「武蔵野 観月堂」がアマゾンマーケットプレイスで現在販売している商品一覧が
下記リンクでご覧になれます。

武蔵野 観月堂 取扱商品一覧ページへ行く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←ポチッとお願いします!

Tom Waits(トム・ウェイツ) 「(Looking For) The Heart Of Saturday Night」

上着を1枚羽織るような、そんな秋めいた季節になってくると・・・

センチメンタルな曲が聴きたくなるような、そんな感じがします。




(Looking For) The Heart Of Saturday Night Lyrics
Songwriters: Tom Waits

Well you gassed her up
Behind the wheel
With your arm around your sweet one
In your Oldsmobile
Barrelin' down the boulevard
You're looking for the heart of Saturday night

And you got paid on Friday
And your pockets are jinglin'
And you see the lights
You get all tinglin' cause you're cruisin' with a 6
And you're looking for the heart of Saturday night

Then you comb your hair
Shave your face
Tryin' to wipe out ev'ry trace
All the other days
In the week you know that this'll be the Saturday
You're reachin' your peak

Stoppin' on the red
You're goin' on the green
'Cause tonight'll be like nothin'
You've ever seen
And you're barrelin' down the boulevard
Lookin' for the heart of Saturday night

Tell me is the crack of the poolballs, neon buzzin?
Telephone's ringin'; it's your second cousin
Is it the barmaid that's smilin' from the corner of her eye?
Magic of the melancholy tear in your eye.

Makes it kind of quiver down in the core
'Cause you're dreamin' of them Saturdays that came before
And now you're stumblin'
You're stumblin' onto the heart of Saturday night

Well you gassed her up
And you're behind the wheel
With your arm around your sweet one
In your Oldsmobile
Barrellin' down the boulevard,
You're lookin' for the heart of Saturday night

Is the crack of the poolballs, neon buzzin?
Telephone's ringin'; it's your second cousin
And the barmaid is smilin' from the corner of her eye
Magic of the melancholy tear in your eye.

Makes it kind of special down in the core
And you're dreamin' of them Saturdays that came before
It's found you stumblin'
Stumblin' onto the heart of Saturday night
And you're stumblin'
Stumblin onto the heart of Saturday night



孤高のシンガーソングライター、そして「酔いどれ詩人」トム・ウェイツ、初期の傑作アルバム「The Heart of Saturday Night」(1974年)のタイトル・トラック。

しゃがれた、侘しげなギターの響き。

くわえ煙草に無精ひげ、緩んだネクタイにキャスケット。

煙たい酒場で安いバーボンを一人飲む。



もしかしたら、女性には理解し難いかもしれないトム・ウェイツの良さ。

男なら、なんだか沁みてくるその曲の良さ。

特に、肌寒さを感じる季節になってくるとね。



などと、勝手なイメージを広げつつ聴いてしまったりするのが、このアルバムだったりするんですよね~

喉にカーッとくる酒が飲みたくなってきますね、久しぶりに。

土曜日の夜(SHM-CD)
土曜日の夜(SHM-CD)
posted with amazlet at 11.09.23
トム・ウェイツ
ワーナーミュージック・ジャパン (2009-08-26)
売り上げランキング: 173286


1. New Coat Of Paint
2. San Diego Serenade
3. Semi Suite
4. Shiver Me Timbers
5. Diamonds On My Windshield
6. (Looking For) The Heart Of Saturday Night
7. Fumblin' With The Blues
8. Please Call Me, Baby
9. Depot, Depot
10. Drunk On The Moon
11. The Ghosts Of Saturday Night (After Hours At Napoleone's Pizza House

70年代フォークロック
スポンサーサイト
←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代フォークロック フォークロック シンガー・ソングライター ギター 1974年

Eric Clapton(エリック・クラプトン) 「Motherless Children」

夏が戻ってきた!

