「武蔵野 観月堂」がアマゾンマーケットプレイスで現在販売している商品一覧が
下記リンクでご覧になれます。

武蔵野 観月堂 取扱商品一覧ページへ行く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←ポチッとお願いします!

Tania Maria(タニア・マリア) 「Fio Maravilha」

今日は、かっこいいブラジリアン・ジャズの1曲を。




"Fio Maravilha"
Jorge Ben Jor - Filho Maravilha Lyrics

E novamente ele chegou com inspiração
Com muito amor, com emoção, com explosão e gol
Sacudindo a torcida
Aos trinta e três minutos do segundo tempo
Depois de fazer uma jogada celestial em gol
Tabelou, driblou dois zagueiros
Deu um toque driblou o goleiro
Só não entrou com bola e tudo
Porque teve humildade em gol
Foi um gol de classe
Onde ele mostrou sua malícia e sua raça
Foi um gol de anjo
Um verdadeiro gol de placa
Que a galera agradecida assim cantava
Fio Maravilha nós gostamos de você
Fio Maravilha, faz mais um prá gente ver



以前に「Come With Me」で紹介したタニア・マリアの、1975年のアルバム「Via Brasil 1l」収録の「Fio Maravilha」。

この曲は偉大なるブラジルのミュージシャン、ジョルジ・ベンジョールカバーです。

ジョルジ・ベンジョールは、以前に「Take It Easy My Brother Charles」を取り上げたことがありました。

原曲は比較的落ち着いた曲調なのですが、タニア・マリアのバージョンはかなりファンキーになっています。

これだけのファンキーさを、ピアノベースドラムトリオで聴かせるというところがスゴイ。

ボーカルは言わずもがな、タニア・マリアのピアニストとしての実力が存分に発揮された曲でもあります。



Via Brasil 1」は、フランスで録音されてます。

70年代ブラジルの時代背景によって、このアルバムも多分にもれず本国以外での録音になってるんですね。

国内盤、輸入盤ともにCDが発売されていますが、いずれ・・・そう遠くはない時期に入手困難になるでしょうね。。。

Via Brasil 1
Via Brasil 1
posted with amazlet at 11.09.17
Tania Maria
Sunny Side (2006-03-14)
売り上げランキング: 328169


1. Samba De Orly
2. Jorge Ben Medley
3. Ate Quem Sabe
4. Abre Alas
5. Fio Maravilha
6. A Cruz
7. Aguas De Marco
8. Bedeu
9. Nao Tem Perdao
10. Via Brasil Medley

70年代ジャズ
関連記事
スポンサーサイト
←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ジャズ ジャズ ブラジル ジョルジ・ベンジョール カバー 原曲 ピアノ ベース ドラム トリオ

Ben Sidran(ベン・シドラン) 「Hey Hey Baby」

今日はちょっと大人な感じ(?)の落ち着いた1曲で。



ジャズフュージョンからロックまで、幅広いジャンルで作品を作り続けているベン・シドラン。

ピアニスト、シンガー、プロデューサー、評論家、作家、あるいはテレビ・キャスター。

ベン・シドランは、音楽のみならずその活動の幅も広いです。



ジャズっぽいピアノと、あまりジャズっぽくないエレキ・ギター、ソフトなベン・シドランのボーカル

落ち着いた曲調だけれど、グルーヴ感はあって、なかなか絶妙なバランスの名曲です。

この曲が収められているアルバム「Don't Let Go」(1974年)は、CDではなくLP盤で持ってます。

昔、原宿で仕事をしていた時期に、休憩時間を使って、ファイヤー通りあたりのレコード屋によく行ってました。

その時に買った1枚が「Don't Let Go」でした。

ジャケットを見て手が止まり、棚から引き抜いてしげしげと眺めていたら、レコード屋のスタッフがレコードを聴かせてくれたんです。

1曲目の「Fat Jam」が、ファンキーでとにかくカッコよくて、これを聴いて即買うことに決めた覚えがあります。

残念ながら、ネット上には「Fat Jam」がどこにもアップされていませんでしたので、代わりにAmazon.comのMP3ページにリンクを貼っておきます。

Amazon.com: Don't Let It Go: Ben Sidran: MP3 Downloads

それぞれは短いですが、全曲試聴できます。



ベン・シドランは、ウィスコンシン大学マディソン校に通っていたそうですが、その当時のバンド仲間には、スティーヴ・ミラーやボズ・スキャッグスもいたそうです。



ドント・レット・ゴー(紙ジャケット仕様)ドント・レット・ゴー(紙ジャケット仕様)
(2008/03/05)
ベン・シドラン

商品詳細を見る


1. Fat Jam
2. House Of Blues Lites
3. Ben Sidran's Midnight Tango
4. The Chicken Glide
5. Sh's Funny (That Way)
6. Monopply
7. Don't Let Go
8. Hey Hey Baby
9. The Foolkiller
10. The Funky Elephant
11. Snatch
12. Down To The Bone

70年代ジャズ ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ジャズ ジャズ フュージョン ロック ピアノ ギター ボーカル グルーヴ LP レコード

Ramsey Lewis(ラムゼイ・ルイス) 「Sun Goddess」

あけましておめでとうございます!

