「武蔵野 観月堂」がアマゾンマーケットプレイスで現在販売している商品一覧が
下記リンクでご覧になれます。

武蔵野 観月堂 取扱商品一覧ページへ行く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←ポチッとお願いします!

Todd Rundgren(トッド・ラングレン) 「Can We Still Be Friends」

秋めいてくると、なんだか少し感傷的な気持ちになったりするのはなぜなんでしょうね。。。

今日は、そんな気分の1曲です。



"Can We Still Be Friends"
Songwriters: Todd Rundgren

We can’t play this game anymore
But can we still be friends
Things just can’t go on like before
But can we still be friends
We had something to learn
Now it’s time for the wheel to turn
Grains of sand, one by one
Before you know it, all gone

Let’s admit we made a mistake
But can we still be friends
Heartbreak’s never easy to take
But can we still be friends
It’s a strange, sad affair
Sometimes seems like we just don’t care
Don’t waste time feeling hurt
We’ve been through hell together

Can we still get together sometime
You know life will still go on and on and on

We awoke from our dream
Things are not always what they seem
Memories linger on
It’s like a sweet, sad old song



トッド・ラングレンのバラード系の曲には、良いものが多いですよね~

この「Can We Still Be Friends(邦題:友達でいさせて)」も、そのうちの1曲ですね。

ロバート・パーマーをはじめとした、いろんなアーティストがカバーしている名曲です。

収録アルバムは「Hermit of Mink Hollow(邦題:ミンク・ホロウの世捨て人)」(1978年)。

アルバムタイトルとジャケットからは、「Can We Still Be Friends」のような曲が収録されているとは、なかなか想像がつきませんけど。

こう言ってはなんですが、トッド・ラングレンのアルバムジャケットのデザインは、よく分からないのが多いので仕方がないのかもしれません。

それもまた、トッド・ラングレンらしさということなんでしょう。

ミンク・ホロウの世捨て人(紙ジャケット仕様)
トッド・ラングレン
ビクターエンタテインメント (2009-03-18)
売り上げランキング: 39682


1. All The Children Sing
2. Can We Still Be Friends?
3. Hurting For You
4. Too Far Gone
5. Onomatopoeia
6. Determination
7. Bread
8. Bag Lady
9. You Cried Wolf
10. Lucky Guy
11. Out Of Control
12. Fade Away



トッド・ラングレンが、ダリル・ホールと共演している近年の動画がありました。

2人ともいいオヤジになっている感がありますが、できることならこんなかっこいいオヤジになりたいものです。。。



70年代プログレ
関連記事
スポンサーサイト
←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代プログレ プログレッシブロック ロバート・パーマー ダリル・ホール カバー 1978年

Melissa Manchester(メリサ・マンチェスター) 「Bad Weather」

台風が近づいてきてます。

当然、天気も良くありません。。。

しかし、すごい風だな~

こんな日に聴くのは、デューク・ピアソンの「Stormy」が良いのですが、以前に紹介してるので・・・

今日はこっちの曲で。





フリーソウルの名曲としても知られる「Bad Weather」です。

ジャンルを超えた音楽活動が持ち味のシンガー・ソングライター、メリサ・マンチェスター。

自らの曲だけでなく、様々なアーティストの楽曲やカバーも積極的に歌ったりしています。

ニューコーク大学の芸術学部に通ったというインテリでもありますが、大学ではポール・サイモンに作曲を学んだそうです。

メリサ・マンチェスターの音楽の多様性は、この辺にも影響があるのかもしれませんね。



また、ボーカリストとしての実力も素晴らしく、しっとりしたバラードからアップテンポな曲まで、その表現力豊かな声で見事に歌いこなします。

この曲でのパワフルな歌声は、ソウル・シンガーのようでもあります。



収録アルバムは「Don't Cry Out Loud(邦題:あなたしか見えない)」(1978年)。

あなたしか見えない(紙ジャケット仕様)あなたしか見えない(紙ジャケット仕様)
(2011/06/01)
メリサ・マンチェスター

商品詳細を見る


1. Shine Like You Should
2. Caravan
3. Don't Cry Out Loud
4. Almost Everything
5. Bad Weather
6. Through The Eyes Of Grace
7. To Make You Smile Again
8. Such A Morning
9. Knowin' My Love's Alive
10. Singin' From My Soul
11. We Had This Time

70年代ポップス ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ポップス ポップス フリーソウル シンガー・ソングライター カバー ポール・サイモン ソウル 1978年

Robert Palmer(ロバート・パーマー) 「Every Kinda People」

今日の1曲は「愛しき人々」という邦題のコノ曲です。



Every Kinda People - Robert Palmer
Words & Music : Andy Fraser



Said the fight to make ends meet
Keeps a man upon his feet
Holding down his job
Trying to show he can't be bought
Ooh, it takes every kind of people
To make what life's about, yeah
Every kind of people
To make the world go 'round

Someone's looking for a lead
In his duty to a King or creed
Protecting what he feels is right
Fights against wrong with his life

There's no profit in deceit
Honest men know that
Revenge do not taste sweet
Whether yellow, black or white
Each and every man's the same inside

It takes every kind of people
To make what life's about, yeah
Every kind of people
To make the world go 'round

You know that love's the only goal
That could bring a peace to any soul
Hey, and every man's the same
He wants the sunshine in his name

Ooh, it takes every kind of people...