という感じの今日の暑さです。。。

そんな暑さで聴きたくなったのがこの曲でした。




Motherless Children
Songwriters: Carl Radle;Eric Patrick Clapton

Motherless children have a hard time when mother is dead, lord.
Motherless children have a hard time when mother is dead, lord.
They don't have anywhere to go;
Wandering around from door to door.
Nobody treats you like a mother will when your mother is dead, lord.

Father will do the best he can when your mother is dead, lord.
Father will do the best he can when your mother is dead, lord.
Father will do the best he can;
So many things a father can't understand.
Nobody treats you like a mother will when your mother is dead, lord.

Sister will do the best she can when your mother is dead, lord.
Sister will do the best she can when your mother is dead, lord.
Sister will do the best she can;
So many things a sister can't understand.
Nobody treats you like a mother will when your mother is dead.

When your mother is dead, when your mother is dead.
When your mother is dead, Lord, when your mother is dead.



控えめなイントロから始まり、ドラムが入ってくると、盛り上がる期待感がどんどん膨らみます。

そして「キターっ!」という感じの、疾走感あるスライドギターがなんともカッコイイです。

それなのにボーカルは抑えた感じで、これがまた渋い。

エリック・クラプトンのは元々量があまりないのですが、それはそれで「味」になってるんじゃないでしょうか。



薬物依存症から復活したエリック・クラプトンの、復活1枚目のアルバム「461 Ocean Boulevard」(1974年)。

そのアルバムのオープニング曲が「Motherless Children」です。

アルバム全体は、のんびりムードが漂ってます。

それもあってか、クラプトン・ファンには少々不評だったりもする「461 Ocean Boulevard」です。

でも、ジャケット写真のイメージも含め、トータルでまとまった良いアルバムだと、自分は思うんですけどね~

このアルバムで最も知られた曲は、やはりボブ・マーリーカバー曲「I Shot The Sheriff」でしょう。

461 Ocean Boulevard
461 Ocean Boulevard
posted with amazlet at 11.09.14
Eric Clapton
Polydor / Umgd (1996-08-20)
売り上げランキング: 46502


1. Motherless Children
2. Give Me Strength
3. Willie And The Hand Jive
4. Get Ready
5. I Shot The Sheriff
6. I Can't Hold Out
7. Please Be With Me
8. Let It Grow
9. Steady Rollin' Man
10. Mainline Florida



「Motherless Children」は、エリック・クラプトンのライブ・コンサートで繰り返し演奏される曲の一つです。

YouTubeにも、各年代の動画がアップされてます。

こちらは1985年のライブ映像。




2006年のライブ映像。




70年代ロック ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ロック ロック ギター ドラム ボーカル カバー ボブ・マーリー 1974年 1985年

Carita Holmström(カリタ・ホルムストロム) 「River」

聴いていてとっても気持ちの良い1曲。



フィンランド、ヘルシンキ出身のピアニスト、歌手、そして作曲家であるカリタ・ホルムストロム。

べビュー・アルバム「We Are What We Do」(1973年)の1曲目に収録されているのがコノ曲。



曲の構成がいたってシンプルな感じがして、すご~く広がりが感じられる大好きな1曲なんです。

シンプルな感じとは言っても、ジャズフォーク(民俗音楽)の要素を取り入れていて、イイ感じのグルーヴ感が作り出されてます。

カリタ・ホルムストロムのボーカルも伸びやなで、柔らかいコーラスが気持ち良さをより一層盛り上げますね。



CARITA HOLMSTROM We Are AL

このアルバム、LP盤でもなかなか手に入らないようです。



フィンランドでは一度、1枚目の「We are what we do」と2枚目の「Toinen levy」が2in1でCD化されましたが、もうすでに廃盤になってしまってます。

Jos Tänään Tuntis Huomisen - Kaikki EMI-Levytykset 1973-1974
Jos Tänään Tuntis' Huomisen - Kaikki EMI-Levytykset 1973-1974





・・・となるとコンピ盤で、ということになりますが。

「Café Après-midi」シリーズの「Nacré」に収録されてます。

カフェ・アプレミディ・ナクレカフェ・アプレミディ・ナクレ
(2001/03/07)
オムニバスフィル・ムーアIII&ジ・アフロ・ラテン・ソウルテット

商品詳細を見る


70年代AOR ←ポチッとお願いします!

