「武蔵野 観月堂」がアマゾンマーケットプレイスで現在販売している商品一覧が
下記リンクでご覧になれます。

武蔵野 観月堂 取扱商品一覧ページへ行く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←ポチッとお願いします!

Odetta(オデッタ) 「The Times They Are A-Changin'」

そろそろ夏も終わりかな~

なんて思うと、いち早く秋を感じに高地に行きたくなってきたりします。

そして、そんな気分を後押しする今日の1曲です。




The Times They Are A-changin' Lyrics
Songwriters: Bob Dylan


Come gather 'round people
Wherever you roam
And admit that the waters
Around you have grown
And accept it that soon
You'll be drenched to the bone.
If your time to you
Is worth savin'
Then you better start swimmin'
Or you'll sink like a stone
For the times they are a-changin'.

Come writers and critics
Who prophesize with your pen
And keep your eyes wide
The chance won't come again
And don't speak too soon
For the wheel's still in spin
And there's no tellin' who
That it's namin'.
For the loser now
Will be later to win
For the times they are a-changin'.

Come senators, congressmen
Please heed the call
Don't stand in the doorway
Don't block up the hall
For he that gets hurt
Will be he who has stalled
There's a battle outside ragin'.
It'll soon shake your windows
And rattle your walls
For the times they are a-changin'.

Come mothers and fathers
Throughout the land
And don't criticize
What you can't understand
Your sons and your daughters
Are beyond your command
Your old road is
Rapidly agin'.
Please get out of the new one
If you can't lend your hand
For the times they are a-changin'.

The line it is drawn
The curse it is cast
The slow one now
Will later be fast
As the present now
Will later be past
The order is
Rapidly fadin'.
And the first one now
Will later be last
For the times they are a-changin'.


言わずと知れたボブ・ディランの「時代は変る」。

ボブ・ディランが3枚目のアルバム「The Times They Are a Changin'」(1964年)を発表した翌年、この曲が収録されたディランのカバー・ソング・アルバム「Odetta Sings Dylan」(1965年)が発売されました。

原曲はもちろん好きなんですが、このオデッタのカバーバージョンもかなりお気に入りです。

どっしりと、そしてゆったりとしたこの感じ。

重なるアコースティックギターの音色と、温かみあるオデッタのが、どこか大地の広がりを感じさせるようです。

ここまでくると、ボブ・ディランの単なるカバーという枠を超えて、オデッタの「The Times They Are a-Changin'」と言える曲になっているように思えます。



オデッタは素晴らしいフォーク・シンガーなんですが、日本ではあまり馴染みがないのが残念なところです。

Sings DylanSings Dylan
(2008/09/02)
Odetta

商品詳細を見る


1. "Baby, I'm In The Mood For You"
2. "Long Ago, Far Away"
3. "Don't Think Twice, It's All Right"
4. Tomorrow Is A Long Time
5. Masters Of War
6. Walkin' Down The Line
7. The Times They Are A-Changin'
8. With God On Our Side
9. Long Time Gone
10. Mr. Tambourine Man
11. Blowin' In The Wind
12. Paths of Victory

60年代フォーク
スポンサーサイト
←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 60年代フォーク フォーク アコースティック ギター 1964年 1965年 原曲 カバー

Donovan(ドノヴァン) 「Sunny Goodge Stree」

なんだか少しだけ疲れた1日の終わりに。



ゆったりしたテンポの3拍子と、ドノヴァンの優しげなが心地よく響きます。



後の独特なサイケフォーク・ロックの曲も良いけれど、こういう素朴な感じの曲が、いかにも吟遊詩人のドノヴァンらしくていいな~と思ったりします。

なんだかよく分からない内容の歌詞も含めて。(笑)



"Sunny Goodge Street" (Donovan Leitch)

On the firefly platform on sunny goodge street
Violent hash-smoker shook a chocolate machine
Bobbed in an eating scene.
Smashing into neon streets in their stillness
Smearing their eyes on the crazy kali goddess
Listenin' to sounds of mingus mellow fantastic.
"my my" they sigh
"my my" they sigh.
In dull house rooms with coloured lights swingin'
Strange music boxes sadly tinklin'
Drink in the sun shining all around you.
Lyrics provided by

"my my" they sigh
"my my" they sigh mm mm.
"my my" they sigh
"my my" they sigh.
The magician he sparkles in satin and velvet
You gaze at his splendour with eyes you've not used yet.
I tell you his name is love love love.
"my my" they sigh
"my my" they sigh.
"my my" - sigh.


「Sunny Goodge Stree」が収録されているのは、セカンドアルバムの「Fairytale」(1965年)。

このアルバムジャケット、シンプルで好きなデザインです。

フェアリーテイル(紙ジャケット仕様)フェアリーテイル(紙ジャケット仕様)
(2006/07/26)
ドノヴァン

商品詳細を見る


1. Colours
2. To Try For The Sun
3. Sunny Goodge Street
4. Oh Deed I Do
5. Circus Of Sour
6. The Summer Day Reflection Song
7. Candy Man
8. Jersey Thursday
9. Belated Forgiveness Plea
10. Ballad Of A Crystal Man
11. Little Tin Soldier
12. The Battle of Geraldine
13. Universal Soldier (Bonus Track)
14. The Ballad of a Crystal Man (Bonus Track)
15. The War Drags On (Bonus Track)
16. Do You Hear Me Now (Bonus Track)
17. Turquoise (Bonus Track)
18. Hey Gyp (Dig The Slowness)(Bonus Track)

60年代フォークロック
関連記事
←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 60年代フォークロック サイケ フォーク・ロック 1965年

Hank Mobley(ハンク・モブレー) 「Recado Bossa Nova」

秋の夜長にあなたへのギフト!



