「武蔵野 観月堂」がアマゾンマーケットプレイスで現在販売している商品一覧が
下記リンクでご覧になれます。

武蔵野 観月堂 取扱商品一覧ページへ行く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←ポチッとお願いします!

Francoise Hardy(フランソワーズ・アルディ) 「Ma Jeunesse Fout L'Camp」

ついこの間まで夏っぽさが残っていたかと思いきや。

すっかり秋らしい感じの今日この頃ですね~

こうなってくると、しっとりと落ち着いた曲が聴きたくなったりします。

ということで、今回はこの曲です。



Ma Jeunesse Fout L'Camp
lyrics&music:Guy Bontempelli

Ma jeunesse fout l'camp tout au long d'un poème
Et d'une rime à l'autre, elle va bras ballants
Ma jeunesse fout l'camp à la morte fontaine
Et les coupeurs d'osier moissonnent mes vingt ans

Nous n'irons plus au bois, la chanson du poète
Le refrain de deux sous, les vers de mirliton
Qu'on chantait en rêvant aux garçons de la fête
J'en oublie jusqu'au nom, j'en oublie jusqu'au nom

Nous n'irons plus au bois chercher la violette
La pluie tombe aujourd'hui qui efface nos pas
Les enfants ont pourtant des chansons plein la tête
Mais je ne les sais pas, mais je ne les sais pas

Ma jeunesse fout l'camp sur un air de guitare
Elle sort de moi-même, en silence à pas lents
Ma jeunesse fout l'camp, elle a rompu l'amarre
Elle a dans ses cheveux les fleurs de mes vingt ans

Nous n'irons plus au bois, voici venir l'automne
J'attendrai le printemps en effeuillant l'ennui
Il ne reviendra plus et si mon cœur frissonne
C'est que descend la nuit, c'est que descend la nuit

Nous n'irons plus au bois, nous n'irons plus ensemble
Ma jeunesse fout l'camp au rythme de tes pas
Si tu savais pourtant comme elle te ressemble
Mais tu ne le sais pas, mais tu ne le sais pas



1967年のアルバム「Ma Jeunesse Fout L'camp...(邦題:もう森へなんか行かない)」のタイトル曲。

物静かで、ちょっと寂しげな雰囲気が、なんとなく秋という季節にしっくりする気がします。

秋の雰囲気に合う感じがするのは、過ぎ行く青春を歌った曲だからかもしれません。

フランソワーズ・アルディの落ち着いたトーンのが、さらにそう感じさせるということもありますが。



シャンソンっぽさを感じさせる曲ですが、この曲はシンガー・ソングライターからソングライターに転進した、Guy Bontempell(ギイ・ボンタンペッリ)の作。

フランソワーズ・アルディだけではなく、ブリジット・バルドーなんかにも曲を提供しています。

フランソワーズ・アルディは、フレンチポップにくくられることも多いですが、どちらかと言えばフォークよりのシンガー・ソングライターなのかな~と思います。



以前にも書いているのですが。。。

フランソワーズ・アルディが大好きです。

今回の動画のように、当時のアルディが歌っている姿を見ることができるのはとても嬉しいですね~

まあ、気がつくと、残念ながら動画が削除されてしまっていたりするんですがね。。。

今回の動画は、いつまで見ることができるかな~



もう森へなんか行かない(CCCD)
フランソワーズ・アルディ
EMIミュージック・ジャパン (2003-09-26)
売り上げランキング: 508982


1. Ma Jeunesse Fout L'Camp
2. Viens La
3. Mon Amour Adieu
4. La Fin De L'Ete
5. En Vous Aimant Bien
6. Qui Peut Dire
7. Des Ronds Dans L'Eau
8. Il N'Y A Pas D'Amour Heureux
9. Il Est Trop Loin
10. Mais Il Y A Des Soirs
11. Voila
12. C'Etait Charmant

60年代フレンチポップ
関連記事
スポンサーサイト
←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 60年代フレンチポップ フレンチポップ シンガー・ソングライター シャンソン フォーク 1967年

Tom Waits(トム・ウェイツ) 「(Looking For) The Heart Of Saturday Night」

上着を1枚羽織るような、そんな秋めいた季節になってくると・・・

センチメンタルな曲が聴きたくなるような、そんな感じがします。




(Looking For) The Heart Of Saturday Night Lyrics
Songwriters: Tom Waits

Well you gassed her up
Behind the wheel
With your arm around your sweet one
In your Oldsmobile
Barrelin' down the boulevard
You're looking for the heart of Saturday night

