「武蔵野 観月堂」がアマゾンマーケットプレイスで現在販売している商品一覧が
下記リンクでご覧になれます。

武蔵野 観月堂 取扱商品一覧ページへ行く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←ポチッとお願いします!

The Beatles(ビートルズ) 「Christmas Time (Is Here Again)」

12月になると街では、どこに行ってもクリスマスソングが流れるようになりますね。

世の中に、一体どれだけのクリスマスソングがあるんでしょうか?

などと言いつつ、ここでもやっぱりクリスマスソングを選んでみたり。(笑)




Christmas Time is Here Again
(Lennon/McCartney/Harrison/Starkey)

Christmas time is here again
Christmas time is here again
Christmas time is here again
Christmas time is here again

Ain't been round since you know when
Christmas time is here again
O-U-T spells "out"

Christmas time is here again
Christmas time is here again
Christmas time is here again
Christmas time is here again

Ain't been round since you know when
Christmas time is here again
O-U-T spells "out"

Christmas time is here again
Christmas time is here again
Christmas time is here again
Christmas time is here again

Ain't been round since you know when
Christmas time...


This is Paul McCartney here, I'd just like to wish you everything you wished yourself for Christmas.

This is John Lennon saying on behalf of the Beatles, have a very Happy Christmas and a good New Year.

George Harrison speaking. I'd like to take this opportunity to wish you a very Merry Christmas, listeners everywhere.

This is Ringo Starr and I'd just like to say Merry Christmas and a really Happy New Year to all listeners.

And Christmas time is all and your bonnie clay us through.
Happy breastling to you people all out best from me to you.
When the beasty brangom button to the heather and little inn.
And be strattened oot in matether to yer arms once back again.
Och away, ye bonnie.



ゆったりリズムと、力の抜けたコーラスが心地よい1曲です。

何かとせわしない年の瀬に、ちょっと一息つける感じでちょうどいいかな~などと思ったりします。



この曲はもともと、ファンクラブの会員向けに限定配布されていたクリスマス・ソノシート用のもの。

1963年から1969年まで配布されていたそうで、「Christmas Time (Is Here Again)」は1967年のバージョン。

そのオリジナル版(6:17)を再編集し、「Free As a Bird」に収録しています。

1995年の発売当時、世界的話題だったビートルズの新曲「Free As a Bird」。

ついこの間のような気がしていましたが、もう随分と前のことなんですよね~

「光陰矢のごとし」

この言葉が年々重みを増してくる気がする今日この頃です。(笑)



Free As a Bird
Free As a Bird
posted with amazlet at 11.12.03
Beatles
EMI Import (2003-11-04)
売り上げランキング: 68502


1. Free As A Bird
2. I Saw Her Standing There
3. This Boy
4. Christmas Time (Is Here Again)


「Christmas Time (Is Here Again)」のオリジナル版がどんなものだったかというと・・・

The Beatles 1967 Christmas Record


・・・こんな感じでした。



90年代 ロック
関連記事
スポンサーサイト
←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 90年代ロック ロック リズム コーラス 1995年 1963年 1967年 1969年

King Harvest(キング・ハーヴェスト) 「Dancing in the Moonlight」

台風も過ぎて、空はなんだか秋らしく感じられます。

9月12日は中秋の名月ですが、晴れてくれるといいな~などと思いつつの1曲。



"Dancing In The Moonlight"
Songwriters: Sherman Kelly

We get it almost every night
When that moon is big and bright
It's a supernatural delight
Everybody's dancing in the moonlight

Everybody here is out of sight
They don't bark and they don't bite
They keep things loose, they keep 'em tight
Everybody's dancing in the moonlight

Dancing in the moonlight
Everybody's feeling warm and bright
It's such a fine and natural sight
Everybody's dancing in the moonlight

We like our fun and we never fight
You can't dance and stay uptight
It's a supernatural delight
Everybody was dancing in the moonlight

Dancing in the moonlight
Everybody's feeling warm and bright
It's such a fine and natural sight
Everybody's dancing in the moonlight