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

tag : 70年代AOR フォーク ジャズ ボーカル 1974年

Todd Rundgren(トッド・ラングレン) 「A Dream Goes On Forever」

美しいバラードの名曲を。



A Dream Goes On Forever
lyrics by Todd Rundgren


A million old soldiers will fade away
But a dream goes on forever
I'm left standing here, I've got nothing to say
All is silent within my dream

A thousand true loves will live and die
But a dream lives on forever
The days and the years will go streaking by
But the time has stopped in my dream

We all have our everyday hopes and fears
And you'll find no exception in me
But that doesn't get me through a sea of tears
Over life's biggest tragedy

You're so long ago and so far away
But my dream lives on forever
I guess I believe that I'll see you one day
For without it there is no dream

You're so far away and so long ago
But my dream goes on forever
And how much I loved you you'll never know
'Til you join me within my dream


グラム・ロックやプログレッシブのジャンルで扱われる人ですが、本人は「やりたいことをとにかく片っ端からやってみました!」的な感じだったんでしょうね。きっと。

ハードだったり、変わった曲も多いのでトッド・ラングレンはちょっと苦手かも・・・

という人でも、こんなバラード系の曲ならトッド・ラングレンをオススメできますよ!



以前に紹介した「I Saw the Light」なんかもそうですが、トッド・ラングレンの曲の中にはホントに素晴らしいメロディアスな名曲があるんですよね~

「A Dream Goes On Forever」は1974年の5枚目のアルバム「Todd」に収録されてます。

ToddTodd
(1991/07/01)
Todd Rundgren

商品詳細を見る


70年代プログレ
関連記事
←ポチッとお願いします!

テーマ : 心に沁みる曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代プログレ 1974年

Maria Muldaur(マリア・マルダー) 「Midnight At The Oasis」

「真夜中のオアシス」ってタイトルもさることながら、曲のイメージも素晴らしい1曲です。



マリア・マルダーのとエイモス・ギャレットのギターの音がイイ感じで重なり合い、なんとも言えない雰囲気を作り出しています。

ともにコノ曲のヒットまで間ではあまり名の知られた存在ではなかった二人。

実力者同士の技術と感性の相乗効果がこんなにも素晴らしい作品を生み、それを今でも聴くことができるのはなんと喜ぶべきことか―



コノ曲が収録されているのは1974年のソロデビューアルバム「Maria Muldaur」
邦題の「オールド・タイム・レイディ」は、マリア・マルダーにつけられたキャッチ・フレーズがそのままタイトルに。



「神様が酔っぱらったかのようなギター」なんてことも言われるエイモス・ギャレットは、アルバム中でコノ曲しかギターを弾いてませんが、それでもこの1曲のためにアルバムを買う価値はあるでしょう。

輸入盤ならびっくりするくらい安いですから(笑)

Maria MuldaurMaria Muldaur
(2009/02/03)
Maria Muldaur

商品詳細を見る


70年代ロック ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ロック ギター 1974年

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中!
↓ポチッとお願いします!

SkyClock
ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/
プロフィール

武蔵野 観月堂

Author:武蔵野 観月堂
お気に入りジャケデザインの
「It's a Beautiful Day」

検索フォーム
RSSリンク
カテゴリ
War (1)
タグリスト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
楽天市場で探す
楽天市場
CD・DVDジャンルトップで探す

中古販売・買取サイト


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

フルイチオンライン
FC2カウンター
QRコード
QRコード
ディスク修復なら
CDに傷がついた・・・音飛びする、再生できない・・・ そんなCDを復活!!
楽天CD市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。