「武蔵野 観月堂」がアマゾンマーケットプレイスで現在販売している商品一覧が
下記リンクでご覧になれます。

武蔵野 観月堂 取扱商品一覧ページへ行く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←ポチッとお願いします!

Tania Maria(タニア・マリア) 「Fio Maravilha」

今日は、かっこいいブラジリアン・ジャズの1曲を。




"Fio Maravilha"
Jorge Ben Jor - Filho Maravilha Lyrics

E novamente ele chegou com inspiração
Com muito amor, com emoção, com explosão e gol
Sacudindo a torcida
Aos trinta e três minutos do segundo tempo
Depois de fazer uma jogada celestial em gol
Tabelou, driblou dois zagueiros
Deu um toque driblou o goleiro
Só não entrou com bola e tudo
Porque teve humildade em gol
Foi um gol de classe
Onde ele mostrou sua malícia e sua raça
Foi um gol de anjo
Um verdadeiro gol de placa
Que a galera agradecida assim cantava
Fio Maravilha nós gostamos de você
Fio Maravilha, faz mais um prá gente ver



以前に「Come With Me」で紹介したタニア・マリアの、1975年のアルバム「Via Brasil 1l」収録の「Fio Maravilha」。

この曲は偉大なるブラジルのミュージシャン、ジョルジ・ベンジョールカバーです。

ジョルジ・ベンジョールは、以前に「Take It Easy My Brother Charles」を取り上げたことがありました。

原曲は比較的落ち着いた曲調なのですが、タニア・マリアのバージョンはかなりファンキーになっています。

これだけのファンキーさを、ピアノベースドラムトリオで聴かせるというところがスゴイ。

ボーカルは言わずもがな、タニア・マリアのピアニストとしての実力が存分に発揮された曲でもあります。



Via Brasil 1」は、フランスで録音されてます。

70年代ブラジルの時代背景によって、このアルバムも多分にもれず本国以外での録音になってるんですね。

国内盤、輸入盤ともにCDが発売されていますが、いずれ・・・そう遠くはない時期に入手困難になるでしょうね。。。

Via Brasil 1
Via Brasil 1
posted with amazlet at 11.09.17
Tania Maria
Sunny Side (2006-03-14)
売り上げランキング: 328169


1. Samba De Orly
2. Jorge Ben Medley
3. Ate Quem Sabe
4. Abre Alas
5. Fio Maravilha
6. A Cruz
7. Aguas De Marco
8. Bedeu
9. Nao Tem Perdao
10. Via Brasil Medley

70年代ジャズ
関連記事
スポンサーサイト
←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ジャズ ジャズ ブラジル ジョルジ・ベンジョール カバー 原曲 ピアノ ベース ドラム トリオ

Eric Clapton(エリック・クラプトン) 「Motherless Children」

夏が戻ってきた!

という感じの今日の暑さです。。。

そんな暑さで聴きたくなったのがこの曲でした。




Motherless Children
Songwriters: Carl Radle;Eric Patrick Clapton

Motherless children have a hard time when mother is dead, lord.
Motherless children have a hard time when mother is dead, lord.
They don't have anywhere to go;
Wandering around from door to door.
Nobody treats you like a mother will when your mother is dead, lord.

Father will do the best he can when your mother is dead, lord.
Father will do the best he can when your mother is dead, lord.
Father will do the best he can;
So many things a father can't understand.
Nobody treats you like a mother will when your mother is dead, lord.

Sister will do the best she can when your mother is dead, lord.
Sister will do the best she can when your mother is dead, lord.
Sister will do the best she can;
So many things a sister can't understand.
Nobody treats you like a mother will when your mother is dead.

When your mother is dead, when your mother is dead.
When your mother is dead, Lord, when your mother is dead.



控えめなイントロから始まり、ドラムが入ってくると、盛り上がる期待感がどんどん膨らみます。

そして「キターっ!」という感じの、疾走感あるスライドギターがなんともカッコイイです。

それなのにボーカルは抑えた感じで、これがまた渋い。

エリック・クラプトンのは元々量があまりないのですが、それはそれで「味」になってるんじゃないでしょうか。



薬物依存症から復活したエリック・クラプトンの、復活1枚目のアルバム「461 Ocean Boulevard」(1974年)。

そのアルバムのオープニング曲が「Motherless Children」です。

アルバム全体は、のんびりムードが漂ってます。

それもあってか、クラプトン・ファンには少々不評だったりもする「461 Ocean Boulevard」です。

でも、ジャケット写真のイメージも含め、トータルでまとまった良いアルバムだと、自分は思うんですけどね~

このアルバムで最も知られた曲は、やはりボブ・マーリーカバー曲「I Shot The Sheriff」でしょう。

461 Ocean Boulevard
461 Ocean Boulevard
posted with amazlet at 11.09.14
Eric Clapton
Polydor / Umgd (1996-08-20)
売り上げランキング: 46502


1. Motherless Children
2. Give Me Strength
3. Willie And The Hand Jive
4. Get Ready
5. I Shot The Sheriff
6. I Can't Hold Out
7. Please Be With Me
8. Let It Grow
9. Steady Rollin' Man
10. Mainline Florida



「Motherless Children」は、エリック・クラプトンのライブ・コンサートで繰り返し演奏される曲の一つです。

YouTubeにも、各年代の動画がアップされてます。

こちらは1985年のライブ映像。




2006年のライブ映像。




70年代ロック ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ロック ロック ギター ドラム ボーカル カバー ボブ・マーリー 1974年 1985年

Dusty Springfield(ダスティ・スプリングフィールド) 「Mixed Up Girl」

復活!
以前にYouTubeにUPしたものの削除されてしまった動画が、MusicPlayOn.comで拾われてました!
歌詞を追記して再UPです!!



