「武蔵野 観月堂」がアマゾンマーケットプレイスで現在販売している商品一覧が
下記リンクでご覧になれます。

武蔵野 観月堂 取扱商品一覧ページへ行く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←ポチッとお願いします!

Tom Waits(トム・ウェイツ) 「(Looking For) The Heart Of Saturday Night」

上着を1枚羽織るような、そんな秋めいた季節になってくると・・・

センチメンタルな曲が聴きたくなるような、そんな感じがします。




(Looking For) The Heart Of Saturday Night Lyrics
Songwriters: Tom Waits

Well you gassed her up
Behind the wheel
With your arm around your sweet one
In your Oldsmobile
Barrelin' down the boulevard
You're looking for the heart of Saturday night

And you got paid on Friday
And your pockets are jinglin'
And you see the lights
You get all tinglin' cause you're cruisin' with a 6
And you're looking for the heart of Saturday night

Then you comb your hair
Shave your face
Tryin' to wipe out ev'ry trace
All the other days
In the week you know that this'll be the Saturday
You're reachin' your peak

Stoppin' on the red
You're goin' on the green
'Cause tonight'll be like nothin'
You've ever seen
And you're barrelin' down the boulevard
Lookin' for the heart of Saturday night

Tell me is the crack of the poolballs, neon buzzin?
Telephone's ringin'; it's your second cousin
Is it the barmaid that's smilin' from the corner of her eye?
Magic of the melancholy tear in your eye.

Makes it kind of quiver down in the core
'Cause you're dreamin' of them Saturdays that came before
And now you're stumblin'
You're stumblin' onto the heart of Saturday night

Well you gassed her up
And you're behind the wheel
With your arm around your sweet one
In your Oldsmobile
Barrellin' down the boulevard,
You're lookin' for the heart of Saturday night

Is the crack of the poolballs, neon buzzin?
Telephone's ringin'; it's your second cousin
And the barmaid is smilin' from the corner of her eye
Magic of the melancholy tear in your eye.

Makes it kind of special down in the core
And you're dreamin' of them Saturdays that came before
It's found you stumblin'
Stumblin' onto the heart of Saturday night
And you're stumblin'
Stumblin onto the heart of Saturday night



孤高のシンガーソングライター、そして「酔いどれ詩人」トム・ウェイツ、初期の傑作アルバム「The Heart of Saturday Night」(1974年)のタイトル・トラック。

しゃがれた、侘しげなギターの響き。

くわえ煙草に無精ひげ、緩んだネクタイにキャスケット。

煙たい酒場で安いバーボンを一人飲む。



もしかしたら、女性には理解し難いかもしれないトム・ウェイツの良さ。

男なら、なんだか沁みてくるその曲の良さ。

特に、肌寒さを感じる季節になってくるとね。



などと、勝手なイメージを広げつつ聴いてしまったりするのが、このアルバムだったりするんですよね~

喉にカーッとくる酒が飲みたくなってきますね、久しぶりに。

土曜日の夜(SHM-CD)
土曜日の夜(SHM-CD)
posted with amazlet at 11.09.23
トム・ウェイツ
ワーナーミュージック・ジャパン (2009-08-26)
売り上げランキング: 173286


1. New Coat Of Paint
2. San Diego Serenade
3. Semi Suite
4. Shiver Me Timbers
5. Diamonds On My Windshield
6. (Looking For) The Heart Of Saturday Night
7. Fumblin' With The Blues
8. Please Call Me, Baby
9. Depot, Depot
10. Drunk On The Moon
11. The Ghosts Of Saturday Night (After Hours At Napoleone's Pizza House

70年代フォークロック
スポンサーサイト
←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代フォークロック フォークロック シンガー・ソングライター ギター 1974年

Eric Clapton(エリック・クラプトン) 「Motherless Children」

夏が戻ってきた!

という感じの今日の暑さです。。。

そんな暑さで聴きたくなったのがこの曲でした。




Motherless Children
Songwriters: Carl Radle;Eric Patrick Clapton

Motherless children have a hard time when mother is dead, lord.
Motherless children have a hard time when mother is dead, lord.
They don't have anywhere to go;
Wandering around from door to door.
Nobody treats you like a mother will when your mother is dead, lord.

