「武蔵野 観月堂」がアマゾンマーケットプレイスで現在販売している商品一覧が
下記リンクでご覧になれます。

武蔵野 観月堂 取扱商品一覧ページへ行く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←ポチッとお願いします!

Robert Palmer(ロバート・パーマー) 「Every Kinda People」

今日の1曲は「愛しき人々」という邦題のコノ曲です。



Every Kinda People - Robert Palmer
Words & Music : Andy Fraser



Said the fight to make ends meet
Keeps a man upon his feet
Holding down his job
Trying to show he can't be bought
Ooh, it takes every kind of people
To make what life's about, yeah
Every kind of people
To make the world go 'round

Someone's looking for a lead
In his duty to a King or creed
Protecting what he feels is right
Fights against wrong with his life

There's no profit in deceit
Honest men know that
Revenge do not taste sweet
Whether yellow, black or white
Each and every man's the same inside

It takes every kind of people
To make what life's about, yeah
Every kind of people
To make the world go 'round

You know that love's the only goal
That could bring a peace to any soul
Hey, and every man's the same
He wants the sunshine in his name

Ooh, it takes every kind of people...



伊達男ロバート・パーマーの曲の中でも、この「Every Kinda People」は最も好きだと言える曲です。

動画ではシンセサイザーで代用されていますが、本来はスティール・パンが使われている印象的なメロディ。

そして、ベースが効いていて気持ちが良い。

間奏部のトランペットも良いですね~

ロバート・パーマーの渋いが良いのは言わずもがな。



博愛に満ちた歌詞もまた良い。

誠実な人は、偽りや復讐が何も生まないことを知っているのさ。
肌の色が、黄色いか 黒いか 白いか なんて関係ない。
あらゆる人の中身は、みな同じ人間なんだから。



それから、「Every Kinda People」が収録されているアルバム「Double Fun」(1978年)。

この、ちょっと意味深な感じ(笑)のジャケットがまた良い。

Double FunDouble Fun
(1990/06/15)
Robert Palmer

商品詳細を見る


1. Every Kinda People
2. Best Of Both Worlds
3. Come Over
4. Where Can It Go?
5. Night People
6. Love Can Run Faster
7. You Overwhelm Me
8. You Really Got Me
9. You're Gonna Get What's Coming



脱ぎ捨てられたビキニ2着を前にして、にやけるロバート・パーマー。

・・・きっと、彼も裸なんでしょう(ニヤニヤ)



なんだか「良い」としか書いてないですが、それだけ「好きなんだからしょうがない(笑)」ということでご勘弁ください。

70年代ソウル
関連記事
スポンサーサイト
←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ソウル シンセサイザー スティール・パン ベース トランペット 1978年

The Pointer Sisters(ポインター・シスターズ) 「Bring Your Sweet Stuff Home To Me」

お気に入りの1曲を。



1977年のアルバム「Having a Party」に収録されている1曲。

「Bring Your Sweet Stuff Home To Me」のソングライティングはスティービー・ワンダーです。

ポインター・シスターズのディスコグラフィでは珍しいタイプの曲なんですよね。



女性ソウルコーラス・グループに見られるパワフルな感じのではなく、むしろ繊細なが持ち味のグループです。
良くも悪くも。

コノ曲に関しては、そのが楽曲と相まって素晴らしく効果的に聴ける。
個人的音楽リストの上位に位置する個人的名曲です。



Having a PartyHaving a Party
(2006/12/01)
The Pointer Sisters

商品詳細を見る


70年代ソウル ←ポチッとお願いします!

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ソウル ソウル コーラス スティービー・ワンダー

Shuggie Otis(シュギー・オーティス) 「Strawberry Letter 23」

あなたにもらったイチゴの香りの手紙・・・




Strawberry Letter 23
lyrics by Shuggie Otis

Hello my love, I heard a kiss from you
Red magic satin playing near, too
All through the morning rain I gaze, the sun doesn't shine
Rainbows and waterfalls run through my mind

In the garden, I see
West purple shower bells and tea
Orange birds and river cousins
Dressed in green

Pretty music I hear
So happy and loud
Blue flower echo
From a cherry cloud

Feel sunshine sparkle pink and blue
Playgrounds will laugh
If you try to ask
"Is it cool?"

If you arrive and don't see me
I'm going to be with my baby
I am free, flying in her arms
Over the sea

Stained window yellow candy screen
See speakers of kite
With velvet roses diggin'
Freedom flight

A present from you
Strawberry letter twenty-two
The music plays I sit
In for a few



映画ジャッキー・ブラウン(Jackie Brown)」のサントラで使われていたのは、ブラザーズ・ジョンソン(Brothers Johnson)がカバーしたバージョンでした。

弱冠14才でアル・クーパー(Al Kooper)に才能を認められセッションに参加。

「Here Comes Shuggie Otis」でのアルバムデビューは15才の時。

その2年後の1971年にコノ曲が収録されたセカンドアルバム「Freedom Flight」を発表。

いくら親父がリズム・ブルーズ界の大御所ジョニー・オーティス(Johnny Otis)だったとしても、若き天才と過剰なまでの期待をされてしまうのも当然かと思えますね。



しかし、このPVアニメは完成度が高いです!
歌詞とのイメージは離れているにしても、曲とのイメージはなかなかのマッチングじゃないでしょうか。

シルエットの動物たちがなんともイイ感じです。



そうそう、歌詞には「Strawberry Letters 22」と歌われているのに、タイトルは23なのはなぜなんでしょうかね?


