「武蔵野 観月堂」がアマゾンマーケットプレイスで現在販売している商品一覧が
下記リンクでご覧になれます。

武蔵野 観月堂 取扱商品一覧ページへ行く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←ポチッとお願いします!

The Beatles(ビートルズ) 「Christmas Time (Is Here Again)」

12月になると街では、どこに行ってもクリスマスソングが流れるようになりますね。

世の中に、一体どれだけのクリスマスソングがあるんでしょうか?

などと言いつつ、ここでもやっぱりクリスマスソングを選んでみたり。(笑)




Christmas Time is Here Again
(Lennon/McCartney/Harrison/Starkey)

Christmas time is here again
Christmas time is here again
Christmas time is here again
Christmas time is here again

Ain't been round since you know when
Christmas time is here again
O-U-T spells "out"

Christmas time is here again
Christmas time is here again
Christmas time is here again
Christmas time is here again

Ain't been round since you know when
Christmas time is here again
O-U-T spells "out"

Christmas time is here again
Christmas time is here again
Christmas time is here again
Christmas time is here again

Ain't been round since you know when
Christmas time...


This is Paul McCartney here, I'd just like to wish you everything you wished yourself for Christmas.

This is John Lennon saying on behalf of the Beatles, have a very Happy Christmas and a good New Year.

George Harrison speaking. I'd like to take this opportunity to wish you a very Merry Christmas, listeners everywhere.

This is Ringo Starr and I'd just like to say Merry Christmas and a really Happy New Year to all listeners.

And Christmas time is all and your bonnie clay us through.
Happy breastling to you people all out best from me to you.
When the beasty brangom button to the heather and little inn.
And be strattened oot in matether to yer arms once back again.
Och away, ye bonnie.



ゆったりリズムと、力の抜けたコーラスが心地よい1曲です。

何かとせわしない年の瀬に、ちょっと一息つける感じでちょうどいいかな~などと思ったりします。



この曲はもともと、ファンクラブの会員向けに限定配布されていたクリスマス・ソノシート用のもの。

1963年から1969年まで配布されていたそうで、「Christmas Time (Is Here Again)」は1967年のバージョン。

そのオリジナル版(6:17)を再編集し、「Free As a Bird」に収録しています。

1995年の発売当時、世界的話題だったビートルズの新曲「Free As a Bird」。

ついこの間のような気がしていましたが、もう随分と前のことなんですよね~

「光陰矢のごとし」

この言葉が年々重みを増してくる気がする今日この頃です。(笑)



Free As a Bird
Free As a Bird
posted with amazlet at 11.12.03
Beatles
EMI Import (2003-11-04)
売り上げランキング: 68502


1. Free As A Bird
2. I Saw Her Standing There
3. This Boy
4. Christmas Time (Is Here Again)


「Christmas Time (Is Here Again)」のオリジナル版がどんなものだったかというと・・・

The Beatles 1967 Christmas Record


・・・こんな感じでした。



90年代 ロック
関連記事
スポンサーサイト
←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 90年代ロック ロック リズム コーラス 1995年 1963年 1967年 1969年

Erma Franklin(アーマ・フランクリン)「Hold On, I'm Coming」

ド定番ソングのファンキーなカバーです!



歌っているのはアーマ・フランクリン。

“クイーン・オブ・ソウル” Aretha Franklin(アレサ・フランクリン)のお姉さんです。

原曲はもちろん、サム&デイヴ

以前に、「定番バンザイ!」と書いた記事で紹介したことがありました。

サム&デイヴのアルバム「Hold On, I'm Comin'」が発表された1966年の3年後、1969年に発表されたアーマ・フランクリンのアルバム「Soul Sister」に収録されています。



サム&デイヴのオリジナルもファンキーな1曲ですが、アーマ・フランクリンのカバーバージョンは、また一味違ったファンキーさです。

うねるようなリズムに、印象的なホーンセクション。

ソフトなコーラスとのコントラストが効いた、パワフルでソウルフルなアーマ・フランクリンのボーカル

さすがは、アレサ・フランクリンのお姉さん!という感じです。

アーマ・フランクリンも、もっと評価されてイイんじゃないかな~

なんて思ってみたりもする訳ですが。



そしたら、スペインのレーベル「Vampisoul」がリイシュー盤を出したんです。

オリジナルの「Soul Sister」に、ボーナストラックを3曲加え、つけられたタイトルは「Super Soul Sister」。

Soul SisterSoul Sister
(2011/06/07)
Erma Franklin

商品詳細を見る


1. By The Time I Get To Phoenix
2. Change My Thoughts From You
3. Light My Fire
4. You've Been Cancelled
5. For Once in My Life
6. Can't See My Way
7. Hold On I'm Coming
8. Saving My Love for You
9. Son of a Preacher Man
10. Gotta Find Me a Lover
11. Baby I Love You
12. Whisper's (Gettin' Louder) (bonus track)
13. Higher & Higher (bonus track)
14. I Get the Sweetest Feelin' (bonus track)