And you got paid on Friday
And your pockets are jinglin'
And you see the lights
You get all tinglin' cause you're cruisin' with a 6
And you're looking for the heart of Saturday night

Then you comb your hair
Shave your face
Tryin' to wipe out ev'ry trace
All the other days
In the week you know that this'll be the Saturday
You're reachin' your peak

Stoppin' on the red
You're goin' on the green
'Cause tonight'll be like nothin'
You've ever seen
And you're barrelin' down the boulevard
Lookin' for the heart of Saturday night

Tell me is the crack of the poolballs, neon buzzin?
Telephone's ringin'; it's your second cousin
Is it the barmaid that's smilin' from the corner of her eye?
Magic of the melancholy tear in your eye.

Makes it kind of quiver down in the core
'Cause you're dreamin' of them Saturdays that came before
And now you're stumblin'
You're stumblin' onto the heart of Saturday night

Well you gassed her up
And you're behind the wheel
With your arm around your sweet one
In your Oldsmobile
Barrellin' down the boulevard,
You're lookin' for the heart of Saturday night

Is the crack of the poolballs, neon buzzin?
Telephone's ringin'; it's your second cousin
And the barmaid is smilin' from the corner of her eye
Magic of the melancholy tear in your eye.

Makes it kind of special down in the core
And you're dreamin' of them Saturdays that came before
It's found you stumblin'
Stumblin' onto the heart of Saturday night
And you're stumblin'
Stumblin onto the heart of Saturday night



孤高のシンガーソングライター、そして「酔いどれ詩人」トム・ウェイツ、初期の傑作アルバム「The Heart of Saturday Night」(1974年)のタイトル・トラック。

しゃがれた、侘しげなギターの響き。

くわえ煙草に無精ひげ、緩んだネクタイにキャスケット。

煙たい酒場で安いバーボンを一人飲む。



もしかしたら、女性には理解し難いかもしれないトム・ウェイツの良さ。

男なら、なんだか沁みてくるその曲の良さ。

特に、肌寒さを感じる季節になってくるとね。



などと、勝手なイメージを広げつつ聴いてしまったりするのが、このアルバムだったりするんですよね~

喉にカーッとくる酒が飲みたくなってきますね、久しぶりに。

土曜日の夜(SHM-CD)
土曜日の夜(SHM-CD)
posted with amazlet at 11.09.23
トム・ウェイツ
ワーナーミュージック・ジャパン (2009-08-26)
売り上げランキング: 173286


1. New Coat Of Paint
2. San Diego Serenade
3. Semi Suite
4. Shiver Me Timbers
5. Diamonds On My Windshield
6. (Looking For) The Heart Of Saturday Night
7. Fumblin' With The Blues
8. Please Call Me, Baby
9. Depot, Depot
10. Drunk On The Moon
11. The Ghosts Of Saturday Night (After Hours At Napoleone's Pizza House

70年代フォークロック ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代フォークロック フォークロック シンガー・ソングライター ギター 1974年

Eric Clapton(エリック・クラプトン) 「Motherless Children」

夏が戻ってきた!

という感じの今日の暑さです。。。

そんな暑さで聴きたくなったのがこの曲でした。




Motherless Children
Songwriters: Carl Radle;Eric Patrick Clapton

Motherless children have a hard time when mother is dead, lord.
Motherless children have a hard time when mother is dead, lord.
They don't have anywhere to go;
Wandering around from door to door.
Nobody treats you like a mother will when your mother is dead, lord.

Father will do the best he can when your mother is dead, lord.
Father will do the best he can when your mother is dead, lord.
Father will do the best he can;
So many things a father can't understand.
Nobody treats you like a mother will when your mother is dead, lord.

Sister will do the best she can when your mother is dead, lord.
Sister will do the best she can when your mother is dead, lord.
Sister will do the best she can;
So many things a sister can't understand.
Nobody treats you like a mother will when your mother is dead.

When your mother is dead, when your mother is dead.
When your mother is dead, Lord, when your mother is dead.



