「武蔵野 観月堂」がアマゾンマーケットプレイスで現在販売している商品一覧が
下記リンクでご覧になれます。

武蔵野 観月堂 取扱商品一覧ページへ行く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←ポチッとお願いします!

Dynasty(ダイナスティ) 「Adventures In The Land Of Music」

前回のTania Maria(タニア・マリア) 「Come With Me」に引き続き、コンピレーション盤「Slow Music Style~Brazilian Love Affair」からもう1曲。





西海岸ソウルとでも呼びましょうか(笑)

ロサンジェルスのソウル・レーベル、ソーラー・レコードに在籍していたダイナスティの1980年の曲です。

ミッドテンポのリズムコーラスが気持ちいいです。

ソーラー・レコードといえば、Shalamar(シャラマー)が看板クループだった訳ですが、聴くとダイナスティも良いグループだな~と思います。



80年代といえば、いかにもなディスコ・ミュージックが多くありますが、こんな感じのちょっと落ち着いた良い曲もあるんですよね。



Adventures in the LandAdventures in the Land
(2009/02/17)
Dynasty

商品詳細を見る


1. I've Just Begun to Love You
2. Groove Control
3. Take Another Look at Love
4. Day and Night
5. Do Me Right
6. Something to Remember
7. Adventures in the Land of Music
8. Ice Breaker
9. I've Just Begun to Love You [Live]



Slow Music Style~Brazilian Love AffairSlow Music Style~Brazilian Love Affair
(2003/03/12)
オムニバス、佐野聡 他

商品詳細を見る


1. Mambo Mindoro(Cal Tjader)
2. Brazilian Love Affair(Shakatak&Friends)
3. Come With Me(Tania Maria)
4. Just Friends(Osamu Koike)
5. Queen of My Soul(Average White Band)
6. Adventure in the Land of Music(Dynasty)
7. Samba Cruz(Jeff Linsky)
8. Leblon(Romero Lubambo)
9. There’s Nothing Like This(type 2)(paris match)
10. Love Island(Satoshi Sano)
11. Shi Wa Zu(Diciembre en Barrio Obrero)(Rie Akagi)
12. Candelina Ale[']~La Dama Del Son(Dance Contest Mix 1:LARGO)(Haila)
13. By The Brook(Romero Lubambo)
14. Samba do Avia[~]o(Pamela Driggs)

80年代ソウル
スポンサーサイト
←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 80年代ソウル ソウル 西海岸 リズム コーラス ディスコ

Patrice Rushen(パトリース・ラッシェン) 「Remind Me」

今までで「記事にしたかった曲」その1が・・・







Remind Me
songs by Patrice Rushen


I can recall a certain magic in your eyes
I’m under your spell each time that your appear
A kiss so passionate that has me mesmerized
I fall more in love each time that you are near

Star light, star bright
Your love shines near or far just like
The brightest star
Sweet things you do
It sets my heart aglow
And I want you to know

They remind me
I’m lucky I’m falling
In love with you darling
Remind me
I’m lucky I’m falling
In love with you darling

You hold me close and whisper soft and low
Those three little words that mean so much to me
You know how to make my feelings show
We’re just like a song in perfect harmony

You remind me
I’m lucky I’m falling
In love with you darling
Remind me
I’m lucky I’m falling
In love with you darling
Remind me,
I’m lucky I’m falling
In love with you darling
Remind me
I’m lucky I’m falling
In love with you darling

You whisper soft and low
Touch me hold me,
don’t let me go
I love you so
That magic in your eyes
Looked right through me
I’m hypnotized, mesmerized
You whisper soft and low
Touch me hold me,
don’t let me go
I love you so



パトリース・ラッシェン、1982年のアルバム「Straight From The Heart」の1曲です。

元々はジャズ・ピアニストとして70年代半ばにデビューしたパトリース・ラッシェンは、70年代の終わりごろからピアノだけではなくボーカルとして歌うようにもなったんですね。

それまでのアルバムもイイんですが、極め付けが「Straight From The Heart」!



Goodです!

秋の夜長に最適かと。

Straight from the HeartStraight from the Heart
(1996/06/18)
Patrice Rushen

商品詳細を見る


80年代ソウル ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 80年代ソウル ジャズ ソウル ピアノ ボーカル 1982年

Julia Fordham(ジュリア・フォーダム) 「Happy Ever After」

秋の夜長に・・・



ルックスとは裏腹に低くしっかりとした、それでいて優しいのジュリア・フォーダム。

ちょっとヒーリングっぽい感じの名曲「Happy Ever After」は、歌の感じだけではそうとは思えないけれど、反人種差別のメッセージソングなんですよね。



Don't ask me why I'm running out of laughter
There's tears in these eyes, not happy ever after
And I thought it was plain to see
And I thought the whole world could be
And I thought we'd be happy ever after.

You could say that I'm living in a pipe dream
It's just looking back, things are never what they seem
And I hope I can safely say
And I hope most things go my way
And I hope they'll be happy ever after.

Down in Southern Africa no happy ever after
Not now, but soon forever
While they're sitting comfortably
In that white winter city
How can we be happy ever after?

Um by yay
Est ce le South Africa

So don't ask me why I'm running out of laughter
There's tears in these eyes, not happy ever after.
And I thought it was plain to see
And I thought that maybe you and me
And I thought we'd be happy ever after.

