「武蔵野 観月堂」がアマゾンマーケットプレイスで現在販売している商品一覧が
下記リンクでご覧になれます。

武蔵野 観月堂 取扱商品一覧ページへ行く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←ポチッとお願いします!

King Harvest(キング・ハーヴェスト) 「Dancing in the Moonlight」

台風も過ぎて、空はなんだか秋らしく感じられます。

9月12日は中秋の名月ですが、晴れてくれるといいな~などと思いつつの1曲。



"Dancing In The Moonlight"
Songwriters: Sherman Kelly

We get it almost every night
When that moon is big and bright
It's a supernatural delight
Everybody's dancing in the moonlight

Everybody here is out of sight
They don't bark and they don't bite
They keep things loose, they keep 'em tight
Everybody's dancing in the moonlight

Dancing in the moonlight
Everybody's feeling warm and bright
It's such a fine and natural sight
Everybody's dancing in the moonlight

We like our fun and we never fight
You can't dance and stay uptight
It's a supernatural delight
Everybody was dancing in the moonlight

Dancing in the moonlight
Everybody's feeling warm and bright
It's such a fine and natural sight
Everybody's dancing in the moonlight

We get in almost every night
And when that moon is big and bright
It's a supernatural delight
Everybody's dancing in the moonlight

Dancing in the moonlight
Everybody's feeling warm and bright
It's such a fine and natural sight
Everybody's dancing in the moonlight

Dancing in the moonlight
Everybody's feeling warm and bright
It's such a fine and natural sight
Everybody's dancing in the moonlight

Dancing in the moonlight
Everybody's feeling warm and bright
It's such a fine and natural sight
Everybody's dancing in the moonlight

Dancing in the moonlight
Everybody's feeling warm and bright
It's such a fine and natural sight
Everybody's dancing in the moonlight

Dancing in the moonlight
Everybody's feeling warm and bright
It's such a fine and natural sight
Everybody's dancing in the moonlight



この1曲のヒット、アルバム1枚で消えてしまった、キング・ハーヴェスト。

一発屋で終わってしまったことを、惜しむべきバンドの一つです。

エレピの音が、今となってはちょっとチープな感じがしないでもないですが、そこがまた雰囲気があって◎です。

男臭いのにロマンティックなのか、はたまた、ロマンティックなのに男臭いのか。

少し高めの声のコーラスエレピがロマンティックさを感じさせて、デイブ・"ドク"・ロビンソンの低めのボーカルが男臭さを感じさせる要因なんでしょうかね。



「Dancing in the Moonlight」の作者であるシャーマン・ケリーは、サブメンバーとしてキング・ハーヴェストに参加していました。

キング・ハーヴェストの活動期間は1970~74年の4年間と短く、「Dancing in the Moonlight」(1973年)が唯一のアルバム。


Dancing in the Moonlight
Dancing in the Moonlight
posted with amazlet at 11.09.07
King Harvest
Collectables (1993-11-09)
売り上げランキング: 253280

1. Lady, Come On Home
2. Motor Job
3. Roosevelt And Ira Lee
4. Dancing In The Moonlight
5. She Keeps Me High
6. Think I Better Wait Till Tomorrow
7. The Smile On Her Face
8. You And I
9. Marty And The Captain
10. I Can Tel



この「Dancing in the Moonlight」、2000年にはイギリスのバンド、Toploader(トップローダー)がカバーして大ヒットさせました。

数あるカバーの中でも、セールス的にはトップローダーのカバーが最大のヒットだったかもしれません。

キング・ハーヴェストのバージョンより厚みのあるサウンド構成で、素晴らしいカバーになっています。



デビュー・アルバム「Onka's Big Moka」(2000年)に収録されています。


オンカズ・ビッグ・モカ
トップローダー
エピックレコードジャパン (2000-09-06)
売り上げランキング: 13140

1. let the people know
2. dancing in the moonlight
3. achilles heel
4. breathe
5. do you know what your future will be?
6. only for a while
7. just hold on
8. higher state
9. high flying bird
10. summer cycle
11. just about living
12. floating away(in the bath tub)
13. stepping stones



この「Dancing in the Moonlight」、キング・ハーヴェストがオリジナルかと思いきや、そうではないんですね。

オリジナルは、1970年前後に活動していたBoffalongo(ボファロンゴ)。

セカンドアルバム「Beyond Your Head」(1970年)に収録されています。

でも、このアルバムは、残念ながらCD化されていないと思います。



ボファロンゴのメンバーの一部は、Orleans(オーリアンズ)というバンドを結成します。

一方、ボファロンゴに関係した別のメンバーは、キング・ハーヴェストを結成。

この辺が、「Dancing in the Moonlight」のオリジナルについて見解が混乱する理由なんでしょう。



オーリアンズはCSN&Yやアメリカのような、コーラスが素晴らしいバンドで、活動停止期間があったものの現在も活動しています。

トップローダーによる「Dancing in The Moonlight」のヒットを受けてか、2006年には「Dancin in the Moonlight」というアルバムを発表しています。