ジャズ続きです。

歌モノでは「The Gift」のタイトルで知られる「Recado Bossa Nova」。

そして「Recado Bossa Nova」と言えば!

ハンク・モブレーですよ!



ジャズと言えばサックスですよ!それもテナー・サックス
完全な独断と偏見ですがね。

B級テナーなんて言われちゃったりしますけど、ハンク・モブレーはイイですよ!
マイルス・デイヴィスばかりがジャズじゃない!



酒を片手に、秋の夜はやっぱりジャズで。

何が"やっぱり"なんだか説得力のないままに、秋の夜は更けていくんです・・・


ハンク・モブレー(TS)、リー・モーガン(TP)、ハロルド・メイバーン(P)、ラリー・リドレー(B)、ビリー・ヒギンズ(DS)参加の1965年ブルーノートの傑作アルバム「Dippin'」の代表曲です!

ディッピンディッピン
(2009/06/10)
ハンク・モブレー

商品詳細を見る


60年代ジャズ ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 60年代ジャズ ジャズ サックス リー・モーガン ブルーノート 1965年

The Byrds(バーズ) 「I'll Feel a Whole Lot Better」

爽やかな休日です!




I'll Feel a Whole Lot Better

The reason why,
Oh, I can say,
I have to let you go, babe.
And right away.
After what you did
I can't stay on.
And I'll probably feel a whole lot better
When you're gone.

Baby, for a long time
You had me believe
That your love was all mine
And that's the way it would be.
But I didn't know
That you were putting me on.
And I'll probably feel a whole lot better
When you're gone.

Now, I've got to say
That it's not like before,
And I'm not gonna play
Your games any more.
After what you did
I can't stay on.
And I'll probably feel a whole lot better
When you're gone.
Oh, when you're gone.
Oh, when you're gone.
Oh, when you're gone.



バーズのファースト・アルバム「Mr. Tambourine Man」(1965年)で好きな曲のうちの1曲がコレ。

もう1曲挙げるとしたら、「It's no use」かな。

アルバムタイトルにもなっているボブ・ディランカバー「Mr. Tambourine Man」を始め、数々の名カバーを演奏しているバーズですが、オリジナルも優れて良い曲がたくさんあるんですよね~

特徴的なロジャー・マッギンの12弦ギターの音とコーラスが心地良い。
デヴィッド・クロスビーの後のCSN&Yでのコーラスの源流は、このバーズにあるんだろうな~と思ってみたり。


加えて、写真を使ったジャケットデザインも好きなものが多い。
このアルバムでは魚眼レンズで丸く歪んだ写真を黒バックにぽんっと使っていてシンプルだけどカッコイイ。

また、メンバーのファッションが良いんですよね!
時代が流れても通用する、今の時代に見ても洒落た感じがする「やりすぎていない」ファッション。

フォークロックの元祖であるバーズですが、あらゆる面でオンリー・ワンの存在なのかもしれません。

Mr. Tambourine ManMr. Tambourine Man
(1996/03/07)
The Byrds

商品詳細を見る


60年代フォークロック
関連記事
←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 60年代フォークロック フォーク ロック カバー ギター ボブ・ディラン CSN&Y 1965年

Hipster Image(ヒップスター・イメージ) 「Make Her Mine」

コイツはカッコイイっすよ!



1965年イギリスでシングルが1枚ヒットしただけというヒップスター・イメージ。

しかもこの「Make Her Mine」は「Can't Let Her Go」のB面だったそうな・・・

でも!そのB面が素晴らしいではないですか!

リズムは小気味良く、数あるモッズ・サウンドの中でも傑出した曲なのではないかと思う次第です。





そうそう!リーバイスのレディースモデルのCMで使われてたことがありました!





出演してるジェニファー・ラブ・ヒューイットが可愛かったですね~

CMの設定では困った娘でしたけどね・・・



それから、映画「スウィングガールズ」でスーパーの入口前でコノ曲を演奏するシーンがありましたね~





話は戻って、ヒップスター・イメージのヒット・シングルのA面の「Can't Let Her Go」はというと・・・

コノ曲でした。




バンド単体でのアルバムがないので、このコンピ盤でどうぞ。

1曲目に「Make Her Mine」が、そしてラスト26曲目に「Can't Let Her Go」が収録されてます。

The Mod SceneThe Mod Scene
(1998/11/16)
Various Artists

商品詳細を見る


60年代ロック ←ポチッとお願いします!

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

tag : 60年代ロック イギリス モッズ CM 映画 1965年

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中!
↓ポチッとお願いします!

SkyClock
ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/
プロフィール

武蔵野 観月堂

Author:武蔵野 観月堂
お気に入りジャケデザインの
「It's a Beautiful Day」

検索フォーム
RSSリンク
カテゴリ
War (1)
タグリスト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
楽天市場で探す
楽天市場
CD・DVDジャンルトップで探す

中古販売・買取サイト


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

フルイチオンライン
FC2カウンター
QRコード
QRコード
ディスク修復なら
CDに傷がついた・・・音飛びする、再生できない・・・ そんなCDを復活!!
楽天CD市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。