「武蔵野 観月堂」がアマゾンマーケットプレイスで現在販売している商品一覧が
下記リンクでご覧になれます。

武蔵野 観月堂 取扱商品一覧ページへ行く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←ポチッとお願いします!

Shuggie Otis(シュギー・オーティス) 「Strawberry Letter 23」

あなたにもらったイチゴの香りの手紙・・・




Strawberry Letter 23
lyrics by Shuggie Otis

Hello my love, I heard a kiss from you
Red magic satin playing near, too
All through the morning rain I gaze, the sun doesn't shine
Rainbows and waterfalls run through my mind

In the garden, I see
West purple shower bells and tea
Orange birds and river cousins
Dressed in green

Pretty music I hear
So happy and loud
Blue flower echo
From a cherry cloud

Feel sunshine sparkle pink and blue
Playgrounds will laugh
If you try to ask
"Is it cool?"

If you arrive and don't see me
I'm going to be with my baby
I am free, flying in her arms
Over the sea

Stained window yellow candy screen
See speakers of kite
With velvet roses diggin'
Freedom flight

A present from you
Strawberry letter twenty-two
The music plays I sit
In for a few



映画ジャッキー・ブラウン(Jackie Brown)」のサントラで使われていたのは、ブラザーズ・ジョンソン(Brothers Johnson)がカバーしたバージョンでした。

弱冠14才でアル・クーパー(Al Kooper)に才能を認められセッションに参加。

「Here Comes Shuggie Otis」でのアルバムデビューは15才の時。

その2年後の1971年にコノ曲が収録されたセカンドアルバム「Freedom Flight」を発表。

いくら親父がリズム・ブルーズ界の大御所ジョニー・オーティス(Johnny Otis)だったとしても、若き天才と過剰なまでの期待をされてしまうのも当然かと思えますね。



しかし、このPVアニメは完成度が高いです!
歌詞とのイメージは離れているにしても、曲とのイメージはなかなかのマッチングじゃないでしょうか。

シルエットの動物たちがなんともイイ感じです。



そうそう、歌詞には「Strawberry Letters 22」と歌われているのに、タイトルは23なのはなぜなんでしょうかね?


ファーストとセカンドが2in1になったCDで、若き天才の才能をお確かめください。

Here Comes Shuggie Otis/Freedom FlightHere Comes Shuggie Otis/Freedom Flight
(2003/10/14)
Shuggie Otis

商品詳細を見る


70年代ソウル
スポンサーサイト
←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ソウル 映画 ジャッキー・ブラウン カバー アル・クーパー 1971年

Hipster Image(ヒップスター・イメージ) 「Make Her Mine」

コイツはカッコイイっすよ!



1965年イギリスでシングルが1枚ヒットしただけというヒップスター・イメージ。

しかもこの「Make Her Mine」は「Can't Let Her Go」のB面だったそうな・・・

でも!そのB面が素晴らしいではないですか!

リズムは小気味良く、数あるモッズ・サウンドの中でも傑出した曲なのではないかと思う次第です。





そうそう!リーバイスのレディースモデルのCMで使われてたことがありました!





出演してるジェニファー・ラブ・ヒューイットが可愛かったですね~

CMの設定では困った娘でしたけどね・・・



それから、映画「スウィングガールズ」でスーパーの入口前でコノ曲を演奏するシーンがありましたね~





話は戻って、ヒップスター・イメージのヒット・シングルのA面の「Can't Let Her Go」はというと・・・

コノ曲でした。




バンド単体でのアルバムがないので、このコンピ盤でどうぞ。

1曲目に「Make Her Mine」が、そしてラスト26曲目に「Can't Let Her Go」が収録されてます。

The Mod SceneThe Mod Scene
(1998/11/16)
Various Artists

商品詳細を見る


60年代ロック ←ポチッとお願いします!