Dancin in the Moonlight
Dancin in the Moonlight
posted with amazlet at 11.09.08
Orleans
Friday Music (2006-05-02)
売り上げランキング: 357163


1. Mission Of Mercy
2. Dancin' In The Moonlight
3. Heaven
4. Yestertime
5. In My Dream
6. The Walking Wounded
7. Get A Life
8. I Need A Break (From My Vacation)
9. What Was I Thinkin'
10. Love's Not Just For Other People
11. Issues

70年代ロック
スポンサーサイト
←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ロック ロック エレピ コーラス ボーカル カバー イギリス オリジナル 1970年 1973年

Bobby Bloom(ボビー・ブルーム) 「Montego Bay」

今回は、のんびり南国気分のコノ曲です。



Vernon'll meet me when the Boac lands
Keys to the MG will be in his hands
Adjust to the driving 'n' I'm on my way
It's all on the right side in Montego Bay
Sing out;
Oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh
Oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh
Come sing me La
Come sing me Montego Bay
Oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh

'N' Gillian'll meet me like a brother would
I think I remember but it's twice as good
Like how cool the rum is from his silver tray
I thirst to be thirsty in Montego Bay
Sing out;
Oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh
Oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh
Come sing me La
Come sing me Montego Bay
Oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh

I'll lay on a lilo till I'm lobster red
I still feel the motion here at home in bed
I tell you it's hard for me to stay away
You ain't been 'till you been high in Montego Bay
Sing out;
Oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh
Oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh
Come sing me La
Come sing me Montego Bay
Oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh, oh



軽快なパーカッションのリズムに口笛、リゾートっぽい感じでイイですね~

「離れるなんてできないさ 『モンテゴ・ベイ』でハイにならなきゃ君らしくないね」

カリブ海に浮かぶジャマイカの都市モンテゴ・ベイを歌ったこの曲。

ジャマイカと言えば音楽はレゲエですが、「モンテゴ・ベイ」はそのルーツのひとつでもあるカリプソに近い雰囲気です。



歌っているボビー・ブルームは、60年代終盤にバブルガム・ポップのソングライターとして活躍していました。

ソロのシンガーとして残したアルバムは、この「モンテゴ・ベイ」が収録された「The Bobby Bloom Album」(1970年)の1枚だけです。

「モンテゴ・ベイ」は、全米チャートで位を獲得するヒット曲となり、当時はちょっとしたカリブ海ブームが起きたそうです。

「モンテゴ・ベイ」のヒットを受けて、過去の録音を編集した企画盤も出ましたが、作品数はそう多くは残っていません。

なぜなら、1974年に銃の暴発事故(自殺という説も)で若くして亡くなってしまったからです。



ボビー・ブルームのソウルフルな歌による作品は、ブルー・アイド・ソウル、ノーザン・ソウルといったジャンルに分類されたりもします。

「The Bobby Bloom Album」は、世界で唯一、日本でのみ2001年にCD化されました。

CD化にあたり、タイトルは「モンテゴ・ベイ」とされました。

当然のことながら、今は入手困難な希少盤になってます。



モンテゴ・ベイモンテゴ・ベイ
(2001/08/29)
ボビー・ブルーム

商品詳細を見る


1 Careful Not To Break The Spell
2 Heavy Makes You Happy
3 Try A Little Harder
4 Oh I Wish You Knew
5 Fanta
6 Heidi
7 This Thing I've Gotten Into
8 A Little On The Heavy Side
9 Brighten Your Flame
10 Give 'Em A Hand
11 Montego Bay


70年代ポップス ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ポップス ポップス バブルガム レゲエ カリプソ ソウル 希少盤 1970年 2001年

Blossom Dearie(ブロッサム・ディアリー) 「I Like London in the Rain」

この数日、雨が続くな~と思っていたら、例年よりも早く梅雨入りしたようですね。

ということで、雨の日でも軽やかな気分になれる今日の1曲です。





まるで子どものようなで歌うブロッサム・ディアリー。

アメリカとヨーロッパを行き来しながら活動していたピアニスト兼ジャズ・シンガーです。

なんとも可愛らしいですが、この 「I Like London in the Rain」が収録されたアルバム「ザッツ・ザ・ウェイ・アイ・ウォント・トゥ・ビー(That's Just The Way I Want To Be)」が発表されたのは1970年のことなので、ブロッサム・ディアリーが40代半ばで歌っていたことになります。

残念ながら2009年2月に82歳でお亡くなりになってしまいましたが、その活動期間は長く、1940年代半ばには楽団のコーラスグループに参加し、近年は2006年までクラブでライブなどを行っていたそうです。



ちょっと甘ったるい感じの独特ななので、人によって好みが分かれるところかもしれませんね。

そのの特徴がよく出ているんじゃないかと思う曲を「ザッツ・ザ・ウェイ・アイ・ウォント・トゥ・ビー(That's Just The Way I Want To Be)」からもう1曲。





