「武蔵野 観月堂」がアマゾンマーケットプレイスで現在販売している商品一覧が
下記リンクでご覧になれます。

武蔵野 観月堂 取扱商品一覧ページへ行く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←ポチッとお願いします!

Alzo(アルゾ) 「Looks Like Rain」

雨が続くと、なんだか肌寒さを感じるようになってきますね。

"雨"の曲ってイイ曲がたくさんありますけど、今日はこの1曲で。





フリーソウルが盛り上がっていた時に注目されたデュオに、Alzo & Udine(アルゾ&ユーディーン)がいました。

そのアルゾ&ユーディーンのアルバム発表後、アルバムセールスが思わしくなく、やむなく引退。

Ampex社でスタッフとして働いていたところ、アルゾ&ユーディーンを知る社員にをかけられ、ソロでレコーディングを行うことに。

そうしてソロアルバム「Looking For You」(1971年)が発売されますが、Ampexがレコード部門を閉鎖したため、このアルバムはすぐに市場から消えることに・・・

その翌年、「Looking For You」はアルバムタイトルを「Alzo」と変えて、今度はBellからリリースされることになります。

これは、Ampexとの経緯を知ったBellが、アルゾにを掛けたようです。

「Alzo」発売後にはセカンドアルバムを録音しますが、その頃にBellはAristaに吸収されてしまいます。

アルゾのBellとの契約は、この会社吸収により、なんと無効に。

当然、セカンドアルバムはお蔵入り・・・

ファーストアルバムも再発されること無く、幻の名盤化していくことになります。



こうしてみると、ずいぶん不遇な目に遭われてます。

アルバム「Alzo」は、2003年に日本でのCD化が奇跡的に実現するのですが、この辺の詳しい経緯は、長門芳郎氏の手によってCDのライナーノーツに書かれてます。

CDをご購入の際には、ぜひご一読を。

CD化が奇跡的である理由がお分かりいただけます。



このアルバムはまた、山下達郎氏のお気に入りの1枚であることも有名です。

伸びやかなアルゾのの多重録音ボーカル、12弦ギターによる瑞々しいメロディー。

この「Looks Like Rain」を始めとしたアルバムの各曲を聴いてみれば、なるほど納得できます。



少し暑さが治まると秋が恋しくなってきますが、そんなこれからの季節には、「Alzo」(1972年)は特にしっくりくるアルバムではないかと思います。

アルゾアルゾ
(2003/12/17)
アルゾ

商品詳細を見る


1.Country
2.Don't Ask Me Why
3.Without You Girl
4.Looks Like Rain
5.Some People
6.Just Can't Get Along
7.That's Alright (I Don't Mind It)
8.Sometimes
9.You Know Me, I Know You
10.Sweet And Salty Stuff
11.You're Gone
12.Lookin' For You

70年代フォークロック
スポンサーサイト
←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代フォークロック フリーソウル デュオ 1971年 1972年 2003年 幻の名盤 ボーカル ギター

America(アメリカ) 「Don't Cross the river」

梅雨の合間の晴れた日は、ちょっと得したような気分になったりします♪

少しずつ夏を感じさせるようになってきていますが、湿気がもっと少なければ一層爽やかな気分になれるのに・・・

などと勝手なことをつぶやいて、雰囲気だけでもと思い、聴くのはこの曲なのです。





There's a little girl out lyin' on her own
She's got a broken heart
She's not the kind to take you down for long
She knows and plays it smart

(Ah--) And if she's comin' she's showed no mark
She's heard no whistle blowin' from the dark
She feels like leavin' and she don't know why
Without no bridges she's trapped, so I sigh

Don't cross the river if you can't swim the tide
Don't try denyin' livin' on the other side
All your life
You were on your own

If you want you can ride my train
And soon forget the reason that you're leaving
You'll lose yourself and then sometime
Maybe even save yourself some grievin'

Oh, oh, oh, oh

Don't cross the river if you can't swim the tide
Don't try denyin' livin' on the other side
Don't cross the river if you can't swim the tide
Don't try denyin' livin' on the other side
Don't cross the river if you can't swim the tide
Don't cross the river if you can't swim the tide
Don't cross the river if you can't swim the tide ...



