「武蔵野 観月堂」がアマゾンマーケットプレイスで現在販売している商品一覧が
下記リンクでご覧になれます。

武蔵野 観月堂 取扱商品一覧ページへ行く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←ポチッとお願いします!

Stevie Wonder(スティービー・ワンダー) 「As」

「Innervisions」とコレ、どちらがStevie Wonderの最高傑作アルバムか?
と比較される「Songs in the Key of Life」(1976年)からの1曲。



As

As around the sun the earth knows she's revolving
And the rosebuds know to bloom in early may
Just as hate knows love's the cure
You can rest your mind assure
That I'll be loving you always

As now can't reveal the mystery of tomorrow
But in passing will grow older every day
Just as all that's born is new
You know what I say is true
That I'll be loving you always

(Until the rainbow burns the stars out in the sky)
Always
(Until the ocean covers every mountain high)
Always
(Until the dolphin flies and parrots live at sea)
Always
(Until we dream of life and life becomes a dream)

Did you know that true love asks for nothing
No no her acceptance is the way we pay
Did you know that life has given love a guarantee
To last through forever and another day

Just as time knew to move on since the beginning
And the seasons know exactly when to change
Just as kindness knows no shame
Know through all your joy and pain
That I'll be loving you always

As today I know I'm living
But tomorrow could make me the past
But that I mustn't fear
For I'll know deep in my mind
The love of me I've left behind
'Cause I'll be loving you always

(Until the day is night and night becomes the day)
Always
(Until the trees and seas just up and fly away)
Always
(Until the day that eight times eight times eight is four)
Always
(Until the day that is the day that are no more)
Did you know you're loved by somebody
(Until the day the earth starts turnin' right to left)
Always
(Until the earth just for the sun denies itself)
I'll be lovin you forever
(Until dear mother nature says her work is through)
Always
(Until the day that you are me and I am you)
Always
(Until the rainbow burns the stars out in the sky
Until the ocean severs every mountain high)
Always mm mm

We all know sometimes life hates and troubles
Can make you wish you were born in another time and space
But you can bet your lifetimes that and twice it's double
That God knew exactly where he wanted you to be placed
So make sure when you say you're in it, but not of it
You're not helpin' to make this earth
A place sometimes called hell
Change your words into truths
And then change that truth into love
And maybe our children's grandchildren
And their great grandchildren will tell
I'll be loving you until the rainbow burns the stars out in the sky



説明不要。聴いたらわかりますよね?

以前に紹介したジーン・ハリスのカバーもどうぞ。

Songs in the Key of LifeSongs in the Key of Life
(2000/05/02)
Stevie Wonder

商品詳細を見る


70年代ソウル
関連記事
スポンサーサイト
←ポチッとお願いします!

テーマ : 心に沁みる曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ソウル ソウル カバー 1976年

The Real Thing(リアル・シング) 「You To Me Are Everything」

秋めいていく今日コノゴロ。
晴れた日のドライブにこんな曲はいかがでしょう。



You To Me Are Everything

Hmmm, I would take the stars out of the sky for you
Stop the rain from falling if you ask me to
I'd do anything for you, your wish is my command
I could move a mountain when your hand is in my hand

Hmmm, Words could not express how much you mean to me
There must be some other way to make you see
If it takes my heart and soul you know I'd pay the price
Everything that I possess I'd gladly sacrifice

Oh, you to me are everything
The sweetest song that I can sing, oh baby, oh baby
To you I guess I'm just a clown who picks you up
Each time you're down, oh baby, oh baby
You give me just a taste of love to build my hopes up high
You know you got the power girl to keep me holding on
So now you've got the best of me
Come on and take the rest of me, oh baby

Hmmm, Though you're close to me, we seem so far apart
Maybe given time you'll have a change of heart
If it takes forever girl, then I'm prepared to wait
The day you give your love to me won't be a day too late

Oh, you to me are everything
The sweetest song that I can sing, oh baby, oh baby
To you I guess I'm just a clown who picks you up
Each time you're down, oh baby, oh baby
You give me just a taste of love to build my hopes up high
You know you got the power girl to keep me holding on
So now you've got the best of me
Come on and take the rest of me oh baby

Oh, you to me are everything
The sweetest song that I can sing, oh baby, oh baby
(Yes, I need you baby)
You to me are everything
The sweetest song that I can sing oh baby, oh baby
(You are everything to me, can't you see?)
You to me are everything
The sweetest song that I can sing oh baby, oh baby
(You're the sweetest song that I can sing