新たな年の1曲目は、初日の出を連想させる雰囲気のこの曲を。





Earth Wind & Fire(アース ウィンド&ファイア)をフューチャリングしたラムゼイ・ルイスの「Sun Goddess」です。

ヤング・ホルト・アンリミテッドからのつながりで、モーリス・ホワイトのアース ウィンド&ファイアコーラスを入れてるんですね。



70年代のラムゼイ・ルイス、時代の雰囲気が感じられてイイ感じです!

ジャズの範囲にとどまらず、ソウルファンクにもまたがった音楽はボーダレスな魅力が満載ですね~



邦題「太陽の女神」(Sun Goddess)は1974年のアルバム。

Sun GoddessSun Goddess
(2008/02/01)
Ramsey Lewis

商品詳細を見る


70年代ジャズ ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ジャズ ジャズ ソウル ファンク アース ウィンド&ファイア コーラス

Gene Harris(ジーン・ハリス) 「As」

今日の1曲は!

スティービー・ワンダーの「As」を、ジャズピアニストのジーン・ハリスがカバーしたこのバージョン!



「As」は、スティービー・ワンダーの最高傑作アルバムとも言われる「Songs in the Key of Life」に収められた1曲。

「Songs in the Key of Life」と「Innervisions」のどちらが最高傑作か?
については意見の分かれるところ。どっちもイイですからね~


演奏しているジーン・ハリスはというと・・・
1950年代から活躍していて、ブルーノートにも録音を残してるジャズピアノの名手。

この1977年の「Tone Tantrum」ではエレピを使い、西海岸のセッション・ミュージシャンを起用してフュージョンより(?)のアプローチを取り"異色作"と紹介されるようなアルバムになってマス。

ま、そのおかげで!原曲とはチョッと雰囲気の違う、JAZZ風味でイイ感じの「As」を楽しめるわけですが。


原曲同様の長尺曲だけど、ぜんぜん飽きずに聴けちゃう。

もう~、この曲をキーにしてJAZZ-FUNK系の選曲CD-Rを編集しちゃったくらいのことしたりして。なんですから。

ちなみに編集盤のタイトルは 「Always」 にしましたとさ。



トーン・タントラムズトーン・タントラムズ
(2006/03/23)
ジーン・ハリスラルフ・ビーチャム

商品詳細を見る


70年代ジャズ ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ジャズ ジャズ ピアノ カバー ブルーノート 原曲 フュージョン 西海岸 1977年

Madeline Bell(マデリン・ベル) 「That's What Friends Are For」

ノっリノリのブラジリア~ンっ・JAZZ・ソウぅぅっル!

♪o(^0^o)♪~(o^0^)o ~♪♪~o(^0^o)~♪(o^0^)o~♪

ジャンルがよく分からないことになってますが!
気にせず行きましょー!ヾ(- -;)



90年代のクラブ(特に渋谷辺り?)でフロアが大盛り上がりしたこの曲!!
実力派シンガー、マデリン・ベルの76年ソロデビューアルバム「This Is One Girl」(1976年)のラストに収録されてます。

アメリカ出身で後に渡英、バック・ボーカル、セッション・シンガーとして、ダスティ・スプリングフィールドローリング・ストーンズエルトン・ジョンなどのレコーディングに参加していた経歴があり、今でも現役で活躍中!の息の長~いシンガーです!

Amazon的にはジャズボーカルにカテゴライズされてましたが。
まぁ、60年代終わり~70年代のジャンルのボーダレス化現象から考えれば、厳密なジャンル分けなんてどーでもイイかな~って気になります。

イイ曲は、イイ曲!それで必要十分!!

This Is One GirlThis Is One Girl
(2002/06/11)
Madeline Bell

商品詳細を見る


70年代ジャズ ←ポチッとお願いします!

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ジャズ ソウル ジャズ ダスティ・スプリングフィールド ローリング・ストーンズ エルトン・ジョン 1976年

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中!
↓ポチッとお願いします!

SkyClock
ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/
プロフィール

武蔵野 観月堂

Author:武蔵野 観月堂
お気に入りジャケデザインの
「It's a Beautiful Day」

検索フォーム
RSSリンク
カテゴリ
War (1)
タグリスト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
楽天市場で探す
楽天市場
CD・DVDジャンルトップで探す

中古販売・買取サイト


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

フルイチオンライン
FC2カウンター
QRコード
QRコード
ディスク修復なら
CDに傷がついた・・・音飛びする、再生できない・・・ そんなCDを復活!!
楽天CD市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。