook a chocolate machine
Bobbed in an eating scene.
Smashing into neon streets in their stillness
Smearing their eyes on the crazy kali goddess
Listenin' to sounds of mingus mellow fantastic.
"my my" they sigh
"my my" they sigh.
In dull house rooms with coloured lights swingin'
Strange music boxes sadly tinklin'
Drink in the sun shining all around you.
Lyrics provided by

"my my" they sigh
"my my" they sigh mm mm.
"my my" they sigh
"my my" they sigh.
The magician he sparkles in satin and velvet
You gaze at his splendour with eyes you've not used yet.
I tell you his name is love love love.
"my my" they sigh
"my my" they sigh.
"my my" - sigh.


「Sunny Goodge Stree」が収録されているのは、セカンドアルバムの「Fairytale」(1965年)。

このアルバムジャケット、シンプルで好きなデザインです。

フェアリーテイル(紙ジャケット仕様)フェアリーテイル(紙ジャケット仕様)
(2006/07/26)
ドノヴァン

商品詳細を見る


1. Colours
2. To Try For The Sun
3. Sunny Goodge Street
4. Oh Deed I Do
5. Circus Of Sour
6. The Summer Day Reflection Song
7. Candy Man
8. Jersey Thursday
9. Belated Forgiveness Plea
10. Ballad Of A Crystal Man
11. Little Tin Soldier
12. The Battle of Geraldine
13. Universal Soldier (Bonus Track)
14. The Ballad of a Crystal Man (Bonus Track)
15. The War Drags On (Bonus Track)
16. Do You Hear Me Now (Bonus Track)
17. Turquoise (Bonus Track)
18. Hey Gyp (Dig The Slowness)(Bonus Track)

60年代フォークロック ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 60年代フォークロック サイケ フォーク・ロック 1965年

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中!
↓ポチッとお願いします!

SkyClock
ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/
プロフィール

武蔵野 観月堂

Author:武蔵野 観月堂
お気に入りジャケデザインの
「It's a Beautiful Day」

検索フォーム
RSSリンク
カテゴリ
War (1)
タグリスト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
楽天市場で探す
楽天市場
CD・DVDジャンルトップで探す

中古販売・買取サイト


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

フルイチオンライン
FC2カウンター
QRコード
QRコード
ディスク修復なら
CDに傷がついた・・・音飛びする、再生できない・・・ そんなCDを復活!!
楽天CD市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。