この曲のギターバンジョーコーラスなんかの雰囲気が、なんだかとっても乾いた感じを受けるんですよね。

イメージするのはアメリカ南西部の広く乾いた風景。

まったくの個人的意見ですけど(笑)



アメリカのセカンドアルバム「ホームカミング(Homecoming)」(1972年)に収録。

ホームカミング[紙ジャケットCD]ホームカミング[紙ジャケットCD]
(2007/07/11)
アメリカ

商品詳細を見る


1. Ventura Highway
2. To Each His Own
3. Don't Cross The River
4. Moon Song
5. Only In Your Heart
6. Till The Sun Comes Up Again
7. Cornwall Blank
8. Head And Heart
9. California Revisited
10. Saturn Nights



ジメジメよりカラッとしてる方がいいな~などと、毎年この時期には思うんですよね。

明らかな無い物ねだりですが。

70年代ソフトロック
関連記事
←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ソフトロック ギター バンジョー コーラス 1972年

Terry Callier(テリー・キャリアー) 「Ordinary Joe」

やっぱりコノ曲はグッときますね~



Terry Callier - Ordinary Joe (Occasional Rain/1972年

And for my opening line
I'm not trying to indicate my state of mind.
I turn you on,
I tell you that I'm laughing just to keep from crying
Pretty music when you hear it,
Keep on trying to get near it.
A little rhythm for your spirit
Oh but that's what it's for
Come on in, here's the door

And I've seen a sparrow get high
And waste his time in the sky
He thinks it's easy to fly
He's just a little bit freer than I

Now here's a mystery
And maybe you can help to make it clear to me
When you're fast asleep
Then what is it that's lighting up the dreams you see
Only your tears can't conceal it
And only your prayers may not reveal it
You've got soul so you can feel it
And when you make the scene
Well you know what I mean

Hey, I've seen a sparrow get high
And waste his time in the sky
He thinks it's easy to fly
He's just a little bit freer than I

Down here on the ground
When you find folks are giving you the runaround
Keep your game uptight
And if you must just take your secrets underground
Now politicians are trying to speech you
Mad color watchers are trying to teach you
Very few will really try to reach you
If you're lost in a stack
That's OK, come all black

Now I'd be the last to deny
That I'm just an average guy
And don't you know each little bird in the sky
Is just a little bit freer than I

Hey ordinary Joe
Although they say you're just a lazy so-and-so
What they think is real
Is nothing but an animated puppet show
So don't let time and space confuse you
And don't let name and form abuse you
Let that Big Joe Williams blues you
In the light of the sun you can see how they burn

Oh I've seen a sparrow get high
And waste his time in the sky
He thinks it's easy to fly
He's just a little bit freer than I



この・・・泣けますね~
まさに「いぶし銀」!なテリー・キャリアーです。

フォークジャズソウルの融合。
そしてアコースティック・ギターから生まれるオンリー・ワンの音楽は、決して哀愁だけではないのです。



哀愁だけなら、ショーン・フィリップス(Shawn Phillips)のアルバム「Second Contribution」にかなうものはありませんから(笑)



デビューから不遇の音楽生活を送ってきた不世出のシンガー・ソングライターは、80年代には一度音楽シーンから離れてしまったりしたものの、90年代以降に"再評価"という形で復活を果たします。

なんか、こういうエピソードからして男心をくすぐる訳ですよ。

そして曲を聴くと、も~グッとこない訳がない。

今も現役で活動しているってのが、なんともウレシイじゃないですか!

オケイショナル・レインオケイショナル・レイン
(2007/06/20)
テリー・キャリアー

商品詳細を見る


70年代フォークロック ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代フォークロック フォーク ジャズ ソウル ギター 1972年

Dusty Springfield(ダスティ・スプリングフィールド) 「Mixed Up Girl」

復活!
以前にYouTubeにUPしたものの削除されてしまった動画が、MusicPlayOn.comで拾われてました!
歌詞を追記して再UPです!!