ザッツ・ザ・ウェイ・アイ・ウォント・トゥ・ビーザッツ・ザ・ウェイ・アイ・ウォント・トゥ・ビー
(2006/02/22)
ブロッサム・ディアリー

商品詳細を見る


1. That's Just the Way I Want to be
2. Long Daddy Green
3. Sweet Surprise
4. Hey John
5. Sweet Georgie Fame
6. Both Sides Now
7. Dusty Springfield
8. Will There Really be a Morning
9. I Know the Moon
10.Inside a Silent Tear
11.Yesterday When I Was Young
12.I Like London in the Rain





ブロッサム・ディアリーをまとめて聴くなら、コチラがオススメです。

今回の2曲も収録されてます。



ブロッサム・ディアリー・フォー・カフェ・アプレミディブロッサム・ディアリー・フォー・カフェ・アプレミディ
(2003/03/26)
ブロッサム・ディアリー

商品詳細を見る


1 Long Daddy Green
2 Dusty Springfield
3 I Know the Moon
4 Yesterday, When I Was Young
5 Will There Really Be a Morning
6 Inside a Silent Tear
7 Hey John
8 Sweet Georgie Fame
9 Sweet Surprise
10 I Like London in the Rain
11 Meditation
12 Dindi
13 Sweet Lover No More
14 One Note Samba
15 I'm Hip
16 Shape of Things
17 Tea for Two
18 Doop-Doo-De-Doop (A Doodlin' Song)
19 Moonlight Saving Time
20 Bang Goes the Drum (And You're in Love)
21 Middle of Love
22 Plus Je T'Embrasse
23 Give Him the Ooh la La
24 Guys and Dolls
25 Rhode Island Is Famous for You
26 Boum
27 Ev'rything I've Got
28 I Hear Music
29 Tout Doucement

ジャズ・ボーカル ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : ジャズ・ボーカル ジャズ ボーカル 1970年

Jo Mama(ジョー・ママ) 「Sailing」

前回に引き続き、グッド・ミュージックをどうぞ。








キラキラと反射する海面を走るヨットの光景が目に浮かぶような、そして、アビゲイル・ヘイネスのソウルフルなボーカルが素晴らしい1曲。



ダニー・コーチマーとチャールズ・ラーキーが、キャロル・キングとのバンド「ザ・シティー」の後に結成したのが「ジョー・ママ」。

Abigale Haness - Vocals
Danny "Kootch" Kortchmar - Guitar, Conga, Vocals
Charles Larkey - Bass
Joel OBrien - Drums, Vibraphone
Ralph Schuckett - Keyboards, Vocals



キャロル・キングはソロで売れ、ダニー・コーチマーはセッション・ミュージシャンとして活躍していくことに。



1970年のファーストアルバム「Jo Mama」。

幅広い音楽性を持ったアルバムで、ソウルファンクジャズフォークブルースといった様々なジャンルの要素が感じられ、なおかつそれらが「ジョー・ママ」のサウンドとして見事に一体化しています。

当時、コレが売れなかったのはなぜなんでしょうね~

ジョー・ママ(紙ジャケット仕様)ジョー・ママ(紙ジャケット仕様)
(2003/02/26)
ジョー・ママ

商品詳細を見る


70年代ロック ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ロック ボーカル ソウル ファンク ジャズ フォーク ブルース ダニー・コーチマー キャロル・キング 1970年

George Harrison(ジョージ・ハリスン) 「My Sweet Lord」

いよいよ!9/9にビートルズの全オリジナル・アルバムのリマスター盤が発売されますね。



でも・・・
ビートルズじゃなくてジョージ・ハリスンのソロを取り上げちゃう、この天邪鬼ぶり(笑)

コノ曲すご~く好きなんですけど、盗作問題でエライ裁判沙汰になった曲だったんですよね。



自らをダーク・ホース呼ばわりする皮肉屋なジョージ・ハリスンですけど、ビートルズのメンバー中においては致し方なかったのかも。

ビートルズ時代を含めて気になる楽曲が多くて、人間性にも惹かれるところがあるんですよね~

あんまりうまくは言えないんですけど。



ジョージ・ハリスンの抑えられていた才能が一気に噴出した最高傑作!
当時はLPレコード3枚組!というすんごいボリュームで発売された「All Things Must Pass」(1970年)に収録されてます。

All Things Must PassAll Things Must Pass
(1990/10/25)
George Harrison

商品詳細を見る


あえてリマスター盤(ニュー・センチュリー・エディション)を選ばないのは天邪鬼だから?

70年代ロック ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ロック ビートルズ ソロ リマスター 1970年

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中!
↓ポチッとお願いします!

SkyClock
ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/
プロフィール

武蔵野 観月堂

Author:武蔵野 観月堂
お気に入りジャケデザインの
「It's a Beautiful Day」

検索フォーム
RSSリンク
カテゴリ
War (1)
タグリスト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
楽天市場で探す
楽天市場
CD・DVDジャンルトップで探す

中古販売・買取サイト


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

フルイチオンライン
FC2カウンター
QRコード
QRコード
ディスク修復なら
CDに傷がついた・・・音飛びする、再生できない・・・ そんなCDを復活!!
楽天CD市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。