伊達男ロバート・パーマーの曲の中でも、この「Every Kinda People」は最も好きだと言える曲です。

動画ではシンセサイザーで代用されていますが、本来はスティール・パンが使われている印象的なメロディ。

そして、ベースが効いていて気持ちが良い。

間奏部のトランペットも良いですね~

ロバート・パーマーの渋いが良いのは言わずもがな。



博愛に満ちた歌詞もまた良い。

誠実な人は、偽りや復讐が何も生まないことを知っているのさ。
肌の色が、黄色いか 黒いか 白いか なんて関係ない。
あらゆる人の中身は、みな同じ人間なんだから。



それから、「Every Kinda People」が収録されているアルバム「Double Fun」(1978年)。

この、ちょっと意味深な感じ(笑)のジャケットがまた良い。

Double FunDouble Fun
(1990/06/15)
Robert Palmer

商品詳細を見る


1. Every Kinda People
2. Best Of Both Worlds
3. Come Over
4. Where Can It Go?
5. Night People
6. Love Can Run Faster
7. You Overwhelm Me
8. You Really Got Me
9. You're Gonna Get What's Coming



脱ぎ捨てられたビキニ2着を前にして、にやけるロバート・パーマー。

・・・きっと、彼も裸なんでしょう(ニヤニヤ)



なんだか「良い」としか書いてないですが、それだけ「好きなんだからしょうがない(笑)」ということでご勘弁ください。

70年代ソウル
関連記事
←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ソウル シンセサイザー スティール・パン ベース トランペット 1978年

Nicolette Larson(ニコレット・ラーソン) 「Lotta Love」

前の曲から何となくつなげてる感じで…




Lotta Love
lyrics by Neil Young

It's gonna take a lotta love
To change the way things are.
It's gonna take a lotta love
Or we won't get too far
So if you look in my direction
And we don't see eye to eye,
My heart needs protection and so do I.

It's gonna take a lotta love
To get us thru the night.
It's gonna take a lotta love
To make things work out right.
So if you are out there waitin'
I hope you show up soon,
'Cause my heart needs relating not solitude

Gotta lotta love
Gotta lotta love

It's gonna take a lotta love
To change the way things are.
It's gonna take a lotta love
Or we won't get too far.
It's gonna take a lotta love
To change the way things are.
It's gonna take a lotta love
Or we won't get too far



ニコレット・ラーソンってルックスもですが、もチャーミングですよね。

本人はもともとシンガーになるつもりはなかったみたいです。
歌を歌うのが好きだったチャーミングな女の子。

それが仕事の関係で出会う西海岸のミュージシャン達に歌が気に入られて・・・
周りの後押しでシンガーになったんですって。

素晴らしい話しじゃないですか!

デビュー前はバック・シンガーとして、エミルー・ハリスやリンダ・ロンシュタット、ニール・ヤング、グレアム・ナッシュ、 ドゥービー・ブラザーズなんかの録音に参加。

70年代のミュージシャンとしては、すごいメンツですよね。



そしてデビューアルバム「Nicolette」(1978年)からヒットしたのは、ニール・ヤングカバーであるコノ曲。

しかも、リトル・フィートやドゥービー・ブラザーズ、リンダ・ロンシュタットなどなどの豪華な顔ぶれがバックで参加!

ウェスト・コーストの妹分なんて言われ方もしますが、本当に可愛がられていたんでしょうね。

NicoletteNicolette
(2005/02/15)
Nicolette Larson

商品詳細を見る


70年代ポップス ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ポップス 西海岸 ニール・ヤング ドゥービー・ブラザーズ カバー 1978年

Jane Birkin(ジェーン・バーキン) 「Yesterday Yes a Day」

ここのところ雨が続きましたからね。
ちょっとしっとりした感じの曲でも聴くとしましょうか。



アンニュイ系(←どんなのだ?)では元祖的存在のジェーン・バーキンです。
これまた元祖フランスの不良オヤジ、セルジュ・ゲンズブールの元奥さんですね。

そして、エルメスのバッグ「バーキン」は、エルメスの当時の社長がジェーン・バーキンのためにデザインしてプレゼントしたモノであるって話は有名ですね。

そんなこと知ってるって?
まあまあ、一応はね。書いとかないと。


すっごい美人さんです。ジェーン・バーキン。

ジェーン・バーキン大好き!
娘のシャルロット・ゲンズブールはもっと好き!

・・・あまり気にしないでください・・・("▽"*)


お世辞にも歌がうまいとは言えないんですが、雰囲気で持ってっちゃってますよね~
ウィスパー・ボイスでも元祖になるのかな?

J Birkin: Best of Jane BirkinJ Birkin: Best of Jane Birkin
(2007/04/17)
Jane Birkin

商品詳細を見る


1978年
70年代フレンチ・ポップ ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代フレンチ・ポップ フランス 1978年

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中!
↓ポチッとお願いします!

SkyClock
ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/
プロフィール

武蔵野 観月堂

Author:武蔵野 観月堂
お気に入りジャケデザインの
「It's a Beautiful Day」

検索フォーム
RSSリンク
カテゴリ
War (1)
タグリスト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
楽天市場で探す
楽天市場
CD・DVDジャンルトップで探す

中古販売・買取サイト


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

フルイチオンライン
FC2カウンター
QRコード
QRコード
ディスク修復なら
CDに傷がついた・・・音飛びする、再生できない・・・ そんなCDを復活!!
楽天CD市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。