このブログを始めた頃に「Spooky」を取り上げました。
今回はコノ曲です。








Mixed Up Girl
lyrics by Jimmy Webb

Ah, ha, ah
Gonna let you go my angel
Though I could make you stay
I could use my blind self-pity
Throw it in your way
But the times have turned between us
And you know I don't believe
That it makes one bit of difference
If you stay or if you leave

Why can't I be lonely
Like that lonely rushing river?
Pushing down a mountain
On it's way to meet the sea

Why can't I need somebody
Like that river needs that ocean?
Why did you have to get so mixed up, baby?
With a mixed up girl
With a mixed up girl like me, yeah

Gonna make it short now, angel
Though I could make it long
I could take through all the changes
And show you where you're wrong

But our dreams don't flow together
And you'll never, never see the light
So it really, really doesn't matter
Who is wrong or who is right?
Oh, why can't I be lonely
Like that lonely rushing river?
It's pushing down the mountain
On its way to meet the sea

Oh, why can't I need somebody
Like that river needs that ocean?
Why did you have to get so mixed up, baby?
With a mixed up girl
With a mixed up girl like me, mmm, ooh, mmm, ooh



ストリングスで静かに始まり、それから入ってくるドラムピアノが気持ち良くてスキなんです!

やっぱりダスティ・スプリングフィールドはイイな~


コノ曲は1972年のアルバム「See All Her Faces 」のオープニング曲。
グレン・キャンベルの「By the Time I Get to Phoenix」や「Wichita Lineman」の作者でもある、ジミー・ウェッブのカバーです。


「See All Her Faces 」の後、さまざまなことが重なってダスティ・スプリングフィールドは一時活動停止せざるを得ない状態になってしまうんですね・・・

See All Her Faces

「See All Her Faces 」は現在は廃盤になっていて、中古盤には結構な値がついています。
オススメは↓です。

ダスティ・スプリングフィールド・フォー・カフェ・アプレミディダスティ・スプリングフィールド・フォー・カフェ・アプレミディ
(2003/03/26)
ダスティ・スプリングフィールド

商品詳細を見る


過去のDusty Springfield(ダスティ・スプリングフィールド)記事
「Spooky」

70年代ポップス
関連記事
←ポチッとお願いします!

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ポップス ダスティ・スプリングフィールド ジミー・ウェッブ ピアノ ドラム 1972年

Peter Gallway(ピーター・ゴールウェイ) 「Harmony Grits」

久し振りの更新です。
秋晴れの休日にグッド・タイム・ミュージックをお届けですよ~!



The Fifth Avenue Band(フィフス・アヴェニュー・バンド)、Ohio Knox(オハイオ・ノックス)を経て1972年に発表したソロ名義のアルバム「Peter Gallway」。



部屋の窓を少し開けて、秋めいてきた風に入れたてのコーヒーの香りをのせて一息入れる・・・

そんな感じの1曲でしょうかね。



日本でグッド・タイム・ミュージックの代表格といえば山下達郎ですが!
その山下達郎が影響を受けたのがこのピーター・ゴールウェイ。

達郎氏は「The Fifth Avenue Band」、「Ohio Knox」、「Peter Gallway」の3枚のアルバムを差して、「三種の神器」と言ったそうな。



そういえば、フリーソウルのコンピ盤にもこの人の曲はたくさん収録されてましたね~

ピーター・ゴールウェイピーター・ゴールウェイ
(2008/05/28)
ピーター・ゴールウェイ

商品詳細を見る
←ポチッとお願いします!

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ソフトロック フリーソウル 1972年

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中!
↓ポチッとお願いします!

SkyClock
ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/
プロフィール

武蔵野 観月堂

Author:武蔵野 観月堂
お気に入りジャケデザインの
「It's a Beautiful Day」

検索フォーム
RSSリンク
カテゴリ
War (1)
タグリスト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
楽天市場で探す
楽天市場
CD・DVDジャンルトップで探す

中古販売・買取サイト


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

フルイチオンライン
FC2カウンター
QRコード
QRコード
ディスク修復なら
CDに傷がついた・・・音飛びする、再生できない・・・ そんなCDを復活!!
楽天CD市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。