Father will do the best he can when your mother is dead, lord.
Father will do the best he can when your mother is dead, lord.
Father will do the best he can;
So many things a father can't understand.
Nobody treats you like a mother will when your mother is dead, lord.

Sister will do the best she can when your mother is dead, lord.
Sister will do the best she can when your mother is dead, lord.
Sister will do the best she can;
So many things a sister can't understand.
Nobody treats you like a mother will when your mother is dead.

When your mother is dead, when your mother is dead.
When your mother is dead, Lord, when your mother is dead.



控えめなイントロから始まり、ドラムが入ってくると、盛り上がる期待感がどんどん膨らみます。

そして「キターっ!」という感じの、疾走感あるスライドギターがなんともカッコイイです。

それなのにボーカルは抑えた感じで、これがまた渋い。

エリック・クラプトンのは元々量があまりないのですが、それはそれで「味」になってるんじゃないでしょうか。



薬物依存症から復活したエリック・クラプトンの、復活1枚目のアルバム「461 Ocean Boulevard」(1974年)。

そのアルバムのオープニング曲が「Motherless Children」です。

アルバム全体は、のんびりムードが漂ってます。

それもあってか、クラプトン・ファンには少々不評だったりもする「461 Ocean Boulevard」です。

でも、ジャケット写真のイメージも含め、トータルでまとまった良いアルバムだと、自分は思うんですけどね~

このアルバムで最も知られた曲は、やはりボブ・マーリーカバー曲「I Shot The Sheriff」でしょう。

461 Ocean Boulevard
461 Ocean Boulevard
posted with amazlet at 11.09.14
Eric Clapton
Polydor / Umgd (1996-08-20)
売り上げランキング: 46502


1. Motherless Children
2. Give Me Strength
3. Willie And The Hand Jive
4. Get Ready
5. I Shot The Sheriff
6. I Can't Hold Out
7. Please Be With Me
8. Let It Grow
9. Steady Rollin' Man
10. Mainline Florida



「Motherless Children」は、エリック・クラプトンのライブ・コンサートで繰り返し演奏される曲の一つです。

YouTubeにも、各年代の動画がアップされてます。

こちらは1985年のライブ映像。




2006年のライブ映像。




70年代ロック ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ロック ロック ギター ドラム ボーカル カバー ボブ・マーリー 1974年 1985年

