「武蔵野 観月堂」がアマゾンマーケットプレイスで現在販売している商品一覧が
下記リンクでご覧になれます。

武蔵野 観月堂 取扱商品一覧ページへ行く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←ポチッとお願いします!

Kool & the Gang(クール・アンド・ザ・ギャング) 「Chocolate Buttermilk」

インストは嫌いですか?
まぁそう言わずにコレを聴いてみてくださいな。



どうでしょう?

こんなのもたまにはヨイ!と思ってもらえればなによりです。


♪Jungle Boogie~ Get It On !
が有名なクール・アンド・ザ・ギャングですが、当初はこんなインスト・ジャズファンクを演奏してたんですね~

「Chocolate Buttermilk」
甘さがしつこ~い感じで歯にくっつきそうなタイトルです(笑)

1969年のデビューアルバム収録されてマス。


インストでコレだけ聴かせる実力を持っていたからこそ、長~く活動できるバンドに成り得たんでしょうね。

単なるディスコ・バンドって感じじゃないですもん。やっぱり。

69年のデビュー以降、浮き沈みはあったものの現在もバンドは健在ですからね。

Kool and the GangKool and the Gang
(1996/03/19)
Kool & the Gang

商品詳細を見る


60年代ファンク
スポンサーサイト
←ポチッとお願いします!

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

tag : 60年代ファンク ジャズ ファンク ディスコ 1969年

Sly & The Family Stone(スライ&ザ・ファミリーストーン) 「Every Day People」

今日は良いお天気!

ということで、Good day musicを1曲( ´ー`)ノ

ファンクロックの雄、スライ&ザ・ファミリーストーンの泥臭い感じの曲が多い中、ほのぼの曲調の「Every Day People」は全米1位になった大ヒット曲。

曲調はほのぼのでも、そこは「スライ・ストーン」
歌詞には、人種差別問題に対する明確なメッセージがある。

スライ&ザ・ファミリーストーン自体が、人種・性別関係なしの混成バンドだったのだから、説得力も増すってもんです。

Sometimes I'm right, but I can be wrong
My own beliefs are in my song
The butcher, the baker, the drummer and then
Makes no difference what group I'm in

I am everyday people
Yeah, yeah

There is a blue one who can't accept the green one
For living with a fat one trying to be a skinny one
Different strokes for different folks
And so on, and so on and scooby-dooby-doo

Ooh, sha, sha
We got to live together

I am no better, and neither are you
We are the same, whatever we do
You love me, you hate me, you know me and then
You can't figure out the bag I'm in

I am everyday people
Yeah, yeah

There is a long hair that doesn't like the short hair
For being such a rich one that will not help the poor one
Different strokes for different folks
And so on and so on and scooby-dooby-doo

Ooh, sha, sha
We got to live together

There is a yellow one that won't accept the black one
That won't accept the red one that won't accept the white one
Different strokes for different folks
And so on, and so on and scooby-dooby-doo

Ooh, sha, sha
I am everyday people




このアルバム(1969年)は名曲揃い!買って損のないアルバムですね。

Stand!Stand!
(2007/04/17)
Sly & the Family Stone

商品詳細を見る


60年代ファンク
関連記事
←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 60年代ファンク ファンク ロック 1969年

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中!
↓ポチッとお願いします!

SkyClock
ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/
プロフィール

武蔵野 観月堂

Author:武蔵野 観月堂
お気に入りジャケデザインの
「It's a Beautiful Day」

検索フォーム
RSSリンク
カテゴリ
War (1)
タグリスト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
楽天市場で探す
楽天市場
CD・DVDジャンルトップで探す

中古販売・買取サイト


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

フルイチオンライン
FC2カウンター
QRコード
QRコード
ディスク修復なら
CDに傷がついた・・・音飛びする、再生できない・・・ そんなCDを復活!!
楽天CD市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。