「武蔵野 観月堂」がアマゾンマーケットプレイスで現在販売している商品一覧が
下記リンクでご覧になれます。

武蔵野 観月堂 取扱商品一覧ページへ行く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←ポチッとお願いします!

Francoise Hardy(フランソワーズ・アルディ) 「Ma Jeunesse Fout L'Camp」

ついこの間まで夏っぽさが残っていたかと思いきや。

すっかり秋らしい感じの今日この頃ですね~

こうなってくると、しっとりと落ち着いた曲が聴きたくなったりします。

ということで、今回はこの曲です。



Ma Jeunesse Fout L'Camp
lyrics&music:Guy Bontempelli

Ma jeunesse fout l'camp tout au long d'un poème
Et d'une rime à l'autre, elle va bras ballants
Ma jeunesse fout l'camp à la morte fontaine
Et les coupeurs d'osier moissonnent mes vingt ans

Nous n'irons plus au bois, la chanson du poète
Le refrain de deux sous, les vers de mirliton
Qu'on chantait en rêvant aux garçons de la fête
J'en oublie jusqu'au nom, j'en oublie jusqu'au nom

Nous n'irons plus au bois chercher la violette
La pluie tombe aujourd'hui qui efface nos pas
Les enfants ont pourtant des chansons plein la tête
Mais je ne les sais pas, mais je ne les sais pas

Ma jeunesse fout l'camp sur un air de guitare
Elle sort de moi-même, en silence à pas lents
Ma jeunesse fout l'camp, elle a rompu l'amarre
Elle a dans ses cheveux les fleurs de mes vingt ans

Nous n'irons plus au bois, voici venir l'automne
J'attendrai le printemps en effeuillant l'ennui
Il ne reviendra plus et si mon cœur frissonne
C'est que descend la nuit, c'est que descend la nuit

Nous n'irons plus au bois, nous n'irons plus ensemble
Ma jeunesse fout l'camp au rythme de tes pas
Si tu savais pourtant comme elle te ressemble
Mais tu ne le sais pas, mais tu ne le sais pas



1967年のアルバム「Ma Jeunesse Fout L'camp...(邦題:もう森へなんか行かない)」のタイトル曲。

物静かで、ちょっと寂しげな雰囲気が、なんとなく秋という季節にしっくりする気がします。

秋の雰囲気に合う感じがするのは、過ぎ行く青春を歌った曲だからかもしれません。

フランソワーズ・アルディの落ち着いたトーンのが、さらにそう感じさせるということもありますが。



シャンソンっぽさを感じさせる曲ですが、この曲はシンガー・ソングライターからソングライターに転進した、Guy Bontempell(ギイ・ボンタンペッリ)の作。

フランソワーズ・アルディだけではなく、ブリジット・バルドーなんかにも曲を提供しています。

フランソワーズ・アルディは、フレンチポップにくくられることも多いですが、どちらかと言えばフォークよりのシンガー・ソングライターなのかな~と思います。



以前にも書いているのですが。。。

フランソワーズ・アルディが大好きです。

今回の動画のように、当時のアルディが歌っている姿を見ることができるのはとても嬉しいですね~

まあ、気がつくと、残念ながら動画が削除されてしまっていたりするんですがね。。。

今回の動画は、いつまで見ることができるかな~



もう森へなんか行かない(CCCD)
フランソワーズ・アルディ
EMIミュージック・ジャパン (2003-09-26)
売り上げランキング: 508982


1. Ma Jeunesse Fout L'Camp
2. Viens La
3. Mon Amour Adieu
4. La Fin De L'Ete
5. En Vous Aimant Bien
6. Qui Peut Dire
7. Des Ronds Dans L'Eau
8. Il N'Y A Pas D'Amour Heureux
9. Il Est Trop Loin
10. Mais Il Y A Des Soirs
11. Voila
12. C'Etait Charmant

60年代フレンチポップ
関連記事
スポンサーサイト
←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 60年代フレンチポップ フレンチポップ シンガー・ソングライター シャンソン フォーク 1967年

Odetta(オデッタ) 「The Times They Are A-Changin'」

そろそろ夏も終わりかな~

なんて思うと、いち早く秋を感じに高地に行きたくなってきたりします。

そして、そんな気分を後押しする今日の1曲です。




The Times They Are A-changin' Lyrics
Songwriters: Bob Dylan


Come gather 'round people
Wherever you roam
And admit that the waters
Around you have grown
And accept it that soon
You'll be drenched to the bone.
If your time to you
Is worth savin'
Then you better start swimmin'
Or you'll sink like a stone
For the times they are a-changin'.