We get in almost every night
And when that moon is big and bright
It's a supernatural delight
Everybody's dancing in the moonlight

Dancing in the moonlight
Everybody's feeling warm and bright
It's such a fine and natural sight
Everybody's dancing in the moonlight

Dancing in the moonlight
Everybody's feeling warm and bright
It's such a fine and natural sight
Everybody's dancing in the moonlight

Dancing in the moonlight
Everybody's feeling warm and bright
It's such a fine and natural sight
Everybody's dancing in the moonlight

Dancing in the moonlight
Everybody's feeling warm and bright
It's such a fine and natural sight
Everybody's dancing in the moonlight

Dancing in the moonlight
Everybody's feeling warm and bright
It's such a fine and natural sight
Everybody's dancing in the moonlight



この1曲のヒット、アルバム1枚で消えてしまった、キング・ハーヴェスト。

一発屋で終わってしまったことを、惜しむべきバンドの一つです。

エレピの音が、今となってはちょっとチープな感じがしないでもないですが、そこがまた雰囲気があって◎です。

男臭いのにロマンティックなのか、はたまた、ロマンティックなのに男臭いのか。

少し高めの声のコーラスエレピがロマンティックさを感じさせて、デイブ・"ドク"・ロビンソンの低めのボーカルが男臭さを感じさせる要因なんでしょうかね。



「Dancing in the Moonlight」の作者であるシャーマン・ケリーは、サブメンバーとしてキング・ハーヴェストに参加していました。

キング・ハーヴェストの活動期間は1970~74年の4年間と短く、「Dancing in the Moonlight」(1973年)が唯一のアルバム。


Dancing in the Moonlight
Dancing in the Moonlight
posted with amazlet at 11.09.07
King Harvest
Collectables (1993-11-09)
売り上げランキング: 253280

1. Lady, Come On Home
2. Motor Job
3. Roosevelt And Ira Lee
4. Dancing In The Moonlight
5. She Keeps Me High
6. Think I Better Wait Till Tomorrow
7. The Smile On Her Face
8. You And I
9. Marty And The Captain
10. I Can Tel



この「Dancing in the Moonlight」、2000年にはイギリスのバンド、Toploader(トップローダー)がカバーして大ヒットさせました。

数あるカバーの中でも、セールス的にはトップローダーのカバーが最大のヒットだったかもしれません。

キング・ハーヴェストのバージョンより厚みのあるサウンド構成で、素晴らしいカバーになっています。



デビュー・アルバム「Onka's Big Moka」(2000年)に収録されています。


オンカズ・ビッグ・モカ
トップローダー
エピックレコードジャパン (2000-09-06)
売り上げランキング: 13140

1. let the people know
2. dancing in the moonlight
3. achilles heel
4. breathe
5. do you know what your future will be?
6. only for a while
7. just hold on
8. higher state
9. high flying bird
10. summer cycle
11. just about living
12. floating away(in the bath tub)
13. stepping stones



この「Dancing in the Moonlight」、キング・ハーヴェストがオリジナルかと思いきや、そうではないんですね。

オリジナルは、1970年前後に活動していたBoffalongo(ボファロンゴ)。

セカンドアルバム「Beyond Your Head」(1970年)に収録されています。

でも、このアルバムは、残念ながらCD化されていないと思います。



ボファロンゴのメンバーの一部は、Orleans(オーリアンズ)というバンドを結成します。

一方、ボファロンゴに関係した別のメンバーは、キング・ハーヴェストを結成。

この辺が、「Dancing in the Moonlight」のオリジナルについて見解が混乱する理由なんでしょう。



オーリアンズはCSN&Yやアメリカのような、コーラスが素晴らしいバンドで、活動停止期間があったものの現在も活動しています。

トップローダーによる「Dancing in The Moonlight」のヒットを受けてか、2006年には「Dancin in the Moonlight」というアルバムを発表しています。

Dancin in the Moonlight
Dancin in the Moonlight
posted with amazlet at 11.09.08
Orleans
Friday Music (2006-05-02)
売り上げランキング: 357163


1. Mission Of Mercy
2. Dancin' In The Moonlight
3. Heaven
4. Yestertime
5. In My Dream
6. The Walking Wounded
7. Get A Life
8. I Need A Break (From My Vacation)
9. What Was I Thinkin'
10. Love's Not Just For Other People
11. Issues

70年代ロック ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ロック ロック エレピ コーラス ボーカル カバー イギリス オリジナル 1970年 1973年

Erma Franklin(アーマ・フランクリン)「Hold On, I'm Coming」

ド定番ソングのファンキーなカバーです!