Um by yay
Um by yay
Um by yay
Est ce le South Africa



9月3日は仲秋の名月です。

月を眺めながら、優しい時間をお過ごしください。



「Happy Ever After」は1988年のデビューアルバム「Julia Fordham」(邦題:ときめきの光の中で)の収録です。

Julia FordhamJulia Fordham
(1993/04/14)
Julia Fordham

商品詳細を見る


80年代ポップス ←ポチッとお願いします!

テーマ : 心に沁みる曲
ジャンル : 音楽

tag : 80年代ポップス 1988年

Ricky Lee Jones(リッキー・リー・ジョーンズ) 「Chuck E's In Love」

リッキー・リー・ジョーンズのチャーミングなラブ・ソング。



How come he don't come and p.l.p. with me
Down at the meter no more?
How come he turn off the TV
And he hang that sign on the door?
We call and we call "How come?" we say
What could make a boy behave this way?

He learn all of the lines, and every time he
don't stutter when he talk
And it's true! It's true! He sure is acquired a
cool and inspired sorta jazz when he walk
Where's his jacket and his old blue jeans?
If this ain't healthy is it some kinda clean?

I think that Chuck E's in love
Chuck E's in love

I don't believe what you're saying to me
This is something I gotta see Is he here?
Look in the poolhall Is he here?
Look in the drugstore Is he here?
No, he don't come here no more

I'll tell you what I saw him
He was sittin' behind us down at the Pantages
And whatever it is that he's got up his sleeve
I hope it isn't contagious
What's her name? Is that her there?
Christ, I think he's even combed his hair!

Is that her? What's her name?
Oh, it's never going to be same.
But that's not her
I know what's wrong--
Chuck E's in love with the little girl who's singing this song

Chuck E's in love
Chuck E's in love with me



1979年のデビューアルバム「Ricky Lee Jones」(邦題:浪漫)のオープニング曲。


思春期に荒れた生活を送り、家出、そして放浪、その後にロスのクラブで歌い始める。
ここまでの経験が20才前。


クラブ時代に知り合ったトム・ウェイツの恋人で、デビューアルバムのバックミュージシャンは、西海岸の超がつく一流どころ。

主要参加ミュージシャン:マイケル・マクナルド/ランディ・ニューマン/スティーヴ・ガッド/ニック・デカロ/アーニー・ワッツ/トム・スコット/ドクター・ジョン/バジー・フェイトン/ニール・ラーセン/ジェフ・ポーカロ/ウィーリー・ウィークス


ジャケット写真はノーマン・シーフが撮影してる。

デビューアルバムで全米チャート3位入り、グラミー賞最優秀新人賞を受賞。



どれだけスゴイのか・・・リッキー・リー・ジョーンズ恐るべし。



フォークジャズブルースなどの要素を取り入れ、気だるい感じのボーカルで独特の雰囲気が作られるリッキー・リー・ジョーンズの世界。

このジャケットは、そんな世界観を良く表してますね。

Rickie Lee JonesRickie Lee Jones
(1994/05/26)
Rickie Lee Jones

商品詳細を見る


70年代AOR ←ポチッとお願いします!

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

tag : 70年代AOR フォーク ジャズ ブルース ボーカル 西海岸 スティーヴ・ガッド 1979年

Suzanne Vega(スザンヌ・ヴェガ) 「Tom's Diner」

今日は歴史的な1曲を。



1987年のセカンド・アルバム「Solitude Standing」のオープニング曲が、CMでも使用されたことのあるこの「Tom's Diner」なんですが・・・



ちょっと話しは飛んで、今ではデジタル音楽に欠かせなくなったフォーマットにMP3がありますよね。

ipodをはじめとした携帯型ミュージック・プレーヤーから、今やカーオーディオまでMP3になってたりするわけですよ。
そんな自分も、最近じゃ音楽を聴くのはPCでMP3データを再生ってのがほとんどですし。



・・・話しは戻って、なぜコノ曲が“歴史的な1曲“なのかと言えば、そんなMP3の開発時に音質改善に使われていた曲だからなんですね~

いわば、世界で最初にMP3フォーマットになった曲とも言える訳です。

これってスゴクないですかっ?!



まあまあ、そういうコトを抜きにしても素晴らしい曲には変わりませんけどね。

素晴らしい曲なうえにアカペラだったもんですから、世のDJ達がREMIX/サンプリングしまくったわけですよ。

その中でたぶん最も有名で、スザンヌ・ヴェガのベスト盤にも収められたのが「DNA Remix」です。



コレ、スザンヌ・ヴェガ本人に許可を取らずに発表されちゃったもんですから、ご本人は当初カンカンだったとか。

結果的には認められたわけですが、これだけカッコイイ仕上がりならね~
そりゃあ売れちゃうし、認めないわけにはイカンでしょう。



Solitude StandingSolitude Standing
(1990/10/25)
Suzanne Vega

商品詳細を見る


Suzanne Vegaは、まだまだイイ曲ありますよ!
紹介はまたいずれ・・・

80年代ロック ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 80年代ロック CM REMIX サンプリング 1987年

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中!
↓ポチッとお願いします!

SkyClock
ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/
プロフィール

武蔵野 観月堂

Author:武蔵野 観月堂
お気に入りジャケデザインの
「It's a Beautiful Day」

検索フォーム
RSSリンク
カテゴリ
War (1)
タグリスト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
楽天市場で探す
楽天市場
CD・DVDジャンルトップで探す

中古販売・買取サイト


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

フルイチオンライン
FC2カウンター
QRコード
QRコード
ディスク修復なら
CDに傷がついた・・・音飛びする、再生できない・・・ そんなCDを復活!!
楽天CD市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。