Come writers and critics
Who prophesize with your pen
And keep your eyes wide
The chance won't come again
And don't speak too soon
For the wheel's still in spin
And there's no tellin' who
That it's namin'.
For the loser now
Will be later to win
For the times they are a-changin'.

Come senators, congressmen
Please heed the call
Don't stand in the doorway
Don't block up the hall
For he that gets hurt
Will be he who has stalled
There's a battle outside ragin'.
It'll soon shake your windows
And rattle your walls
For the times they are a-changin'.

Come mothers and fathers
Throughout the land
And don't criticize
What you can't understand
Your sons and your daughters
Are beyond your command
Your old road is
Rapidly agin'.
Please get out of the new one
If you can't lend your hand
For the times they are a-changin'.

The line it is drawn
The curse it is cast
The slow one now
Will later be fast
As the present now
Will later be past
The order is
Rapidly fadin'.
And the first one now
Will later be last
For the times they are a-changin'.


言わずと知れたボブ・ディランの「時代は変る」。

ボブ・ディランが3枚目のアルバム「The Times They Are a Changin'」(1964年)を発表した翌年、この曲が収録されたディランのカバー・ソング・アルバム「Odetta Sings Dylan」(1965年)が発売されました。

原曲はもちろん好きなんですが、このオデッタのカバーバージョンもかなりお気に入りです。

どっしりと、そしてゆったりとしたこの感じ。

重なるアコースティックギターの音色と、温かみあるオデッタのが、どこか大地の広がりを感じさせるようです。

ここまでくると、ボブ・ディランの単なるカバーという枠を超えて、オデッタの「The Times They Are a-Changin'」と言える曲になっているように思えます。



オデッタは素晴らしいフォーク・シンガーなんですが、日本ではあまり馴染みがないのが残念なところです。

Sings DylanSings Dylan
(2008/09/02)
Odetta

商品詳細を見る


1. "Baby, I'm In The Mood For You"
2. "Long Ago, Far Away"
3. "Don't Think Twice, It's All Right"
4. Tomorrow Is A Long Time
5. Masters Of War
6. Walkin' Down The Line
7. The Times They Are A-Changin'
8. With God On Our Side
9. Long Time Gone
10. Mr. Tambourine Man
11. Blowin' In The Wind
12. Paths of Victory

60年代フォーク ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 60年代フォーク フォーク アコースティック ギター 1964年 1965年 原曲 カバー

Terry Callier(テリー・キャリアー) 「Ordinary Joe」

やっぱりコノ曲はグッときますね~



Terry Callier - Ordinary Joe (Occasional Rain/1972年

And for my opening line
I'm not trying to indicate my state of mind.
I turn you on,
I tell you that I'm laughing just to keep from crying
Pretty music when you hear it,
Keep on trying to get near it.
A little rhythm for your spirit
Oh but that's what it's for
Come on in, here's the door

And I've seen a sparrow get high
And waste his time in the sky
He thinks it's easy to fly
He's just a little bit freer than I

Now here's a mystery
And maybe you can help to make it clear to me
When you're fast asleep
Then what is it that's lighting up the dreams you see
Only your tears can't conceal it
And only your prayers may not reveal it
You've got soul so you can feel it
And when you make the scene
Well you know what I mean

Hey, I've seen a sparrow get high
And waste his time in the sky
He thinks it's easy to fly
He's just a little bit freer than I

Down here on the ground
When you find folks are giving you the runaround
Keep your game uptight
And if you must just take your secrets underground
Now politicians are trying to speech you
Mad color watchers are trying to teach you
Very few will really try to reach you
If you're lost in a stack
That's OK, come all black

Now I'd be the last to deny
That I'm just an average guy
And don't you know each little bird in the sky
Is just a little bit freer than I

Hey ordinary Joe
Although they say you're just a lazy so-and-so
What they think is real
Is nothing but an animated puppet show
So don't let time and space confuse you
And don't let name and form abuse you
Let that Big Joe Williams blues you
In the light of the sun you can see how they burn

Oh I've seen a sparrow get high
And waste his time in the sky
He thinks it's easy to fly
He's just a little bit freer than I



この・・・泣けますね~
まさに「いぶし銀」!なテリー・キャリアーです。

フォークジャズソウルの融合。
そしてアコースティック・ギターから生まれるオンリー・ワンの音楽は、決して哀愁だけではないのです。



哀愁だけなら、ショーン・フィリップス(Shawn Phillips)のアルバム「Second Contribution」にかなうものはありませんから(笑)



デビューから不遇の音楽生活を送ってきた不世出のシンガー・ソングライターは、80年代には一度音楽シーンから離れてしまったりしたものの、90年代以降に"再評価"という形で復活を果たします。

なんか、こういうエピソードからして男心をくすぐる訳ですよ。

そして曲を聴くと、も~グッとこない訳がない。

今も現役で活動しているってのが、なんともウレシイじゃないですか!