歌っているのはアーマ・フランクリン。

“クイーン・オブ・ソウル” Aretha Franklin(アレサ・フランクリン)のお姉さんです。

原曲はもちろん、サム&デイヴ

以前に、「定番バンザイ!」と書いた記事で紹介したことがありました。

サム&デイヴのアルバム「Hold On, I'm Comin'」が発表された1966年の3年後、1969年に発表されたアーマ・フランクリンのアルバム「Soul Sister」に収録されています。



サム&デイヴのオリジナルもファンキーな1曲ですが、アーマ・フランクリンのカバーバージョンは、また一味違ったファンキーさです。

うねるようなリズムに、印象的なホーンセクション。

ソフトなコーラスとのコントラストが効いた、パワフルでソウルフルなアーマ・フランクリンのボーカル

さすがは、アレサ・フランクリンのお姉さん!という感じです。

アーマ・フランクリンも、もっと評価されてイイんじゃないかな~

なんて思ってみたりもする訳ですが。



そしたら、スペインのレーベル「Vampisoul」がリイシュー盤を出したんです。

オリジナルの「Soul Sister」に、ボーナストラックを3曲加え、つけられたタイトルは「Super Soul Sister」。

Soul SisterSoul Sister
(2011/06/07)
Erma Franklin

商品詳細を見る


1. By The Time I Get To Phoenix
2. Change My Thoughts From You
3. Light My Fire
4. You've Been Cancelled
5. For Once in My Life
6. Can't See My Way
7. Hold On I'm Coming
8. Saving My Love for You
9. Son of a Preacher Man
10. Gotta Find Me a Lover
11. Baby I Love You
12. Whisper's (Gettin' Louder) (bonus track)
13. Higher & Higher (bonus track)
14. I Get the Sweetest Feelin' (bonus track)



Vampisoul Records、なかなかイイ仕事をしてくれます。



60年代ソウル ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 60年代ソウル ソウル サム&デイヴ カバー 1966年 1969年 ホーン コーラス ボーカル

Three Plus(スリー・プラス) 「Undercover Lover」

今日はいかにも夏らしい、ハワイアンレゲエで。



ウクレレの音って、思いのほかレゲエリズムにはまるんだなーということに気づいた1曲。

ゆったり穏やか、夕暮れ時の静かなビーチでこの曲を聴きたいものです。。。



ボーカルコーラスとも、とっても優しいですよね~

しかし、歌っているスリー・プラスは、元アメフト選手だという3人の大男たちなんです。

ちょっと意外?!

ただでさえ小さなウクレレなのに、そんな大きな人が抱えていたら・・・

おもちゃの楽器みたいに小さく見えるでしょうね(笑)


Three Plus - Undercover lover

You’re standing there with your man
But I see you lookin’ at me
And so I gave you a little smile
Then you smile back at me
And ooh girl, how can I get you all alone
And ooh girl, I wanna take you home

(Chorus)
Cause I wanna be your undercover lover
That no one else can discover
Your undercover lover tonight girl, tonight girl

I seen you on Wednesday night
Watchin’ Ho’onu’a give that feel good vibe
You’re dancin’ there with your friends
I’m so happy that I get to see you again
Your smile girl is making me go crazy
So please girl, please come home with me

(Repeat chorus)

At last we’re together again
Can we be friends with benefits
I’ll call you up on your cell
If you don’t tell then I won’t tell
I know girl that you got a man
We’ll keep it on the downlow
And stick to my plan

(Repeat chorus)