Ben Sidran(ベン・シドラン) 「Hey Hey Baby」

今日はちょっと大人な感じ(?)の落ち着いた1曲で。



ジャズフュージョンからロックまで、幅広いジャンルで作品を作り続けているベン・シドラン。

ピアニスト、シンガー、プロデューサー、評論家、作家、あるいはテレビ・キャスター。

ベン・シドランは、音楽のみならずその活動の幅も広いです。



ジャズっぽいピアノと、あまりジャズっぽくないエレキ・ギター、ソフトなベン・シドランのボーカル

落ち着いた曲調だけれど、グルーヴ感はあって、なかなか絶妙なバランスの名曲です。

この曲が収められているアルバム「Don't Let Go」(1974年)は、CDではなくLP盤で持ってます。

昔、原宿で仕事をしていた時期に、休憩時間を使って、ファイヤー通りあたりのレコード屋によく行ってました。

その時に買った1枚が「Don't Let Go」でした。

ジャケットを見て手が止まり、棚から引き抜いてしげしげと眺めていたら、レコード屋のスタッフがレコードを聴かせてくれたんです。

1曲目の「Fat Jam」が、ファンキーでとにかくカッコよくて、これを聴いて即買うことに決めた覚えがあります。

残念ながら、ネット上には「Fat Jam」がどこにもアップされていませんでしたので、代わりにAmazon.comのMP3ページにリンクを貼っておきます。

Amazon.com: Don't Let It Go: Ben Sidran: MP3 Downloads

それぞれは短いですが、全曲試聴できます。



ベン・シドランは、ウィスコンシン大学マディソン校に通っていたそうですが、その当時のバンド仲間には、スティーヴ・ミラーやボズ・スキャッグスもいたそうです。



ドント・レット・ゴー(紙ジャケット仕様)ドント・レット・ゴー(紙ジャケット仕様)
(2008/03/05)
ベン・シドラン

商品詳細を見る


1. Fat Jam
2. House Of Blues Lites
3. Ben Sidran's Midnight Tango
4. The Chicken Glide
5. Sh's Funny (That Way)
6. Monopply
7. Don't Let Go
8. Hey Hey Baby
9. The Foolkiller
10. The Funky Elephant
11. Snatch
12. Down To The Bone

70年代ジャズ ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 70年代ジャズ ジャズ フュージョン ロック ピアノ ギター ボーカル グルーヴ LP レコード

Odetta(オデッタ) 「The Times They Are A-Changin'」

そろそろ夏も終わりかな~

なんて思うと、いち早く秋を感じに高地に行きたくなってきたりします。

そして、そんな気分を後押しする今日の1曲です。




The Times They Are A-changin' Lyrics
Songwriters: Bob Dylan


Come gather 'round people
Wherever you roam
And admit that the waters
Around you have grown
And accept it that soon
You'll be drenched to the bone.
If your time to you
Is worth savin'
Then you better start swimmin'
Or you'll sink like a stone
For the times they are a-changin'.

Come writers and critics
Who prophesize with your pen
And keep your eyes wide
The chance won't come again
And don't speak too soon
For the wheel's still in spin
And there's no tellin' who
That it's namin'.
For the loser now
Will be later to win
For the times they are a-changin'.

Come senators, congressmen
Please heed the call
Don't stand in the doorway
Don't block up the hall
For he that gets hurt
Will be he who has stalled
There's a battle outside ragin'.
It'll soon shake your windows
And rattle your walls
For the times they are a-changin'.

Come mothers and fathers
Throughout the land
And don't criticize
What you can't understand
Your sons and your daughters
Are beyond your command
Your old road is
Rapidly agin'.
Please get out of the new one
If you can't lend your hand
For the times they are a-changin'.

The line it is drawn
The curse it is cast
The slow one now
Will later be fast
As the present now
Will later be past
The order is
Rapidly fadin'.
And the first one now
Will later be last
For the times they are a-changin'.


言わずと知れたボブ・ディランの「時代は変る」。

ボブ・ディランが3枚目のアルバム「The Times They Are a Changin'」(1964年)を発表した翌年、この曲が収録されたディランのカバー・ソング・アルバム「Odetta Sings Dylan」(1965年)が発売されました。

原曲はもちろん好きなんですが、このオデッタのカバーバージョンもかなりお気に入りです。

どっしりと、そしてゆったりとしたこの感じ。

重なるアコースティックギターの音色と、温かみあるオデッタのが、どこか大地の広がりを感じさせるようです。

ここまでくると、ボブ・ディランの単なるカバーという枠を超えて、オデッタの「The Times They Are a-Changin'」と言える曲になっているように思えます。



オデッタは素晴らしいフォーク・シンガーなんですが、日本ではあまり馴染みがないのが残念なところです。

Sings DylanSings Dylan
(2008/09/02)
Odetta

商品詳細を見る


1. "Baby, I'm In The Mood For You"
2. "Long Ago, Far Away"
3. "Don't Think Twice, It's All Right"
4. Tomorrow Is A Long Time
5. Masters Of War
6. Walkin' Down The Line
7. The Times They Are A-Changin'
8. With God On Our Side
9. Long Time Gone
10. Mr. Tambourine Man
11. Blowin' In The Wind
12. Paths of Victory

60年代フォーク ←ポチッとお願いします!

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

tag : 60年代フォーク フォーク アコースティック ギター 1964年 1965年 原曲 カバー

Frente!(フレンテ!) 「Labour of Love」

夏の終わりを感じられる頃になると、ふと思い出すこの曲。



Labour of Love
Songwriters: Austin Simon Sean Nicholas Dav; Hart Angela Ruth

Oh, am I fooling you?
Do you fall for it all
or do you just see right through?
Are you as cool as you believe?
Are you playing hard?
Are you waiting just to quietly clock my card?
Are you waiting for a moment to leave?

