「武蔵野 観月堂」がアマゾンマーケットプレイスで現在販売している商品一覧が
下記リンクでご覧になれます。

武蔵野 観月堂 取扱商品一覧ページへ行く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←ポチッとお願いします!

Tania Maria(タニア・マリア) 「Fio Maravilha」

今日は、かっこいいブラジリアン・ジャズの1曲を。




"Fio Maravilha"
Jorge Ben Jor - Filho Maravilha Lyrics

E novamente ele chegou com inspiração
Com muito amor, com emoção, com explosão e gol
Sacudindo a torcida
Aos trinta e três minutos do segundo tempo
Depois de fazer uma jogada celestial em gol
Tabelou, driblou dois zagueiros
Deu um toque driblou o goleiro
Só não entrou com bola e tudo
Porque teve humildade em gol
Foi um gol de classe
Onde ele mostrou sua malícia e sua raça
Foi um gol de anjo
Um verdadeiro gol de placa
Que a galera agradecida assim cantava
Fio Maravilha nós gostamos de você
Fio Maravilha, faz mais um prá gente ver



以前に「Come With Me」で紹介したタニア・マリアの、1975年のアルバム「Via Brasil 1l」収録の「Fio Maravilha」。

この曲は偉大なるブラジルのミュージシャン、ジョルジ・ベンジョールカバーです。

ジョルジ・ベンジョールは、以前に「Take It Easy My Brother Charles」を取り上げたことがありました。

原曲は比較的落ち着いた曲調なのですが、タニア・マリアのバージョンはかなりファンキーになっています。

これだけのファンキーさを、ピアノベースドラムトリオで聴かせるというところがスゴイ。

ボーカルは言わずもがな、タニア・マリアのピアニストとしての実力が存分に発揮された曲でもあります。



Via Brasil 1」は、フランスで録音されてます。

70年代ブラジルの時代背景によって、このアルバムも多分にもれず本国以外での録音になってるんですね。

国内盤、輸入盤ともにCDが発売されていますが、いずれ・・・そう遠くはない時期に入手困難になるでしょうね。。。

Via Brasil 1
Via Brasil 1
posted with amazlet at 11.09.17
Tania Maria
Sunny Side (2006-03-14)
売り上げランキング: 328169


1. Samba De Orly
2. Jorge Ben Medley
3. Ate Quem Sabe
4. Abre Alas
5. Fio Maravilha
6. A Cruz
7. Aguas De Marco
8. Bedeu
9. Nao Tem Perdao
10. Via Brasil Medley

70年代ジャズ
関連記事
スポンサーサイト
←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ジャズ ジャズ ブラジル ジョルジ・ベンジョール カバー 原曲 ピアノ ベース ドラム トリオ

Robert Palmer(ロバート・パーマー) 「Every Kinda People」

今日の1曲は「愛しき人々」という邦題のコノ曲です。



Every Kinda People - Robert Palmer
Words & Music : Andy Fraser



Said the fight to make ends meet
Keeps a man upon his feet
Holding down his job
Trying to show he can't be bought
Ooh, it takes every kind of people
To make what life's about, yeah
Every kind of people
To make the world go 'round

Someone's looking for a lead
In his duty to a King or creed
Protecting what he feels is right
Fights against wrong with his life

There's no profit in deceit
Honest men know that
Revenge do not taste sweet
Whether yellow, black or white
Each and every man's the same inside

It takes every kind of people
To make what life's about, yeah
Every kind of people
To make the world go 'round

You know that love's the only goal
That could bring a peace to any soul
Hey, and every man's the same
He wants the sunshine in his name

Ooh, it takes every kind of people...



伊達男ロバート・パーマーの曲の中でも、この「Every Kinda People」は最も好きだと言える曲です。

動画ではシンセサイザーで代用されていますが、本来はスティール・パンが使われている印象的なメロディ。

そして、ベースが効いていて気持ちが良い。

間奏部のトランペットも良いですね~

ロバート・パーマーの渋いが良いのは言わずもがな。



博愛に満ちた歌詞もまた良い。

誠実な人は、偽りや復讐が何も生まないことを知っているのさ。
肌の色が、黄色いか 黒いか 白いか なんて関係ない。
あらゆる人の中身は、みな同じ人間なんだから。



それから、「Every Kinda People」が収録されているアルバム「Double Fun」(1978年)。

この、ちょっと意味深な感じ(笑)のジャケットがまた良い。

Double FunDouble Fun
(1990/06/15)
Robert Palmer

商品詳細を見る


1. Every Kinda People
2. Best Of Both Worlds
3. Come Over
4. Where Can It Go?
5. Night People
6. Love Can Run Faster
7. You Overwhelm Me
8. You Really Got Me
9. You're Gonna Get What's Coming



脱ぎ捨てられたビキニ2着を前にして、にやけるロバート・パーマー。

・・・きっと、彼も裸なんでしょう(ニヤニヤ)



なんだか「良い」としか書いてないですが、それだけ「好きなんだからしょうがない(笑)」ということでご勘弁ください。

70年代ソウル
関連記事
←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ソウル シンセサイザー スティール・パン ベース トランペット 1978年

Buffalo Springfield(バッファロー・スプリング・フィールド) 「For What It's Worth」

コレは名曲です!



