「武蔵野 観月堂」がアマゾンマーケットプレイスで現在販売している商品一覧が
下記リンクでご覧になれます。

武蔵野 観月堂 取扱商品一覧ページへ行く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←ポチッとお願いします!

Melissa Manchester(メリサ・マンチェスター) 「Bad Weather」

台風が近づいてきてます。

当然、天気も良くありません。。。

しかし、すごい風だな~

こんな日に聴くのは、デューク・ピアソンの「Stormy」が良いのですが、以前に紹介してるので・・・

今日はこっちの曲で。





フリーソウルの名曲としても知られる「Bad Weather」です。

ジャンルを超えた音楽活動が持ち味のシンガー・ソングライター、メリサ・マンチェスター。

自らの曲だけでなく、様々なアーティストの楽曲やカバーも積極的に歌ったりしています。

ニューコーク大学の芸術学部に通ったというインテリでもありますが、大学ではポール・サイモンに作曲を学んだそうです。

メリサ・マンチェスターの音楽の多様性は、この辺にも影響があるのかもしれませんね。



また、ボーカリストとしての実力も素晴らしく、しっとりしたバラードからアップテンポな曲まで、その表現力豊かな声で見事に歌いこなします。

この曲でのパワフルな歌声は、ソウル・シンガーのようでもあります。



収録アルバムは「Don't Cry Out Loud(邦題:あなたしか見えない)」(1978年)。

あなたしか見えない(紙ジャケット仕様)あなたしか見えない(紙ジャケット仕様)
(2011/06/01)
メリサ・マンチェスター

商品詳細を見る


1. Shine Like You Should
2. Caravan
3. Don't Cry Out Loud
4. Almost Everything
5. Bad Weather
6. Through The Eyes Of Grace
7. To Make You Smile Again
8. Such A Morning
9. Knowin' My Love's Alive
10. Singin' From My Soul
11. We Had This Time

70年代ポップス
スポンサーサイト
←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ポップス ポップス フリーソウル シンガー・ソングライター カバー ポール・サイモン ソウル 1978年

Alzo(アルゾ) 「Looks Like Rain」

雨が続くと、なんだか肌寒さを感じるようになってきますね。

"雨"の曲ってイイ曲がたくさんありますけど、今日はこの1曲で。





フリーソウルが盛り上がっていた時に注目されたデュオに、Alzo & Udine(アルゾ&ユーディーン)がいました。

そのアルゾ&ユーディーンのアルバム発表後、アルバムセールスが思わしくなく、やむなく引退。

Ampex社でスタッフとして働いていたところ、アルゾ&ユーディーンを知る社員にをかけられ、ソロでレコーディングを行うことに。

そうしてソロアルバム「Looking For You」(1971年)が発売されますが、Ampexがレコード部門を閉鎖したため、このアルバムはすぐに市場から消えることに・・・

その翌年、「Looking For You」はアルバムタイトルを「Alzo」と変えて、今度はBellからリリースされることになります。

これは、Ampexとの経緯を知ったBellが、アルゾにを掛けたようです。

「Alzo」発売後にはセカンドアルバムを録音しますが、その頃にBellはAristaに吸収されてしまいます。

アルゾのBellとの契約は、この会社吸収により、なんと無効に。

当然、セカンドアルバムはお蔵入り・・・

ファーストアルバムも再発されること無く、幻の名盤化していくことになります。



こうしてみると、ずいぶん不遇な目に遭われてます。

アルバム「Alzo」は、2003年に日本でのCD化が奇跡的に実現するのですが、この辺の詳しい経緯は、長門芳郎氏の手によってCDのライナーノーツに書かれてます。

CDをご購入の際には、ぜひご一読を。

CD化が奇跡的である理由がお分かりいただけます。



このアルバムはまた、山下達郎氏のお気に入りの1枚であることも有名です。

伸びやかなアルゾのの多重録音ボーカル、12弦ギターによる瑞々しいメロディー。

この「Looks Like Rain」を始めとしたアルバムの各曲を聴いてみれば、なるほど納得できます。



少し暑さが治まると秋が恋しくなってきますが、そんなこれからの季節には、「Alzo」(1972年)は特にしっくりくるアルバムではないかと思います。

アルゾアルゾ
(2003/12/17)
アルゾ

商品詳細を見る


1.Country
2.Don't Ask Me Why
3.Without You Girl
4.Looks Like Rain
5.Some People
6.Just Can't Get Along
7.That's Alright (I Don't Mind It)
8.Sometimes
9.You Know Me, I Know You
10.Sweet And Salty Stuff
11.You're Gone
12.Lookin' For You

70年代フォークロック ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代フォークロック フリーソウル デュオ 1971年 1972年 2003年 幻の名盤 ボーカル ギター

Peter Gallway(ピーター・ゴールウェイ) 「Harmony Grits」

久し振りの更新です。
秋晴れの休日にグッド・タイム・ミュージックをお届けですよ~!



The Fifth Avenue Band(フィフス・アヴェニュー・バンド)、Ohio Knox(オハイオ・ノックス)を経て1972年に発表したソロ名義のアルバム「Peter Gallway」。



部屋の窓を少し開けて、秋めいてきた風に入れたてのコーヒーの香りをのせて一息入れる・・・

そんな感じの1曲でしょうかね。



日本でグッド・タイム・ミュージックの代表格といえば山下達郎ですが!
その山下達郎が影響を受けたのがこのピーター・ゴールウェイ。

達郎氏は「The Fifth Avenue Band」、「Ohio Knox」、「Peter Gallway」の3枚のアルバムを差して、「三種の神器」と言ったそうな。



そういえば、フリーソウルのコンピ盤にもこの人の曲はたくさん収録されてましたね~

ピーター・ゴールウェイピーター・ゴールウェイ
(2008/05/28)
ピーター・ゴールウェイ

商品詳細を見る
←ポチッとお願いします!

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ソフトロック フリーソウル 1972年

Odyssey(オデッセイ) 「Battened Ships」

今回は!
白人黒人混成の7人組グループ Odyssey のノリノリ!ヤングソウル



90年代の渋谷周辺で、とにもかくにも「Battened Ships」状態だったのが懐かし~と思うアナタは、アラフォー世代?

まあ、フリーソウルと呼ばれた流れの中では、文句なし!の1曲に違いありません。

フリーソウルのコンピ盤"Parade"では、Coke Escovedoの「I Wouldn't Change a Thing」の次に収録されてて、コノ流れがもう!最強の組み合わせですね。

そんな当時の人気が、CDを再発させちゃったんですよ。すごいもんですね~

でも。
今のうちに買わないと、また気付いたら廃盤になってたりするですよね。

オデッセイオデッセイ
(1996/07/10)
オデッセイ

商品詳細を見る


70年代ソウル ←ポチッとお願いします!

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ソウル ソウル フリーソウル

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中!
↓ポチッとお願いします!

SkyClock
ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/
プロフィール

武蔵野 観月堂

Author:武蔵野 観月堂
お気に入りジャケデザインの
「It's a Beautiful Day」

検索フォーム
RSSリンク
カテゴリ
War (1)
タグリスト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
楽天市場で探す
楽天市場
CD・DVDジャンルトップで探す

中古販売・買取サイト


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

フルイチオンライン
FC2カウンター
QRコード
QRコード
ディスク修復なら
CDに傷がついた・・・音飛びする、再生できない・・・ そんなCDを復活!!
楽天CD市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。