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

tag : 60年代ロック イギリス モッズ CM 映画 1965年

Nilsson(ニルソン) 「Everybody's Talkin'」

ニルソンの「うわさの男」



言わずと知れた映画「真夜中のカーボーイ(Midnight Cowboy)」の主題歌。
人によって賛否両論の「真夜中のカーボーイ」ですが、自分は好きな映画です。

真夜中のカーボーイ (2枚組特別編) [DVD]

主演のジョン・ヴォイトがカウボーイスタイルに着替えて町を歩く冒頭のシーンに、コノ曲がぴったりハマっててとても印象的でした。



主題歌は初めからコノ曲に決まっていたわけではなくて、編集時の仮歌で使われていたのを監督のジョン・シュレシンジャーが気に入って本採用になったそうです。

実際に映画で使われているのは、映画用のリテイク版なので絵の動きに合わせてアレンジなどが違ってます。



収録アルバムは「Aerial Ballet (空中バレー)」(1968年)

後のヒゲもじゃスタイルが想像できない爽やかな色使いとタッチのジャケットですよね。

空中バレー空中バレー
(2002/07/24)
ニルソン

商品詳細を見る


60年代ロック ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 60年代ロック 映画 1968年

T.Rex(T.レックス) 「Get It On (Bang A Gong)」

今回はコレ!



今日ですね・・・映画「20世紀少年 最終章」を見てきました。

ハイ。
T.レックスな理由はそれだけです・・・。



T.レックスでは「20th Century Boy」も好きですが、この「Get It On (Bang A Gong)」の方がイイですね~

80年代に「The Power Station」がカバーした曲ですよ。
パワー・ステーションは1985年結成のユニット。
ボーカル:ロバート・パーマー
ベース:ジョン・テイラー(デュラン・デュラン)
ギター:アンディ・テイラー(デュラン・デュラン)
ドラム:トニー・トンプソン(シック)

The Power Station - Get It On (Bang A Gong) MUSIC VIDEO






でも・・・・
「Metal Guru」も捨てがたいですね~







「Get It On (Bang A Gong)」収録アルバム(1971年)の邦題は・・・
そのまんま「電気の武者」!!

Electric WarriorElectric Warrior
(1990/10/25)
Marc Bolan / T. Rex

商品詳細を見る


70年代グラムロック ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代グラムロック 映画 1985年 1971年

Monday Michiru(マンディ・満ちる) 「Let It Go」

今日はコノ曲な気分です♪



大好きなんです。
マンディ・満ちるさん。

ミュージシャンであり、シンガーソングライターであり、プロデューサーであり、そして母親でもある。

母親がピアニストの秋吉敏子。
父親がアルト・サックス奏者のCharlie Mariano(チャーリー・マリアーノ)。


相米慎二監督の映画「光る女」(1987年)に出演してからしばらくは、「秋吉満ちる」の名前でTVなどにも出演していましたが、その後芸名を「Monday満ちる」に変えて、音楽シーンに活動の場を移しました。

90年代のモンド・グロッソのアルバムやライブにゲストボーカルとして参加したり、以前に紹介したSoul Bossa Trioのアルバムにも参加したり、当時のクラブシーンのあちこちで活躍をしてました。

Monday Michiru オフィシャルサイト



伸びやかでコシの強い声が素晴らしく、大好きな声なんですよね~

コノ曲は1999年のアルバム「Optimista」に収録されてます。

OptimistaOptimista
(2000/01/17)
Monday Michiru

商品詳細を見る


90年代ラテン
関連記事
←ポチッとお願いします!

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

tag : 90年代ラテン プロデューサー 映画 ボーカル マンディ・満ちる モンド・グロッソ 1999年

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中!
↓ポチッとお願いします!

SkyClock
ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/
プロフィール

武蔵野 観月堂

Author:武蔵野 観月堂
お気に入りジャケデザインの
「It's a Beautiful Day」

検索フォーム
RSSリンク
カテゴリ
War (1)
タグリスト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
楽天市場で探す
楽天市場
CD・DVDジャンルトップで探す

中古販売・買取サイト


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

フルイチオンライン
FC2カウンター
QRコード
QRコード
ディスク修復なら
CDに傷がついた・・・音飛びする、再生できない・・・ そんなCDを復活!!
楽天CD市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。