For What It's Worth
songs by Buffalo Springfield

There's something happening here
What it is ain't exactly clear
There's a man with a gun over there
Telling me I got to beware

I think it's time we stop, children, what's that sound
Everybody look what's going down

There's battle lines being drawn
Nobody's right if everybody's wrong
Young people speaking their minds
Getting so much resistance from behind

I think it's time we stop, hey, what's that sound
Everybody look what's going down

What a field-day for the heat
A thousand people in the street
Singing songs and carrying signs
Mostly say, hooray for our side

It's time we stop, hey, what's that sound
Everybody look what's going down

Paranoia strikes deep
Into your life it will creep
It starts when you're always afraid
You step out of line, the man come and take you away

We better stop, hey, what's that sound
Everybody look what's going down
Stop, hey, what's that sound
Everybody look what's going down
Stop, now, what's that sound
Everybody look what's going down
Stop, children, what's that sound
Everybody look what's going down



コノ曲のメイン・ボーカルスティーヴン・スティルス

スティーヴン・スティルス(Stephen Stills) - ギター・キーボード・ボーカル
リッチー・フューレイ(Richie Furay) - ギターボーカル
ニール・ヤング(Neil Young) - ギターピアノボーカル
デューイ・マーティン(Dewey Martin) - ドラムス
ブルース・パーマー(Bruce Palmer) - ベース

1966年4月1日のこと。
サンセット通りで交通渋滞にはまっていた スティーヴン・スティルスとリッチー・フューレイは、反対車線にカナダ・ナンバーの霊柩車を見つけます。
その霊柩車に乗っていたのはニール・ヤングとブルース・パーマー。

この偶然が、バッファロー・スプリング・フィールド結成のきっかけとなる・・・



もはや伝説化したバッファロー・スプリング・フィールド結成のエピソードですね。


Buffalo SpringfieldBuffalo Springfield
(2000/03/13)
Buffalo Springfield

商品詳細を見る


しかし、この後続くバンド結成→解散の繰り返しを考えると、スティーヴン・スティルスニール・ヤングって一体、仲が良いのやら悪いのやら。

60年代ロック ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 60年代ロック ボーカル スティーヴン・スティルス ニール・ヤング ギター ドラムス ピアノ ベース 伝説

Creedence Clearwater Revival(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル) 「Down On The Corner」

たまにはチョッと泥臭いサザンロックでも聴きますか。



"Creedence Clearwater Revival"は"CCR"の略称で呼ばれる方が多いですかね。
サザンロックの先駆けなんて言われたりしますが、良くも悪くも南部っぽい。


カントリー風な味付けもあったりして。


だって!

"たらい"ベースに洗濯板っすよ!
もう!サイコー!!

しかもジョン・フォガティの、渋くてイイな~



アルバム(1969年)収録バージョンもどうそ。




"CCR"とくれば、フツーは「雨を見たかい」を選びそうなところを選ばない(笑)

「スージーQ」とどっちにしようか迷ったりはしたけど・・・ ∑( ̄□ ̄;)!!



またシャレが効いてるわ
このアルバムタイトルとジャケット。

Willy and the Poor BoysWilly and the Poor Boys
(2000/05/30)
Creedence Clearwater Revival

商品詳細を見る


60年代ロック ←ポチッとお願いします!

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

tag : 60年代ロック カントリー ベース 1969年

Blind Faith(ブラインド・フェイス) 「Can't Find My Way Home」




バンド・メンバーが!

スティーヴ・ウィンウッド(ボーカル、キーボード、元スペンサー・デイヴィス・グループ、トラフィック)
エリック・クラプトン(ギター、元ヤードバーズ、クリーム)
リック・グレッチ(ベース、元ファミリー)
ジンジャー・ベイカー(ドラム、元クリーム)

こりゃぁスーパー・バンドって言われるよな~的な
いかにもなバンド「Blind Faith」

そりゃぁ長くは続かないでしょう。
こんだけの面子だったら。

今で言うプロジェクト・ユニットだったと考える方が適切かもしれないですよ。


そういえばコノ曲。
若かりしケビン・コスナー出演した映画、青春ロード・ムービー「ファンダンゴ」の
エンディング曲として使われてました・・・


物議をかもし出したジャケット・デザインも有名なこのアルバム(1969年)。

Blind FaithBlind Faith
(1990/10/25)
Blind Faith

商品詳細を見る


60年代ロック
←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 60年代ロック ボーカル ギター ベース ドラム ユニット 映画 1969年

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中!
↓ポチッとお願いします!

SkyClock
ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/
プロフィール

武蔵野 観月堂

Author:武蔵野 観月堂
お気に入りジャケデザインの
「It's a Beautiful Day」

検索フォーム
RSSリンク
カテゴリ
War (1)
タグリスト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
楽天市場で探す
楽天市場
CD・DVDジャンルトップで探す

中古販売・買取サイト


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

フルイチオンライン
FC2カウンター
QRコード
QRコード
ディスク修復なら
CDに傷がついた・・・音飛びする、再生できない・・・ そんなCDを復活!!
楽天CD市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。