「武蔵野 観月堂」がアマゾンマーケットプレイスで現在販売している商品一覧が
下記リンクでご覧になれます。

武蔵野 観月堂 取扱商品一覧ページへ行く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←ポチッとお願いします!

Tania Maria(タニア・マリア) 「Fio Maravilha」

今日は、かっこいいブラジリアン・ジャズの1曲を。




"Fio Maravilha"
Jorge Ben Jor - Filho Maravilha Lyrics

E novamente ele chegou com inspiração
Com muito amor, com emoção, com explosão e gol
Sacudindo a torcida
Aos trinta e três minutos do segundo tempo
Depois de fazer uma jogada celestial em gol
Tabelou, driblou dois zagueiros
Deu um toque driblou o goleiro
Só não entrou com bola e tudo
Porque teve humildade em gol
Foi um gol de classe
Onde ele mostrou sua malícia e sua raça
Foi um gol de anjo
Um verdadeiro gol de placa
Que a galera agradecida assim cantava
Fio Maravilha nós gostamos de você
Fio Maravilha, faz mais um prá gente ver



以前に「Come With Me」で紹介したタニア・マリアの、1975年のアルバム「Via Brasil 1l」収録の「Fio Maravilha」。

この曲は偉大なるブラジルのミュージシャン、ジョルジ・ベンジョールカバーです。

ジョルジ・ベンジョールは、以前に「Take It Easy My Brother Charles」を取り上げたことがありました。

原曲は比較的落ち着いた曲調なのですが、タニア・マリアのバージョンはかなりファンキーになっています。

これだけのファンキーさを、ピアノベースドラムトリオで聴かせるというところがスゴイ。

ボーカルは言わずもがな、タニア・マリアのピアニストとしての実力が存分に発揮された曲でもあります。



Via Brasil 1」は、フランスで録音されてます。

70年代ブラジルの時代背景によって、このアルバムも多分にもれず本国以外での録音になってるんですね。

国内盤、輸入盤ともにCDが発売されていますが、いずれ・・・そう遠くはない時期に入手困難になるでしょうね。。。

Via Brasil 1
Via Brasil 1
posted with amazlet at 11.09.17
Tania Maria
Sunny Side (2006-03-14)
売り上げランキング: 328169


1. Samba De Orly
2. Jorge Ben Medley
3. Ate Quem Sabe
4. Abre Alas
5. Fio Maravilha
6. A Cruz
7. Aguas De Marco
8. Bedeu
9. Nao Tem Perdao
10. Via Brasil Medley

70年代ジャズ
関連記事
スポンサーサイト
←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ジャズ ジャズ ブラジル ジョルジ・ベンジョール カバー 原曲 ピアノ ベース ドラム トリオ

