「武蔵野 観月堂」がアマゾンマーケットプレイスで現在販売している商品一覧が
下記リンクでご覧になれます。

武蔵野 観月堂 取扱商品一覧ページへ行く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←ポチッとお願いします!

King Harvest(キング・ハーヴェスト) 「Dancing in the Moonlight」

台風も過ぎて、空はなんだか秋らしく感じられます。

9月12日は中秋の名月ですが、晴れてくれるといいな~などと思いつつの1曲。



"Dancing In The Moonlight"
Songwriters: Sherman Kelly

We get it almost every night
When that moon is big and bright
It's a supernatural delight
Everybody's dancing in the moonlight

Everybody here is out of sight
They don't bark and they don't bite
They keep things loose, they keep 'em tight
Everybody's dancing in the moonlight

Dancing in the moonlight
Everybody's feeling warm and bright
It's such a fine and natural sight
Everybody's dancing in the moonlight

We like our fun and we never fight
You can't dance and stay uptight
It's a supernatural delight
Everybody was dancing in the moonlight

Dancing in the moonlight
Everybody's feeling warm and bright
It's such a fine and natural sight
Everybody's dancing in the moonlight

We get in almost every night
And when that moon is big and bright
It's a supernatural delight
Everybody's dancing in the moonlight

Dancing in the moonlight
Everybody's feeling warm and bright
It's such a fine and natural sight
Everybody's dancing in the moonlight

Dancing in the moonlight
Everybody's feeling warm and bright
It's such a fine and natural sight
Everybody's dancing in the moonlight

Dancing in the moonlight
Everybody's feeling warm and bright
It's such a fine and natural sight
Everybody's dancing in the moonlight

Dancing in the moonlight
Everybody's feeling warm and bright
It's such a fine and natural sight
Everybody's dancing in the moonlight

Dancing in the moonlight
Everybody's feeling warm and bright
It's such a fine and natural sight
Everybody's dancing in the moonlight



この1曲のヒット、アルバム1枚で消えてしまった、キング・ハーヴェスト。

一発屋で終わってしまったことを、惜しむべきバンドの一つです。

エレピの音が、今となってはちょっとチープな感じがしないでもないですが、そこがまた雰囲気があって◎です。

男臭いのにロマンティックなのか、はたまた、ロマンティックなのに男臭いのか。

少し高めの声のコーラスエレピがロマンティックさを感じさせて、デイブ・"ドク"・ロビンソンの低めのボーカルが男臭さを感じさせる要因なんでしょうかね。



「Dancing in the Moonlight」の作者であるシャーマン・ケリーは、サブメンバーとしてキング・ハーヴェストに参加していました。

キング・ハーヴェストの活動期間は1970~74年の4年間と短く、「Dancing in the Moonlight」(1973年)が唯一のアルバム。


Dancing in the Moonlight
Dancing in the Moonlight
posted with amazlet at 11.09.07
King Harvest
Collectables (1993-11-09)
売り上げランキング: 253280

1. Lady, Come On Home
2. Motor Job
3. Roosevelt And Ira Lee
4. Dancing In The Moonlight
5. She Keeps Me High
6. Think I Better Wait Till Tomorrow
7. The Smile On Her Face
8. You And I
9. Marty And The Captain
10. I Can Tel



この「Dancing in the Moonlight」、2000年にはイギリスのバンド、Toploader(トップローダー)がカバーして大ヒットさせました。

数あるカバーの中でも、セールス的にはトップローダーのカバーが最大のヒットだったかもしれません。

キング・ハーヴェストのバージョンより厚みのあるサウンド構成で、素晴らしいカバーになっています。



デビュー・アルバム「Onka's Big Moka」(2000年)に収録されています。


オンカズ・ビッグ・モカ
トップローダー
エピックレコードジャパン (2000-09-06)
売り上げランキング: 13140

1. let the people know
2. dancing in the moonlight
3. achilles heel
4. breathe
5. do you know what your future will be?
6. only for a while
7. just hold on
8. higher state
9. high flying bird
10. summer cycle
11. just about living
12. floating away(in the bath tub)
13. stepping stones



この「Dancing in the Moonlight」、キング・ハーヴェストがオリジナルかと思いきや、そうではないんですね。

オリジナルは、1970年前後に活動していたBoffalongo(ボファロンゴ)。

セカンドアルバム「Beyond Your Head」(1970年)に収録されています。

でも、このアルバムは、残念ながらCD化されていないと思います。



ボファロンゴのメンバーの一部は、Orleans(オーリアンズ)というバンドを結成します。

一方、ボファロンゴに関係した別のメンバーは、キング・ハーヴェストを結成。

この辺が、「Dancing in the Moonlight」のオリジナルについて見解が混乱する理由なんでしょう。



オーリアンズはCSN&Yやアメリカのような、コーラスが素晴らしいバンドで、活動停止期間があったものの現在も活動しています。

トップローダーによる「Dancing in The Moonlight」のヒットを受けてか、2006年には「Dancin in the Moonlight」というアルバムを発表しています。

Dancin in the Moonlight
Dancin in the Moonlight
posted with amazlet at 11.09.08
Orleans
Friday Music (2006-05-02)
売り上げランキング: 357163


1. Mission Of Mercy
2. Dancin' In The Moonlight
3. Heaven
4. Yestertime
5. In My Dream
6. The Walking Wounded
7. Get A Life
8. I Need A Break (From My Vacation)
9. What Was I Thinkin'
10. Love's Not Just For Other People
11. Issues

70年代ロック
スポンサーサイト
←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ロック ロック エレピ コーラス ボーカル カバー イギリス オリジナル 1970年 1973年

WAR(ウォー) 「Me and baby brother」

今日も暑い~~!