控えめなイントロから始まり、ドラムが入ってくると、盛り上がる期待感がどんどん膨らみます。

そして「キターっ!」という感じの、疾走感あるスライドギターがなんともカッコイイです。

それなのにボーカルは抑えた感じで、これがまた渋い。

エリック・クラプトンのは元々量があまりないのですが、それはそれで「味」になってるんじゃないでしょうか。



薬物依存症から復活したエリック・クラプトンの、復活1枚目のアルバム「461 Ocean Boulevard」(1974年)。

そのアルバムのオープニング曲が「Motherless Children」です。

アルバム全体は、のんびりムードが漂ってます。

それもあってか、クラプトン・ファンには少々不評だったりもする「461 Ocean Boulevard」です。

でも、ジャケット写真のイメージも含め、トータルでまとまった良いアルバムだと、自分は思うんですけどね~

このアルバムで最も知られた曲は、やはりボブ・マーリーカバー曲「I Shot The Sheriff」でしょう。

461 Ocean Boulevard
461 Ocean Boulevard
posted with amazlet at 11.09.14
Eric Clapton
Polydor / Umgd (1996-08-20)
売り上げランキング: 46502


1. Motherless Children
2. Give Me Strength
3. Willie And The Hand Jive
4. Get Ready
5. I Shot The Sheriff
6. I Can't Hold Out
7. Please Be With Me
8. Let It Grow
9. Steady Rollin' Man
10. Mainline Florida



「Motherless Children」は、エリック・クラプトンのライブ・コンサートで繰り返し演奏される曲の一つです。

YouTubeにも、各年代の動画がアップされてます。

こちらは1985年のライブ映像。




2006年のライブ映像。




70年代ロック ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ロック ロック ギター ドラム ボーカル カバー ボブ・マーリー 1974年 1985年

Odetta(オデッタ) 「The Times They Are A-Changin'」

そろそろ夏も終わりかな~

なんて思うと、いち早く秋を感じに高地に行きたくなってきたりします。

そして、そんな気分を後押しする今日の1曲です。




The Times They Are A-changin' Lyrics
Songwriters: Bob Dylan


Come gather 'round people
Wherever you roam
And admit that the waters
Around you have grown
And accept it that soon
You'll be drenched to the bone.
If your time to you
Is worth savin'
Then you better start swimmin'
Or you'll sink like a stone
For the times they are a-changin'.

Come writers and critics
Who prophesize with your pen
And keep your eyes wide
The chance won't come again
And don't speak too soon
For the wheel's still in spin
And there's no tellin' who
That it's namin'.
For the loser now
Will be later to win
For the times they are a-changin'.

Come senators, congressmen
Please heed the call
Don't stand in the doorway
Don't block up the hall
For he that gets hurt
Will be he who has stalled
There's a battle outside ragin'.
It'll soon shake your windows
And rattle your walls
For the times they are a-changin'.

Come mothers and fathers
Throughout the land
And don't criticize
What you can't understand
Your sons and your daughters
Are beyond your command
Your old road is
Rapidly agin'.
Please get out of the new one
If you can't lend your hand
For the times they are a-changin'.

The line it is drawn
The curse it is cast
The slow one now
Will later be fast
As the present now
Will later be past
The order is
Rapidly fadin'.
And the first one now
Will later be last
For the times they are a-changin'.


言わずと知れたボブ・ディランの「時代は変る」。

ボブ・ディランが3枚目のアルバム「The Times They Are a Changin'」(1964年)を発表した翌年、この曲が収録されたディランのカバー・ソング・アルバム「Odetta Sings Dylan」(1965年)が発売されました。

原曲はもちろん好きなんですが、このオデッタのカバーバージョンもかなりお気に入りです。

どっしりと、そしてゆったりとしたこの感じ。

重なるアコースティックギターの音色と、温かみあるオデッタのが、どこか大地の広がりを感じさせるようです。

ここまでくると、ボブ・ディランの単なるカバーという枠を超えて、オデッタの「The Times They Are a-Changin'」と言える曲になっているように思えます。



オデッタは素晴らしいフォーク・シンガーなんですが、日本ではあまり馴染みがないのが残念なところです。

Sings DylanSings Dylan
(2008/09/02)
Odetta

商品詳細を見る


1. "Baby, I'm In The Mood For You"
2. "Long Ago, Far Away"
3. "Don't Think Twice, It's All Right"
4. Tomorrow Is A Long Time
5. Masters Of War
6. Walkin' Down The Line
7. The Times They Are A-Changin'
8. With God On Our Side
9. Long Time Gone
10. Mr. Tambourine Man
11. Blowin' In The Wind
12. Paths of Victory

60年代フォーク ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 60年代フォーク フォーク アコースティック ギター 1964年 1965年 原曲 カバー