ファーストとセカンドが2in1になったCDで、若き天才の才能をお確かめください。

Here Comes Shuggie Otis/Freedom FlightHere Comes Shuggie Otis/Freedom Flight
(2003/10/14)
Shuggie Otis

商品詳細を見る


70年代ソウル ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ソウル 映画 ジャッキー・ブラウン カバー アル・クーパー 1971年

Silvetti(シルヴェッティ) 「Spring Rain」

電気グルーヴ・・・じゃないですよ。



電気グルーヴ「シャングリラ」のサンプリング・ネタです。
サンプリングとはいっても曲はまんまですけどね。


Bebu Silvetti はアルゼンチン出身の音楽プロデューサーで、1977年のコノ曲はソロ名義で発表してます。


SALSOULレーベルから出ているのでソウルにくくられるのかとも思うんですが、ストリングスの雰囲気はイージー・リスニング的でもあり、リズムにはラテンっぽさも入っているし、曲全体としては当時全盛のディスコ・ミュージックだし・・・

なんともジャンルレスな感じですが、こういうジャンルレスな音楽が好きなんですよね~



秋晴れの爽やかな天気にも似合う1曲なので、「Spring Rain」という曲名が季節外れなのは見逃してください(笑)


Spring RainSpring Rain
(2009/04/07)
Silvetti

商品詳細を見る


70年代ソウル ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ソウル サンプリング ラテン ディスコ SALSOUL 1977年

Stevie Wonder(スティービー・ワンダー) 「As」

「Innervisions」とコレ、どちらがStevie Wonderの最高傑作アルバムか?
と比較される「Songs in the Key of Life」(1976年)からの1曲。



As

As around the sun the earth knows she's revolving
And the rosebuds know to bloom in early may
Just as hate knows love's the cure
You can rest your mind assure
That I'll be loving you always

As now can't reveal the mystery of tomorrow
But in passing will grow older every day
Just as all that's born is new
You know what I say is true
That I'll be loving you always

(Until the rainbow burns the stars out in the sky)
Always
(Until the ocean covers every mountain high)
Always
(Until the dolphin flies and parrots live at sea)
Always
(Until we dream of life and life becomes a dream)

Did you know that true love asks for nothing
No no her acceptance is the way we pay
Did you know that life has given love a guarantee
To last through forever and another day

Just as time knew to move on since the beginning
And the seasons know exactly when to change
Just as kindness knows no shame
Know through all your joy and pain
That I'll be loving you always

As today I know I'm living
But tomorrow could make me the past
But that I mustn't fear
For I'll know deep in my mind
The love of me I've left behind
'Cause I'll be loving you always

(Until the day is night and night becomes the day)
Always
(Until the trees and seas just up and fly away)
Always
(Until the day that eight times eight times eight is four)
Always
(Until the day that is the day that are no more)
Did you know you're loved by somebody
(Until the day the earth starts turnin' right to left)
Always
(Until the earth just for the sun denies itself)
I'll be lovin you forever
(Until dear mother nature says her work is through)
Always
(Until the day that you are me and I am you)
Always
(Until the rainbow burns the stars out in the sky
Until the ocean severs every mountain high)
Always mm mm

We all know sometimes life hates and troubles
Can make you wish you were born in another time and space
But you can bet your lifetimes that and twice it's double
That God knew exactly where he wanted you to be placed
So make sure when you say you're in it, but not of it
You're not helpin' to make this earth
A place sometimes called hell
Change your words into truths
And then change that truth into love
And maybe our children's grandchildren
And their great grandchildren will tell
I'll be loving you until the rainbow burns the stars out in the sky



説明不要。聴いたらわかりますよね?

以前に紹介したジーン・ハリスのカバーもどうぞ。

Songs in the Key of LifeSongs in the Key of Life
(2000/05/02)
Stevie Wonder

商品詳細を見る


70年代ソウル
関連記事
←ポチッとお願いします!

テーマ : 心に沁みる曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ソウル ソウル カバー 1976年

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中!
↓ポチッとお願いします!

SkyClock
ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/
プロフィール

武蔵野 観月堂

Author:武蔵野 観月堂
お気に入りジャケデザインの
「It's a Beautiful Day」

検索フォーム
RSSリンク
カテゴリ
War (1)
タグリスト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
楽天市場で探す
楽天市場
CD・DVDジャンルトップで探す

中古販売・買取サイト


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

フルイチオンライン
FC2カウンター
QRコード
QRコード
ディスク修復なら
CDに傷がついた・・・音飛びする、再生できない・・・ そんなCDを復活!!
楽天CD市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。