I don't know how I bent what you said
to what I believe you meant
I don't know anything at all
I'm standing in the push and shove
and I'm just within the rescue
of the labour of your love
I can't do anything but fall
a-fall, a-fall-fall-fall
Why do I feel like I can never find you?
Why do I feel like I'm the only survivor?
Why am I thinking of -
you and me and the labour of love?

One chance, one shot
That's all anybody ever got
newborn still warm
Naked in the rush hour
Dancing in my gutter
and if you want to find me
Call me, I'll be far from
the cars and guitars and
Everybody
Why do I feel like I can never find you?
Why do I feel like I'm the only survivor?
Why am I thinking of -
you and me and the labour of love?

And I never knew before
but I feel like a child in a cold, cold war
So strong, so tough
Sitting in suburbia, waiting for the wind up
And I don't want to dance
I just want to jump from the prison of circumstance
why am I thinking of -
you and me and the labour of love?
Why do I feel like I can never find you?
Why do I feel like I'm the only survivor?
Why am I thinking of -
you and me and the labour of love?



この曲初めて聴いたのは、AMラジオのFENでした。

当時の職場で音楽を聴けたのは、ラジオだけという状況でした。

始めはFMを聞いていたのですが、途中で日本語のMCやらが耳障りになってきて。。。

その結果、音質は少しガマンして、FENを流しっぱなしにすることにしていました。

そんな時に、不意に流れたのが「Labour of Love」でした。



ギター一本に、ちょっと鼻にかかったようななんともチャーミングな、そして間奏のリコーダー

あまりに不意だったので、タイトルやアーティスト名を聞き取ることができず、がっくりした覚えがあります。

番組のDJが気に入っていたんでしょうか、それからしばらくは、同じ時間帯で頻繁に耳にするようになりました。

しかし、何度聞いてもタイトルやアーティスト名を聞き取れない。。。

今のようにインターネットが普及する前のことですから、調べるのも容易ではありませんでした。


結局FENではタイトルもアーティストも分からず終いに。

その後しばらくして、確かタワーレコードだったと思いますが、試聴CDのコーナーで運良く見つけたんです。

ヘッドホンから「Labour of Love」が流れてきた時には、多分怪しいくらいニヤついていたと思います(笑)

もちろん、即買いしましたよ。



フレンテ!はオーストラリアのグループで、「Labour of Love」が収録されたアルバム「Marvin The Album」の本国リリースが1992年、世界リリースは1994年です。

アルバムを聴くと音楽の幅は思いのほか広く、いずれの曲でもボーカルのアンジー・ハート(Angie Hart)のチャーミングなが効いています。



Marvin The AlbumMarvin The Album
(1994/04/26)
Frente

商品詳細を見る


1. Girl
2. Labour Of Love
3. Ordinary Angels
4. Lonely
5. Most Beautiful
6. Cuscutlan
7. Pretty Friend
8. No Time
9. Reflect
10. Explode
11. Accidently Kelly Street
12. See - Believe
13. Dangerous
14. Bizarre Love Triangle



90年代ロック ←ポチッとお願いします!

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

tag : 90年代ロック ロック ギター リコーダー ボーカル オーストラリア 1992年 1994年

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中!
↓ポチッとお願いします!

SkyClock
ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/
プロフィール

武蔵野 観月堂

Author:武蔵野 観月堂
お気に入りジャケデザインの
「It's a Beautiful Day」

検索フォーム
RSSリンク
カテゴリ
War (1)
タグリスト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
楽天市場で探す
楽天市場
CD・DVDジャンルトップで探す

中古販売・買取サイト


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

フルイチオンライン
FC2カウンター
QRコード
QRコード
ディスク修復なら
CDに傷がついた・・・音飛びする、再生できない・・・ そんなCDを復活!!
楽天CD市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。