Ben Sidran(ベン・シドラン) 「Hey Hey Baby」

今日はちょっと大人な感じ(?)の落ち着いた1曲で。



ジャズフュージョンからロックまで、幅広いジャンルで作品を作り続けているベン・シドラン。

ピアニスト、シンガー、プロデューサー、評論家、作家、あるいはテレビ・キャスター。

ベン・シドランは、音楽のみならずその活動の幅も広いです。



ジャズっぽいピアノと、あまりジャズっぽくないエレキ・ギター、ソフトなベン・シドランのボーカル

落ち着いた曲調だけれど、グルーヴ感はあって、なかなか絶妙なバランスの名曲です。

この曲が収められているアルバム「Don't Let Go」(1974年)は、CDではなくLP盤で持ってます。

昔、原宿で仕事をしていた時期に、休憩時間を使って、ファイヤー通りあたりのレコード屋によく行ってました。

その時に買った1枚が「Don't Let Go」でした。

ジャケットを見て手が止まり、棚から引き抜いてしげしげと眺めていたら、レコード屋のスタッフがレコードを聴かせてくれたんです。

1曲目の「Fat Jam」が、ファンキーでとにかくカッコよくて、これを聴いて即買うことに決めた覚えがあります。

残念ながら、ネット上には「Fat Jam」がどこにもアップされていませんでしたので、代わりにAmazon.comのMP3ページにリンクを貼っておきます。

Amazon.com: Don't Let It Go: Ben Sidran: MP3 Downloads

それぞれは短いですが、全曲試聴できます。



ベン・シドランは、ウィスコンシン大学マディソン校に通っていたそうですが、その当時のバンド仲間には、スティーヴ・ミラーやボズ・スキャッグスもいたそうです。



ドント・レット・ゴー(紙ジャケット仕様)ドント・レット・ゴー(紙ジャケット仕様)
(2008/03/05)
ベン・シドラン

商品詳細を見る


1. Fat Jam
2. House Of Blues Lites
3. Ben Sidran's Midnight Tango
4. The Chicken Glide
5. Sh's Funny (That Way)
6. Monopply
7. Don't Let Go
8. Hey Hey Baby
9. The Foolkiller
10. The Funky Elephant
11. Snatch
12. Down To The Bone

70年代ジャズ ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ジャズ ジャズ フュージョン ロック ピアノ ギター ボーカル グルーヴ LP レコード

WAR(ウォー) 「Me and baby brother」

今日も暑い~~!

こんな暑すぎる日にはコレ!!



暑い時に、思いっきり汗をかきながら熱いラーメンを食べるような感覚、とでも言いましょうか。

さらに暑さを増すような、この濃い~サウンド(笑)



大好きなバンドの一つ「War」。

大編成で大所帯の多国籍ファンクバンド。

一応ファンクバンドとは言ってはみたものの、その音楽性はボーダレス。

ジャズファンクソウルロックラテンも含めて、その周辺。

多国籍が生み出すミックスカルチャー。

一言で言えば、「何でもあり」(笑)



そんな「War」の音楽のキーワードは・・・「のんびり感」。

基本がライブバンドなので、楽曲にはノリの良いものが多いです。

でも、そのほとんどはテンポがゆる~い(笑)

この「Me and baby brother」が、もしかしたら一番速いかもしれないです。

まあ、そのゆ~ったりしたのんびり感が「War」の良さで、好きなところなんですが。


収録アルバムは、全米チャート6位、R&Bチャート1位を獲得した「Deliver the Word」(1973年)です。

Deliver the WordDeliver the Word
(2008/05/06)
War

商品詳細を見る


1. H2 Overture
2. In Your Eyes
3. Gypsy Man
4. Me And Baby Brother
5. Deliver The Word
6. Southern Part Of Texas
7. Blisters

70年代ファンク ←ポチッとお願いします!

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ファンク ファンク ジャズ ソウル ロック ラテン ライブ 多国籍 テンポ 1973年

Blossom Dearie(ブロッサム・ディアリー) 「I Like London in the Rain」

この数日、雨が続くな~と思っていたら、例年よりも早く梅雨入りしたようですね。

ということで、雨の日でも軽やかな気分になれる今日の1曲です。





まるで子どものようなで歌うブロッサム・ディアリー。

アメリカとヨーロッパを行き来しながら活動していたピアニスト兼ジャズ・シンガーです。

なんとも可愛らしいですが、この 「I Like London in the Rain」が収録されたアルバム「ザッツ・ザ・ウェイ・アイ・ウォント・トゥ・ビー(That's Just The Way I Want To Be)」が発表されたのは1970年のことなので、ブロッサム・ディアリーが40代半ばで歌っていたことになります。

残念ながら2009年2月に82歳でお亡くなりになってしまいましたが、その活動期間は長く、1940年代半ばには楽団のコーラスグループに参加し、近年は2006年までクラブでライブなどを行っていたそうです。



ちょっと甘ったるい感じの独特ななので、人によって好みが分かれるところかもしれませんね。

そのの特徴がよく出ているんじゃないかと思う曲を「ザッツ・ザ・ウェイ・アイ・ウォント・トゥ・ビー(That's Just The Way I Want To Be)」からもう1曲。





ザッツ・ザ・ウェイ・アイ・ウォント・トゥ・ビーザッツ・ザ・ウェイ・アイ・ウォント・トゥ・ビー
(2006/02/22)
ブロッサム・ディアリー

商品詳細を見る


1. That's Just the Way I Want to be
2. Long Daddy Green
3. Sweet Surprise
4. Hey John
5. Sweet Georgie Fame
6. Both Sides Now
7. Dusty Springfield
8. Will There Really be a Morning
9. I Know the Moon
10.Inside a Silent Tear
11.Yesterday When I Was Young
12.I Like London in the Rain