Vampisoul Records、なかなかイイ仕事をしてくれます。



60年代ソウル ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 60年代ソウル ソウル サム&デイヴ カバー 1966年 1969年 ホーン コーラス ボーカル

Dave Grusin(デイヴ・グルーシン) 「Ascension To Virginity」

今回は映画で使われていた曲から。

たくさんの映画に曲を提供しているデイヴ・グルーシンですが、こんな曲も作ってたんですね~




こういう感じのノリは、かなり好きな曲のタイプです。

この映画は「Candy」(1968年)。

エンディングで 「Ascension To Virginity」に続いて使われているのは、The Byrds(バーズ)の「Child Of The Universe」ですね。

今となってはB級カルトムービー(ちょっとエッチ系?笑)の部類ですが、結構な役者陣が出演してます。

キャンディ [DVD]キャンディ [DVD]
(2003/12/21)
エヴァ・オーリン、マーロン・ブランド 他

商品詳細を見る

エヴァ・オーリン(主演)
シャルル・アズナブール
マーロン・ブランド
リチャード・バートン
ジェームズ・コバーン
ウオルター・マッソー
リンゴ・スター


ストーリーは支離滅裂(笑)

かなり偏った形で凝縮された60年代カルチャームービーといったところ。

主演のエヴァ・オーリンのカワイイさと、ベテラン俳優陣の可笑しな演技を楽しむ映画と言えるでしょう。


そしてこの「Ascension To Virginity」、少し前の映画でも使われたんですよね。

その映画は「オーシャンズ12」。

オーシャンズ 12 [DVD]オーシャンズ 12 [DVD]
(2005/07/01)
ジョージ・クルーニー、スティーヴン・ソダーバーグ 他

商品詳細を見る


やはりエンディングで使われてます。

オーシャンズシリーズの音楽を担当しているデヴィッド・ホルムズの選曲や作曲は、かなり良い感じで好きです。

劇中で使われているデヴィッド・ホルムズの「Yen On A Carousel」という曲があって、これがなかなかカッコいいんですが、「Ascension To Virginity」にリスペクトされてるんだろうな~という感じがします。



「Ascension To Virginity」は、デイヴ・グルーシンのアルバムで収録されているのが見つからないんですよね。

そして「Candy」のサントラはCD化されていないので、必然的に「オーシャンズ12」のサントラを選ぶほか無くなります。

オリジナル・サウンドトラック オーシャンズ12オリジナル・サウンドトラック オーシャンズ12
(2005/01/19)
サントラ、イエロー・ハマー 他

商品詳細を見る


1. L'Appuntamento
2. $165 Million + Interest (Into) The Round Up
3. L.S.D. Partie
4. Lifting The Building
5. 10:35 I Turn Off Camera 3
6. Crepuscolo Sul Mare
7. What R We Stealing
8. Faust 72
9. Stealing The Stock (Into) Le Renard De Nuit
10. 7/29/04 The Day Of
11. Lazy (Album Version)
12. Explosive Corrosive Joseph
13. Yen On A Carousel
14. The Real Story
15. Ascension To Virginity


まあ、このサントラは聴くのに十分な曲揃いなので、買って損はないですけどね。


動画のもう1曲、バーズの「Child Of The Universe」は「Dr Byrds & Mr Hyde(邦題:バーズ博士とハイド氏)」(1969年)に収録されてます。

バーズ博士とハイド氏バーズ博士とハイド氏
(2005/04/20)
ザ・バーズ

商品詳細を見る


1. This wheel's on fire
2. Old Blue
3. Your gentle way of loving me
4. Child of the universe
5. Nashville West
6. Drug store truck drivin' man
7. King Apathy III
8. Candy
9. Bad night at the Whiskey
10. Medley (My back pages)
11. Stanley's song
12. Lay lady lay
13. This wheel's on fire (2)
14. Medley (2) (My back pages)
15. Nashville West (alternate version)