オケイショナル・レインオケイショナル・レイン
(2007/06/20)
テリー・キャリアー

商品詳細を見る


70年代フォークロック ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代フォークロック フォーク ジャズ ソウル ギター 1972年

Jo Mama(ジョー・ママ) 「Sailing」

前回に引き続き、グッド・ミュージックをどうぞ。








キラキラと反射する海面を走るヨットの光景が目に浮かぶような、そして、アビゲイル・ヘイネスのソウルフルなボーカルが素晴らしい1曲。



ダニー・コーチマーとチャールズ・ラーキーが、キャロル・キングとのバンド「ザ・シティー」の後に結成したのが「ジョー・ママ」。

Abigale Haness - Vocals
Danny "Kootch" Kortchmar - Guitar, Conga, Vocals
Charles Larkey - Bass
Joel OBrien - Drums, Vibraphone
Ralph Schuckett - Keyboards, Vocals



キャロル・キングはソロで売れ、ダニー・コーチマーはセッション・ミュージシャンとして活躍していくことに。



1970年のファーストアルバム「Jo Mama」。

幅広い音楽性を持ったアルバムで、ソウルファンクジャズフォークブルースといった様々なジャンルの要素が感じられ、なおかつそれらが「ジョー・ママ」のサウンドとして見事に一体化しています。

当時、コレが売れなかったのはなぜなんでしょうね~

ジョー・ママ(紙ジャケット仕様)ジョー・ママ(紙ジャケット仕様)
(2003/02/26)
ジョー・ママ

商品詳細を見る


70年代ロック ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ロック ボーカル ソウル ファンク ジャズ フォーク ブルース ダニー・コーチマー キャロル・キング 1970年

Carita Holmström(カリタ・ホルムストロム) 「River」

聴いていてとっても気持ちの良い1曲。



フィンランド、ヘルシンキ出身のピアニスト、歌手、そして作曲家であるカリタ・ホルムストロム。

べビュー・アルバム「We Are What We Do」(1973年)の1曲目に収録されているのがコノ曲。



曲の構成がいたってシンプルな感じがして、すご~く広がりが感じられる大好きな1曲なんです。

シンプルな感じとは言っても、ジャズフォーク(民俗音楽)の要素を取り入れていて、イイ感じのグルーヴ感が作り出されてます。

カリタ・ホルムストロムのボーカルも伸びやなで、柔らかいコーラスが気持ち良さをより一層盛り上げますね。



CARITA HOLMSTROM We Are AL

このアルバム、LP盤でもなかなか手に入らないようです。



フィンランドでは一度、1枚目の「We are what we do」と2枚目の「Toinen levy」が2in1でCD化されましたが、もうすでに廃盤になってしまってます。

Jos Tänään Tuntis Huomisen - Kaikki EMI-Levytykset 1973-1974
Jos Tänään Tuntis' Huomisen - Kaikki EMI-Levytykset 1973-1974





・・・となるとコンピ盤で、ということになりますが。

「Café Après-midi」シリーズの「Nacré」に収録されてます。

カフェ・アプレミディ・ナクレカフェ・アプレミディ・ナクレ
(2001/03/07)
オムニバスフィル・ムーアIII&ジ・アフロ・ラテン・ソウルテット

商品詳細を見る


70年代AOR ←ポチッとお願いします!

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

tag : 70年代AOR フォーク ジャズ ボーカル 1974年

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中!
↓ポチッとお願いします!

SkyClock
ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/
プロフィール

武蔵野 観月堂

Author:武蔵野 観月堂
お気に入りジャケデザインの
「It's a Beautiful Day」

検索フォーム
RSSリンク
カテゴリ
War (1)
タグリスト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
楽天市場で探す
楽天市場
CD・DVDジャンルトップで探す

中古販売・買取サイト


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

フルイチオンライン
FC2カウンター
QRコード
QRコード
ディスク修復なら
CDに傷がついた・・・音飛びする、再生できない・・・ そんなCDを復活!!
楽天CD市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。