このブログを始めた頃に「Spooky」を取り上げました。
今回はコノ曲です。








Mixed Up Girl
lyrics by Jimmy Webb

Ah, ha, ah
Gonna let you go my angel
Though I could make you stay
I could use my blind self-pity
Throw it in your way
But the times have turned between us
And you know I don't believe
That it makes one bit of difference
If you stay or if you leave

Why can't I be lonely
Like that lonely rushing river?
Pushing down a mountain
On it's way to meet the sea

Why can't I need somebody
Like that river needs that ocean?
Why did you have to get so mixed up, baby?
With a mixed up girl
With a mixed up girl like me, yeah

Gonna make it short now, angel
Though I could make it long
I could take through all the changes
And show you where you're wrong

But our dreams don't flow together
And you'll never, never see the light
So it really, really doesn't matter
Who is wrong or who is right?
Oh, why can't I be lonely
Like that lonely rushing river?
It's pushing down the mountain
On its way to meet the sea

Oh, why can't I need somebody
Like that river needs that ocean?
Why did you have to get so mixed up, baby?
With a mixed up girl
With a mixed up girl like me, mmm, ooh, mmm, ooh



ストリングスで静かに始まり、それから入ってくるドラムピアノが気持ち良くてスキなんです!

やっぱりダスティ・スプリングフィールドはイイな~


コノ曲は1972年のアルバム「See All Her Faces 」のオープニング曲。
グレン・キャンベルの「By the Time I Get to Phoenix」や「Wichita Lineman」の作者でもある、ジミー・ウェッブのカバーです。


「See All Her Faces 」の後、さまざまなことが重なってダスティ・スプリングフィールドは一時活動停止せざるを得ない状態になってしまうんですね・・・

See All Her Faces

「See All Her Faces 」は現在は廃盤になっていて、中古盤には結構な値がついています。
オススメは↓です。

ダスティ・スプリングフィールド・フォー・カフェ・アプレミディダスティ・スプリングフィールド・フォー・カフェ・アプレミディ
(2003/03/26)
ダスティ・スプリングフィールド

商品詳細を見る


過去のDusty Springfield(ダスティ・スプリングフィールド)記事
「Spooky」

70年代ポップス
関連記事
←ポチッとお願いします!

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ポップス ダスティ・スプリングフィールド ジミー・ウェッブ ピアノ ドラム 1972年

Blind Faith(ブラインド・フェイス) 「Can't Find My Way Home」




バンド・メンバーが!

スティーヴ・ウィンウッド(ボーカル、キーボード、元スペンサー・デイヴィス・グループ、トラフィック)
エリック・クラプトン(ギター、元ヤードバーズ、クリーム)
リック・グレッチ(ベース、元ファミリー)
ジンジャー・ベイカー(ドラム、元クリーム)

こりゃぁスーパー・バンドって言われるよな~的な
いかにもなバンド「Blind Faith」

そりゃぁ長くは続かないでしょう。
こんだけの面子だったら。

今で言うプロジェクト・ユニットだったと考える方が適切かもしれないですよ。


そういえばコノ曲。
若かりしケビン・コスナー出演した映画、青春ロード・ムービー「ファンダンゴ」の
エンディング曲として使われてました・・・


物議をかもし出したジャケット・デザインも有名なこのアルバム(1969年)。

Blind FaithBlind Faith
(1990/10/25)
Blind Faith

商品詳細を見る


60年代ロック
←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 60年代ロック ボーカル ギター ベース ドラム ユニット 映画 1969年

Dave Pike Set(デイヴ・パイク・セット) 「Mathar」

ブラジルからインドへひとっ飛び!

シタールで踊っちゃう?
♪ビヨン ビョン ビョビョビョビョビヨンビョビョ ビョビョビョビヨ~ン♪



ジャズのビブラフォン奏者、デイヴ・パイクがドイツのジャズ・レーベルMPSからデイヴ・パイク・セットの名義で発表した1stアルバム(1969年)の大本命曲っっ!!

思わずこう叫ぶっ!

イカスッ!!

シタール堪能しまくり!
ベースドラムが渋すぎ!



そして今日はオマケつき!

あのポール・ウェラーが参加した覆面ユニット"IndianVibes"のカバーバージョン!

踊るセクシ~インド美女!
手足が長ッ!!




ノイジー・サイレンス- ジェントル・ノイズ (紙ジャケット仕様)ノイジー・サイレンス- ジェントル・ノイズ (紙ジャケット仕様)
(2000/11/22)
デイヴ・パイク・セット

商品詳細を見る


60年代ジャズ ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 60年代ジャズ ジャズ シタール ベース ドラム ユニット カバー 1969年

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中!
↓ポチッとお願いします!

SkyClock
ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/
プロフィール

武蔵野 観月堂

Author:武蔵野 観月堂
お気に入りジャケデザインの
「It's a Beautiful Day」

検索フォーム
RSSリンク
カテゴリ
War (1)
タグリスト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
楽天市場で探す
楽天市場
CD・DVDジャンルトップで探す

中古販売・買取サイト


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

フルイチオンライン
FC2カウンター
QRコード
QRコード
ディスク修復なら
CDに傷がついた・・・音飛びする、再生できない・・・ そんなCDを復活!!
楽天CD市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。