Annett Louisan(アネット・ルイザン) 「Verschwinde」

今日はノンビリ気分でこんな曲。




Verschwinde
Songtext von Annett Louisan - Verschwinde, Lyrics


Ich hab schon, alkohol entzogen
mich am Tag, ungefähr 12 mal gewogen
ich kann dir sagen, einfach, einfach war das nicht
hab Päckchen über dem Klo zerrissen
zigaretten zerrissen
und ab heute, hey ab heute Süßer
hey, entzieh ich dir
hat' auch schon ganz schön harte Zeiten
sah ne Menge dunkle Seiten an mir und an andere noch dazu

du bist nicht gut, nicht gut für mich
und so leid es mir tut, ab heute entzieh ich dich
werf alles weg, was ich habe, alles weg, was ich finde
von mir weg und jetzt verschwinde, und jetzt verschwinde
und jetzt verschwinde, und jetzt verschwinde

hab in der Schule äußerst viel gelogen
und so mancher Zahn, wurd mir schon gezogen
und das alles, und das alles hab ich überlebt
klaute bei Karstadt schwarze Tangas
vieleicht, ja auch wo anders
doch das schwärzeste daran, wars du

du bist nicht gut, nicht gut für mich
und so leid es mir tut, ab heute entzieh ich dich
werf alles weg, was ich habe, alles weg, was ich finde
von mir weg und jetzt verschwinde, und jetzt verschwinde
und jetzt verschwinde, und jetzt verschwinde

ich weiß genau, ich seh das alles föllig richtig
also schnall es endlich auch
schade um die Zeit die mir bevorsteht
falls nicht jemand an der Uhr dreht
damit ich etwa um ein Jahr, denn es kommt der Tag
da ist es vorbei, das ist der Tag
auf den ich mich jetzt schon so freu
so ein wunderbarer Tag das werden wird
und verschwinde, und jetzt verschwinde, und jetzt verschwinde
und jetzt verschwinde, und jetzt verschwinde



このブログには珍しく、最近の曲を取り上げました。

アネット・ルイザンは、2004年デビューのドイツのポップ・シンガー。

少し幼さを感じさせる顔立ちは、小悪魔系(?)になるのかな~

もソフトで、ちょっとウィスパーボイスっぽい感じですね。

これまでのアルバムで、少しずつ雰囲気の異なる音楽を披露してきました。

が、総じてその印象は、ノスタルジック。

どこか、1950年代ヨーロッパ音楽を感じさせるような曲が多いです。

アコースティックな弦楽器が多用されることも、その一因かもしれません。



「Verschwinde」が収録されているのは、通算5枚目のアルバム「In Meiner Mitte
」(2011年)。

ただ・・・

残念ながら、アネット・ルイザンのアルバムは、日本では手に入りにくいです。

5枚のアルバム中、日本盤が出ているのは4枚目のアルバム「teilzeithippie/快楽主義=パートタイムヒッピー=」だけ。

その他のアルバムは、輸入盤で探すしかありません。


In Meiner MitteIn Meiner Mitte
(2011/04/12)
Annett Louisan

商品詳細を見る


1. In Meiner Mitte
2. Verschwinde
3. Wu"rdest Du
4. Allein Und Beisammen
5. Pa"rchenallergie
6. Wenn Zwei Zueinander Passen
7. Auf Der Jagd Nach Mr. Big
8. Schlaf (Morgen Fru"h Bist Du Zuru"ck)
9. Kleiner Augenblick
10. Zweite Chance
11. Scho"ner Starker Tag
12. Von Der Liebe
13. Vorsicht! Zerbrechlich


まあ、それでも今は、日本にいながら世界中のAmazonで買い物ができるようになってますからね~

その気になれば、ほとんどのCDを手に入れることができます。

まったく、すごい世の中になったモンです。。。


00年代ポップス ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 00年代ポップス ドイツ ウィスパーボイス 1950年代 ヨーロッパ アコースティック

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中!
↓ポチッとお願いします!

SkyClock
ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/
プロフィール

武蔵野 観月堂

Author:武蔵野 観月堂
お気に入りジャケデザインの
「It's a Beautiful Day」

検索フォーム
RSSリンク
カテゴリ
War (1)
タグリスト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
楽天市場で探す
楽天市場
CD・DVDジャンルトップで探す

中古販売・買取サイト


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

フルイチオンライン
FC2カウンター
QRコード
QRコード
ディスク修復なら
CDに傷がついた・・・音飛びする、再生できない・・・ そんなCDを復活!!
楽天CD市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。