爽やかな楽曲に乗せた甘いラブソングです。
この時代らしいカッティングのギター、ストリングスの使い方ですね~


個人的には、爽やかに晴れた日にちょっと色づき始めた景色の中をドライブしながら聴くには最高の曲だと思ってます。


1976年UKシングルチャートでNo.1になった「You To Me Are Everything」

YouToMeAreEverything.jpg

リアル・シングはイギリスのリバプールを拠点にしていたボーカルグループで、コノ曲でアメリカにも進出し、ソウルチャートやポップチャートでもヒットすることになります。


今だとCDではほとんどベスト盤しか手に入らないようですね。

It's The Real Thing: The Singles CollectionIt's The Real Thing: The Singles Collection
(2008/10/07)
The Real Thing

商品詳細を見る


70年代ソウル ←ポチッとお願いします!

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ソウル ドライブ ギター ボーカル イギリス ソウル 1976年

Step By Step(ステップ・バイ・ステップ) 「I Always Wanted To Be In The Band」

陽気にファンクでイっちゃう?



シカゴの名門レーベル、ブランズウィックからリリースされたアルバム(1976年)のタイトル曲。
まず間違いなく「レア・グルーヴ」に入る1曲でしょうね。

ステップ・バイ・ステップはミルウォーキー出身で12人編成(!)の大所帯バンド。
大所帯バンドの音が厚いファンクってやっぱりスキかもな~



このCDもそうなんですが、日本って国はホント、世界初CD化の宝庫ですね。

とってもありがたいことです。
でも、気を抜いてるとすぐに廃盤になっちゃったりしますけど。

I Always Wanted To B In The BandI Always Wanted To B In The Band
(2005/01/21)
ステップ・バイ・ステップ

商品詳細を見る


70年代ファンク ←ポチッとお願いします!

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ファンク ファンク ブランズウィック 1976年

Double Exposure(ダブル・エクスポージャー) 「Ten Percent」

ディスコ・クラシックはいかが?



今日の晩御飯中につけていたTVで、BGMに使われてたんですよ。


おっ!コノ曲なんだっけ?

ん~と・・・「%」
何%だったっけ?

10、いや100だったかな?

コーラス部分で思い出した!って、そのまま歌ってる(笑)


ダブル・エクスポージャーは、SALSOUL RECORDSのソウル・コーラス(ボーカル?)・グループで、アメリカ東部のフィラデルフィアが活動の拠点。

フィリー(フィラデルフィア)・ソウルの流れを汲んだディスコ・サウンドって位置付けになるのかな。


キャッチーで、一度聴いただけで耳に残る軽快でノリのイイ曲で好きですね!

Ten PercentTen Percent
(1999/07/01)
Double Exposure

商品詳細を見る


1976年
70年代ソウル ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ソウル ソウル ディスコ ボーカル SALSOUL 1976年

Coke Escovedo(コーク・エスコヴェード) 「I Wouldn't Change a Thing」



Johnny Bristolのカバーですが、断然コッチの方がノリがイイです!


メキシコ系アメリカ人のコーク・エスコヴェードは、60年代にジャズ・ヴァイヴ奏者Cal Tjaderのバンド・メンバーとして活動。
70年代初めにはラテン・ロックと言えば!のSantanaのレコーディング&ツアー・メンバーに。
その後、ラテン・ロック・グループAztecaを結成し、ラテン系ノリノリのチカーノ・サウンドをMaloやEl Chicanoといったグループと共に演奏してました。

そしてソロでアルバムを発表。
「I Wouldn't Change a Thing」は2枚目のアルバム「Comin' At Ya」(1976年)に収録されてます。

でも、その「Comin' At Ya」は、レコ屋で中古のLP盤がべらぼうな値段で売ってるような状態。

なので、買うならお得なコンピ盤をどうぞ。

フリー・ソウル・パレードフリー・ソウル・パレード
(1995/12/21)
オムニバスデイヴ・パイク・セット

商品詳細を見る


70年代ラテンソウル ←ポチッとお願いします!

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ラテンソウル ジャズ ラテン ソロ 1976年

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中!
↓ポチッとお願いします!

SkyClock
ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/
プロフィール

武蔵野 観月堂

Author:武蔵野 観月堂
お気に入りジャケデザインの
「It's a Beautiful Day」

検索フォーム
RSSリンク
カテゴリ
War (1)
タグリスト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
楽天市場で探す
楽天市場
CD・DVDジャンルトップで探す

中古販売・買取サイト


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

フルイチオンライン
FC2カウンター
QRコード
QRコード
ディスク修復なら
CDに傷がついた・・・音飛びする、再生できない・・・ そんなCDを復活!!
楽天CD市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。