ブロッサム・ディアリーをまとめて聴くなら、コチラがオススメです。

今回の2曲も収録されてます。



ブロッサム・ディアリー・フォー・カフェ・アプレミディブロッサム・ディアリー・フォー・カフェ・アプレミディ
(2003/03/26)
ブロッサム・ディアリー

商品詳細を見る


1 Long Daddy Green
2 Dusty Springfield
3 I Know the Moon
4 Yesterday, When I Was Young
5 Will There Really Be a Morning
6 Inside a Silent Tear
7 Hey John
8 Sweet Georgie Fame
9 Sweet Surprise
10 I Like London in the Rain
11 Meditation
12 Dindi
13 Sweet Lover No More
14 One Note Samba
15 I'm Hip
16 Shape of Things
17 Tea for Two
18 Doop-Doo-De-Doop (A Doodlin' Song)
19 Moonlight Saving Time
20 Bang Goes the Drum (And You're in Love)
21 Middle of Love
22 Plus Je T'Embrasse
23 Give Him the Ooh la La
24 Guys and Dolls
25 Rhode Island Is Famous for You
26 Boum
27 Ev'rything I've Got
28 I Hear Music
29 Tout Doucement

ジャズ・ボーカル ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : ジャズ・ボーカル ジャズ ボーカル 1970年

Tania Maria(タニア・マリア) 「Come With Me」

陽気が良くなってくると、こんな音楽が聴きたくなってきます。





ブラジリアン・ジャズ・シンガー、タニア・マリアの代表曲ともいえる1曲です。

曲は1980年代前半という当時の流れからか、フュージョンっぽい曲調ですね。

ピアノとシンクロするスキャットが気持ちいい!

海風に吹かれながら聴くと、雰囲気が出てイイ感じかな~と思います。



収録アルバムは、「Come With Me」(1983年)

Come With MeCome With Me
(2003/05/20)
Tania Maria

商品詳細を見る


1. Sangria
2. Embraceable You
3. Lost Amazonia
4. Come With Me
5. Sementes, Graines & Seeds
6. Nega
7. Euzinha
8. It's All Over Now



しかし、自分が聴いたのは「Brazilian Love Affair」というコンピレーションアルバム。

Slow Music Style~Brazilian Love AffairSlow Music Style~Brazilian Love Affair
(2003/03/12)
オムニバス、佐野聡 他

商品詳細を見る


1. Mambo Mindoro(Cal Tjader)
2. Brazilian Love Affair(Shakatak&Friends)
3. Come With Me(Tania Maria)
4. Just Friends(Osamu Koike)
5. Queen of My Soul(Average White Band)
6. Adventure in the Land of Music(Dynasty)
7. Samba Cruz(Jeff Linsky)
8. Leblon(Romero Lubambo)
9. There’s Nothing Like This(type 2)(paris match)
10. Love Island(Satoshi Sano)
11. Shi Wa Zu(Diciembre en Barrio Obrero)(Rie Akagi)
12. Candelina Ale[']~La Dama Del Son(Dance Contest Mix 1:LARGO)(Haila)
13. By The Brook(Romero Lubambo)
14. Samba do Avia[~]o(Pamela Driggs)



このコンピ盤、全部がブラジル音楽というわけではないんですが、なかなか盛りだくさんのアルバムです。

どちらかというとジャズフュージョンよりの選曲でしょうかね。

7曲目の「Samba Cruz」なんかも、Jeff Linskyのギターと女性ボーカルスキャットがイイ感じです。



80年代ジャズ
関連記事
←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 80年代ジャズ ジャズ フュージョン ピアノ スキャット ブラジル ボーカル ギター

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中!
↓ポチッとお願いします!

SkyClock
ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/
プロフィール

武蔵野 観月堂

Author:武蔵野 観月堂
お気に入りジャケデザインの
「It's a Beautiful Day」

検索フォーム
RSSリンク
カテゴリ
War (1)
タグリスト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
楽天市場で探す
楽天市場
CD・DVDジャンルトップで探す

中古販売・買取サイト


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

フルイチオンライン
FC2カウンター
QRコード
QRコード
ディスク修復なら
CDに傷がついた・・・音飛びする、再生できない・・・ そんなCDを復活!!
楽天CD市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。