参考までに「Candy - The Original Motion Picture Soundtrack」(LP)のデータとトラックリストを。

candy-OMS.jpeg

Label:ABC Records
Catalog#:ABCS-OC-9
Format:Vinyl, LP, Album, Stereo
Country:US
Released:1968

A1 Child Of The Universe – The Byrds
A2 Birth By Descent
A3 Opening Night, By Surgery
A4 Spec-Rac-Tac-Para-Comm
A5 Border Town Blues, A Blunt Instrument
A6 Magic Carpet Ride - Steppenwolf

B1 Constant Journey
B2 Every Mother's Daughter
B3 It's Always Because Of This, A Deformity
B4 Marlon And His Sacred Bird
B5 Ascension To Virginity
B6 Rock Me - Steppenwolf


60年代ジャズ 60年代フォークロック ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 60年代ジャズ 60年代フォークロック 1968年 1969年 Byrds サントラ

Electric Indian(エレクトリック・インディアン) 「My Cherie Amour」

スティービー・ワンダーのレア・グルーヴ・カバーですよ!



スティービー・ワンダーのマイ・シェリー・アモールが発表された1969年のうちに、早くもカバーでこんなグッドなバージョンが出てしまってたんですね~

原曲とは雰囲気がまったく異なってラテンアレンジのインストになってますが、これがまたイイんです!



エレクトリック・インディアンはスタジオ・ミュージシャンのグループだったようで、なるほど演奏が達者なのにもうなずけます。

そのメンバーのほとんどが後にMFSBに参加したと言うから、コノ曲のアレンジの良さもさらに納得がいきますね。



コノ曲の収録されたアルバム「KEEM-O-SABE」には、他にもオモシロイ曲があるんですが、残念ながらCD化はされいないかと・・・

Keem-O-Sabe.jpeg

1. KEEM-O-SABE
2. I HEARD IT THRUGH THE GRAPEVINE
3. SPINNING WHEEL
4. STORM WARNING
5. RAIN DANCE
6. GERONIMO
7. ONLY THE STRONG SURVIVE
8. MY CHERIE AMOUR
9. WHAT DOPES IT TAKE TO WIN YOUR LOVE
10. 1-2-3



そんな時には例によってフリーソウルのコンピ盤で!

フリー・ソウル ムーンフリー・ソウル ムーン
(1998/03/25)
オムニバスロウ・ソウル・エクスプレス

商品詳細を見る


60年代ソウル ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 60年代ソウル スティービー・ワンダー カバー 原曲 ラテン インスト MFSB 1969年

Blood, Sweat & Tears(ブラッド・スウェット&ティアーズ) 「More and More」

ソウルフルなボーカルとシャウト!轟くホーンセクション!



1969年のセカンドアルバム「Blood, Sweat & Tears」からの1曲。

名盤と呼ばれ、佳曲の多いこのアルバムから選ぶのが・・・
「Smiling Phases」でもなく、「Spinning Wheel」でもなく、「You've Made Me So Very Happy」でもない。

この迫力満点の「More and More」が!個人的にはベスト・トラックなんです。



バンド名がなんたって「血と汗と涙」ですからね!
コレくらい熱くなきゃ~ね!!



バンドを作ったアル・クーパーが、アルバム1枚で抜けて失速するかと思いきや、見事に脱皮して加速しちゃった感じですよね。

Blood, Sweat & TearsBlood, Sweat & Tears
(2000/09/07)
Blood Sweat & Tears

商品詳細を見る


60年代ロック ←ポチッとお願いします!

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

tag : 60年代ロック ボーカル ホーン ロック ソウル アル・クーパー 1969年

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中!
↓ポチッとお願いします!

SkyClock
ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/
プロフィール

武蔵野 観月堂

Author:武蔵野 観月堂
お気に入りジャケデザインの
「It's a Beautiful Day」

検索フォーム
RSSリンク
カテゴリ
War (1)
タグリスト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
楽天市場で探す
楽天市場
CD・DVDジャンルトップで探す

中古販売・買取サイト


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

フルイチオンライン
FC2カウンター
QRコード
QRコード
ディスク修復なら
CDに傷がついた・・・音飛びする、再生できない・・・ そんなCDを復活!!
楽天CD市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。