Three PlusThree Plus
(2005/05/03)
3 + 4 U

商品詳細を見る


1. Undercover Lover
2. Betcha By Golly Wow
3. Do What Lovers Do
4. Id Love to Love You
5. Is This Love
6. Jah Music
7. Steady Feelin Irie
8. Time For Love
9. Roots Woman



オススメはこちらのコンピ盤。

スリー・プラスを始めとしたハワイアンレゲエのアーティストたちの、ゆったりリズムの気持ち良い曲が満載です。

ISLAND RHYTHMS-Smooth Hawaiian Reggae Selection-ISLAND RHYTHMS-Smooth Hawaiian Reggae Selection-
(2007/07/18)
オムニバス、デーモン・ウィリアムス 他

商品詳細を見る


1. Undercover Lover
2. Be Mine
3. Cruise Control
4. I Wanna Love You Tonight feat.Rawsun
5. Do What Lovers Do
6. Sunday.Monday
7. Heartache
8. Island Feeling (Original Version)
9. Crazy
10. It’s True
11. Cherry Bomb
12. Still Your Big Boy
13. Betcha By Golly Wow
14. Know That
15. I Wanna Love You Tonight (Jazztronik Remix)

リンク先のAmazonページで全曲試聴できます。



00年代ワールドミュージック ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 00年代ワールドミュージック ワールド ボーカル コーラス リズム レゲエ ハワイアン

America(アメリカ) 「Don't Cross the river」

梅雨の合間の晴れた日は、ちょっと得したような気分になったりします♪

少しずつ夏を感じさせるようになってきていますが、湿気がもっと少なければ一層爽やかな気分になれるのに・・・

などと勝手なことをつぶやいて、雰囲気だけでもと思い、聴くのはこの曲なのです。





There's a little girl out lyin' on her own
She's got a broken heart
She's not the kind to take you down for long
She knows and plays it smart

(Ah--) And if she's comin' she's showed no mark
She's heard no whistle blowin' from the dark
She feels like leavin' and she don't know why
Without no bridges she's trapped, so I sigh

Don't cross the river if you can't swim the tide
Don't try denyin' livin' on the other side
All your life
You were on your own

If you want you can ride my train
And soon forget the reason that you're leaving
You'll lose yourself and then sometime
Maybe even save yourself some grievin'

Oh, oh, oh, oh

Don't cross the river if you can't swim the tide
Don't try denyin' livin' on the other side
Don't cross the river if you can't swim the tide
Don't try denyin' livin' on the other side
Don't cross the river if you can't swim the tide
Don't cross the river if you can't swim the tide
Don't cross the river if you can't swim the tide ...



この曲のギターバンジョーコーラスなんかの雰囲気が、なんだかとっても乾いた感じを受けるんですよね。

イメージするのはアメリカ南西部の広く乾いた風景。

まったくの個人的意見ですけど(笑)



アメリカのセカンドアルバム「ホームカミング(Homecoming)」(1972年)に収録。

ホームカミング[紙ジャケットCD]ホームカミング[紙ジャケットCD]
(2007/07/11)
アメリカ

商品詳細を見る


1. Ventura Highway
2. To Each His Own
3. Don't Cross The River
4. Moon Song
5. Only In Your Heart
6. Till The Sun Comes Up Again
7. Cornwall Blank
8. Head And Heart
9. California Revisited
10. Saturn Nights



ジメジメよりカラッとしてる方がいいな~などと、毎年この時期には思うんですよね。

明らかな無い物ねだりですが。

70年代ソフトロック
関連記事
←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ソフトロック ギター バンジョー コーラス 1972年

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中!
↓ポチッとお願いします!

SkyClock
ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/
プロフィール

武蔵野 観月堂

Author:武蔵野 観月堂
お気に入りジャケデザインの
「It's a Beautiful Day」

検索フォーム
RSSリンク
カテゴリ
War (1)
タグリスト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
楽天市場で探す
楽天市場
CD・DVDジャンルトップで探す

中古販売・買取サイト


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

フルイチオンライン
FC2カウンター
QRコード
QRコード
ディスク修復なら
CDに傷がついた・・・音飛びする、再生できない・・・ そんなCDを復活!!
楽天CD市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。