こんな暑すぎる日にはコレ!!



暑い時に、思いっきり汗をかきながら熱いラーメンを食べるような感覚、とでも言いましょうか。

さらに暑さを増すような、この濃い~サウンド(笑)



大好きなバンドの一つ「War」。

大編成で大所帯の多国籍ファンクバンド。

一応ファンクバンドとは言ってはみたものの、その音楽性はボーダレス。

ジャズファンクソウルロックラテンも含めて、その周辺。

多国籍が生み出すミックスカルチャー。

一言で言えば、「何でもあり」(笑)



そんな「War」の音楽のキーワードは・・・「のんびり感」。

基本がライブバンドなので、楽曲にはノリの良いものが多いです。

でも、そのほとんどはテンポがゆる~い(笑)

この「Me and baby brother」が、もしかしたら一番速いかもしれないです。

まあ、そのゆ~ったりしたのんびり感が「War」の良さで、好きなところなんですが。


収録アルバムは、全米チャート6位、R&Bチャート1位を獲得した「Deliver the Word」(1973年)です。

Deliver the WordDeliver the Word
(2008/05/06)
War

商品詳細を見る


1. H2 Overture
2. In Your Eyes
3. Gypsy Man
4. Me And Baby Brother
5. Deliver The Word
6. Southern Part Of Texas
7. Blisters

70年代ファンク ←ポチッとお願いします!

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ファンク ファンク ジャズ ソウル ロック ラテン ライブ 多国籍 テンポ 1973年

America(アメリカ) 「Ventura Highway」

晴れた日には窓を全開にして、のんびりドライブしながらコノ曲を聴こう!



この演奏も悪くはないですよ。えぇ。

でもね。アルバム収録テイクの方が断然イイな~ヤッパリね。


ってことで、コチラを。

America - Ventura Highway
Found at bee mp3 search engine


なんかね~ホッとするんですよね。アメリカを聴くと。

「Ventura Highway」は1973年のアルバム「Homecoming」のオープニング曲。

HomecomingHomecoming
(1995/05/09)
America

商品詳細を見る


オマケで定番の「Sister Golden Hair」も聴いちゃいますか!

America - Sister Golden Hair
Found at bee mp3 search engine


「Sister Golden Hair」は1975年のアルバム「Hearts」に収録。
「Hearts」の1曲目には「Daisy Jane(ひなぎくのジェーン)」も入ってますね。

HeartsHearts
(2005/04/12)
America

商品詳細を見る


70年代ソフトロック
関連記事
←ポチッとお願いします!

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ソフトロック 1973年 1975年

Severin Browne(セヴリン・ブラウン) 「Stay」

しっとり系ハッピーソング(?)とでもいいましょうか。
ぜひ、の~んびり聴いてください。



セヴリン・ブラウンは、ジャクソン・ブラウンの弟さんです。

お兄さんと同じシンガー・ソング・ライター(SSW)なんでしょうけど、この「Stay」を収録した1973年のアルバム「Severin Browne」は、なんと!モータウンレーベルからリリースされてるんですよね~


コノ曲からイメージするのは牧草地帯のの~んびりした風景なんです。
牧歌的って文字通り(笑)なんですけど。

高原でのドライブにぴったりだと勝手に思ってます・・・

セヴリン・ブラウンセヴリン・ブラウン
(2000/03/23)
セブリン・ブラウン

商品詳細を見る


70年代AOR ←ポチッとお願いします!

テーマ : 心に沁みる曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代AOR モータウン ドライブ 1973年

Don Covay(ドン・コヴェイ) 「Overtime Man」

ここんとこ、ノリのイイのを続けてますが!
今日の1曲は!
ハッピーなファンキ~・ソウル!!

この曲のギターリフもカッコイイっす!
今日も陽気にいきましょか~



ドン・コヴェイ、巷ではミック・ジャガーと声が似てると言われてるようですね。
ミック・ジャガーの方が、もっとこう粘着質な声のような気がしますが・・・どうでしょう?

初期のローリング・ストーンズで、ドン・コヴェイの”Mercy Mercy”をカバーしてたくらいなので、ミック・ジャガーはかなりの影響を受けてるんだとは思いますが。


1973年発表の「Super Dude I」に「Different Strokes for Different Folks」のA面をプラスした編集盤です。

Super Dude: The Mercury Years, Vol. 1...PlusSuper Dude: The Mercury Years, Vol. 1...Plus
(2005/05/10)
Don Covay

商品詳細を見る


70年代ソウル ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ソウル ソウル ギター ローリング・ストーンズ カバー 1973年

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中!
↓ポチッとお願いします!

SkyClock
ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/
プロフィール

武蔵野 観月堂

Author:武蔵野 観月堂
お気に入りジャケデザインの
「It's a Beautiful Day」

検索フォーム
RSSリンク
カテゴリ
War (1)
タグリスト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
楽天市場で探す
楽天市場
CD・DVDジャンルトップで探す

中古販売・買取サイト


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

フルイチオンライン
FC2カウンター
QRコード
QRコード
ディスク修復なら
CDに傷がついた・・・音飛びする、再生できない・・・ そんなCDを復活!!
楽天CD市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。